スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクを自己流で運転する怖さ

投稿日:

追い越し時には、前方の安全を確認したらセンターラインをできるだけ短時間で、すなわちできるだけペイントを踏む距離を短くして対向車線へ出て一気に追い抜き、ふたたびセンターラインに対してできるだけ角度をつけて戻ってくるという方法がベスト。また、ペイント上ではけっしてスロットルを開けないようにすることも大切だ。

気をつけたいのは、追い越し加速中にセンターラインに乗ってしまうこと。アスファルト路面では食いつきのよかったタイヤも、ペイント上にくるとすぐにスリップしてしまう。それも乗り上げたとたんだから、姿勢の立て直しに右往左往するのだ。これを防ぐにはペイント上に乗らないことが最も大切なのだが、実際問題としては無理な話。とすると、あとはいかに短時間でペイントを乗り切るかということになってくる。

実技テストがなく、免許証を手にしたときからすべて自己流で乗ってしまうだろうが、もし早いスピードで近視眼的目線で走っていて、横からなにか飛び出してきたら避けきれない。これがもっと大きいオートバイになると、スピードも上がり危険はさらに増すことになる。そのためにも近視眼、はやめてほしい。

目は口ほどに物をいいというが

目は口ほどに物をいい、というが、2輪ライダーの目はロどころではなく、走りのすべてを決定づける重要な要素であり、目線に従って2輪は走る、といっても過言ではない。ところが、街中で走っている2輪ライダーの目線を観察してみると、意外なほど近くばかりを見て運転している。大げさにいえば、自分のオートバイのフェンダーを見るような格好で走っている。

スピード、混み具合などの状況により変わりはするが、常に遠くは見ていてほしい。とはいっても、ただ目線を遠くにすればいいのではない。目線を遠方にやればそれだけ見る範囲が拡大し、これまでより以上の注意力と観察力、それに的確な判断力が要求される。要するに、これから自分のオートバイが通過する場所の安全の確認と、周囲の交通の流れへの適応、他車の動向などに加え、子どもの飛び出しなどにとっさに対応できる幅の広い目、を持つことが必要なのだ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのスタートの上手、下手-クラッチなどのメカニズム

スタートの上手、下手は、その人の運転テクニックとともに2輪のメカニズムの知識のほどがよくわかる。テクニック的にうまくなくても、メカニズムを知っていればガツン、という音を発しての発進などしない。回転を上 …

no image

高出力・高回転型か

・高出力・高回転型か 乾燥重量は、ガソリン、オイル(Fフォーク内含む)、水を含まない車輌重量のことであり、単に車輌重量という場合には、ガソリン、オイル、水を含んだ整備重量をいう。車体の各寸法は、空車時 …

no image

高速道路をバイクで走行する際に横風などに気をつける

高速道路では、横風や突風は突如として吹きつけることが多く、ライダーのとっさの判断と行動力が必要だ。これらの風を受けたらライダーはなるべく上半身を低くマシンにふせるようにして、肘を引き締め、ニーグリップ …

no image

サンデーライダーのブレーキの技術の低さによる危険

以前こんなことがあった。ツーリングで走行中、ネズミ捕りに合って計測されたが、人はまったく気付かずになお走行。しばらく行った所で警察官が道路に出てきて停止を命じた。ライダーは急に道路に飛び出してきた警察 …

no image

コーナーでのブレーキコントロール

進行方向にコーナーがせまってきたとしよう。教習所では十分に手前からブレーキをかけて車速を落としてゆっくりコーナーを回ること、なんて習う。しかし、実際はコーナーでマシンはリーン(車体を傾ける)するのだか …