バイク

バイクを自己流で運転する怖さ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

追い越し時には、前方の安全を確認したらセンターラインをできるだけ短時間で、すなわちできるだけペイントを踏む距離を短くして対向車線へ出て一気に追い抜き、ふたたびセンターラインに対してできるだけ角度をつけて戻ってくるという方法がベスト。また、ペイント上ではけっしてスロットルを開けないようにすることも大切だ。

気をつけたいのは、追い越し加速中にセンターラインに乗ってしまうこと。アスファルト路面では食いつきのよかったタイヤも、ペイント上にくるとすぐにスリップしてしまう。それも乗り上げたとたんだから、姿勢の立て直しに右往左往するのだ。これを防ぐにはペイント上に乗らないことが最も大切なのだが、実際問題としては無理な話。とすると、あとはいかに短時間でペイントを乗り切るかということになってくる。

実技テストがなく、免許証を手にしたときからすべて自己流で乗ってしまうだろうが、もし早いスピードで近視眼的目線で走っていて、横からなにか飛び出してきたら避けきれない。これがもっと大きいオートバイになると、スピードも上がり危険はさらに増すことになる。そのためにも近視眼、はやめてほしい。

目は口ほどに物をいいというが

目は口ほどに物をいい、というが、2輪ライダーの目はロどころではなく、走りのすべてを決定づける重要な要素であり、目線に従って2輪は走る、といっても過言ではない。ところが、街中で走っている2輪ライダーの目線を観察してみると、意外なほど近くばかりを見て運転している。大げさにいえば、自分のオートバイのフェンダーを見るような格好で走っている。

スピード、混み具合などの状況により変わりはするが、常に遠くは見ていてほしい。とはいっても、ただ目線を遠くにすればいいのではない。目線を遠方にやればそれだけ見る範囲が拡大し、これまでより以上の注意力と観察力、それに的確な判断力が要求される。要するに、これから自分のオートバイが通過する場所の安全の確認と、周囲の交通の流れへの適応、他車の動向などに加え、子どもの飛び出しなどにとっさに対応できる幅の広い目、を持つことが必要なのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加