スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクでの雨中走行

投稿日:

雨中の走行で気を付けなければならないのはライダーのウェアだ。しっかりしたレインウェアを着用していなければ快適な走りは望めないし、ライダーの心理状態にもスキができてしまう。レインスーツ、ブーツカバー、グローブカバーをはじめ、へルメットのシールドにも心をくばり、曇らないように対策を練っておく。

バイクにとって雨や風は大敵だ。特に雨は視界を悪くするだけでなく、タイヤのホールディンググリップを落とし、ブレーキ性能などを下げることもあり、ライダーの疲労度も急激に増すなど、デメリットばかりが目立つ。しかし、それでもプロは雨にも負けず、風にも負けずに走らなければならない。

もしシールドが曇ると、視界が落ちて心理的圧迫が大きく、他面に気が回らなくなって走りが不安定になってしまう。装備をしっかりしたら、あとは走りだ。路面が濡れていて、なおかつ雨が降り注ぐと、マシンの中で最も性能を下げてしまうのがタイヤのグリップ力だろう。

深い水溜りに入ると

深い水溜りに入るとマシンに大きな抵抗が加わり、スピードがガクッと下がることがあり、水溜りから出た時に急に加速がついたりもするからいやだ。だからといって、雨天時はスピードを落として、マシンを垂直に保ち、早目のブレーキで、といい子ぶっていたのでは情けない。雨中の走行はグリップ力が下がり、すべるものなのだと初めから判断すればいいことだ。つまり、すべることを前提にして走行すればよいのだ。

最近は、雨によってもグリップ力を下げないくふうがなされているので以前のようなひどさはない。では、どのくらいグリップ力が落ちるのか。例えば、路面に引かれている白線の上に乗ってもズルッとすべることがあり、マンホールのふたや鉄板の上、水溜りなどでも、同様の反応を示すことがある。

白線の上に乗ってタイヤがズルッときても、びくともしない心構えが必要だ。ロードレーサーが、雨中のF1スズカ200kmレースではひざをこすりながらコーナーをクリアして、見事優勝した時のテクニックを見習って欲しい。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

ファミリーバイクは最も安く手軽に買えるが

バイクをまず最初に手に入れるとしよう。最も安く手軽に買えるのはファミリーバイク。車種構成も豊富でデザインもバリエーションに富んでいる。しかしファミリーバイクのメカニズムをよく調べてみよう。エンジンはほ …

no image

バイクを自己流で運転する怖さ

追い越し時には、前方の安全を確認したらセンターラインをできるだけ短時間で、すなわちできるだけペイントを踏む距離を短くして対向車線へ出て一気に追い抜き、ふたたびセンターラインに対してできるだけ角度をつけ …

no image

バイクのコーナリングテクニック-ヘアピンなど

・へアピンコーナリング 低速コーナリングでは視線の方向がラインを決定するうえで大きな要素となるのだ。へアピンコーナリングは視線につきる、といっていい。アクセルはあくまでも一定で、ポジションはやや浮かせ …

no image

ロースタートでそのまま引っ張れるだけ引っ張っぱるのはよくない

よく街中で見かける光景だが、ローでスタートし、そのまま引っ張れるだけ引っ張っている人がいる。白煙を残して去っていく姿は絵になるが、あまりにも回転を上げて走ると馬脚をあらわす。ピークを超えたあとは出力は …

no image

バイクのライディングフォームはおかしくないですか?

マシンは、二輪で走っているために平衡感覚によるバランスが非常に大切だ。放っておけば転倒するし、止まっている時も足を着いたり、スタンドをかけなければ転んでしまう。従って、マシンに乗っている時は、ライダー …