スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクでの雨中走行

投稿日:

雨中の走行で気を付けなければならないのはライダーのウェアだ。しっかりしたレインウェアを着用していなければ快適な走りは望めないし、ライダーの心理状態にもスキができてしまう。レインスーツ、ブーツカバー、グローブカバーをはじめ、へルメットのシールドにも心をくばり、曇らないように対策を練っておく。

バイクにとって雨や風は大敵だ。特に雨は視界を悪くするだけでなく、タイヤのホールディンググリップを落とし、ブレーキ性能などを下げることもあり、ライダーの疲労度も急激に増すなど、デメリットばかりが目立つ。しかし、それでもプロは雨にも負けず、風にも負けずに走らなければならない。

もしシールドが曇ると、視界が落ちて心理的圧迫が大きく、他面に気が回らなくなって走りが不安定になってしまう。装備をしっかりしたら、あとは走りだ。路面が濡れていて、なおかつ雨が降り注ぐと、マシンの中で最も性能を下げてしまうのがタイヤのグリップ力だろう。

深い水溜りに入ると

深い水溜りに入るとマシンに大きな抵抗が加わり、スピードがガクッと下がることがあり、水溜りから出た時に急に加速がついたりもするからいやだ。だからといって、雨天時はスピードを落として、マシンを垂直に保ち、早目のブレーキで、といい子ぶっていたのでは情けない。雨中の走行はグリップ力が下がり、すべるものなのだと初めから判断すればいいことだ。つまり、すべることを前提にして走行すればよいのだ。

最近は、雨によってもグリップ力を下げないくふうがなされているので以前のようなひどさはない。では、どのくらいグリップ力が落ちるのか。例えば、路面に引かれている白線の上に乗ってもズルッとすべることがあり、マンホールのふたや鉄板の上、水溜りなどでも、同様の反応を示すことがある。

白線の上に乗ってタイヤがズルッときても、びくともしない心構えが必要だ。ロードレーサーが、雨中のF1スズカ200kmレースではひざをこすりながらコーナーをクリアして、見事優勝した時のテクニックを見習って欲しい。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクの乗り降りのコツなど

オートバイは、腕力を含めた体の筋力で乗るものではなく、バランス感覚とテクニックで乗るものである。どの部分に、どの程度力を入れて走るかということは、非常に高度な問題であり、マシンの性能アップと同時に変化 …

no image

交通3悪の危険に注意する

交通3悪なんてよくいわれるが、2輪の大敵がつぎの3つ。子ども、ダンプカー、タクシー、この3つは、オートバイライダーが最も気をつけなければならない相手。くれぐれもこれらに気をつけて走らなければならない。 …

no image

バイクで急ブレーキをかけてロックを経験しておく

誰でもバイクで道路を走行していれば、急ブレーキをかけることはよくあるだろう。そして、だいたいの人が急ブレーキをかけるとリヤを強くかけすぎて、リヤホイールをロックさせてしまうことが多く、そうすると左右に …

no image

ニーグリップとは何か知っていますか?

ニーグリップは人間がオートバイと一体になって走るのに絶対に欠かせない要素だ。そもそも2輪は腰かけて乗るものではない。またがるものなのだ。ドッカと尻をシートに置いて乗るものではない。乗馬を思い出してもら …

no image

バイクのエンジン始動方法色々

市販されているマシンの多くは、昔ながらのバタフライを開閉するチョークではなく、スターター機構という始動専用のバイパスが設けられていて、このバイパスをチョークレバーで開閉させるようになっている。この機構 …