スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクでの雨中走行

投稿日:

雨中の走行で気を付けなければならないのはライダーのウェアだ。しっかりしたレインウェアを着用していなければ快適な走りは望めないし、ライダーの心理状態にもスキができてしまう。レインスーツ、ブーツカバー、グローブカバーをはじめ、へルメットのシールドにも心をくばり、曇らないように対策を練っておく。

バイクにとって雨や風は大敵だ。特に雨は視界を悪くするだけでなく、タイヤのホールディンググリップを落とし、ブレーキ性能などを下げることもあり、ライダーの疲労度も急激に増すなど、デメリットばかりが目立つ。しかし、それでもプロは雨にも負けず、風にも負けずに走らなければならない。

もしシールドが曇ると、視界が落ちて心理的圧迫が大きく、他面に気が回らなくなって走りが不安定になってしまう。装備をしっかりしたら、あとは走りだ。路面が濡れていて、なおかつ雨が降り注ぐと、マシンの中で最も性能を下げてしまうのがタイヤのグリップ力だろう。

深い水溜りに入ると

深い水溜りに入るとマシンに大きな抵抗が加わり、スピードがガクッと下がることがあり、水溜りから出た時に急に加速がついたりもするからいやだ。だからといって、雨天時はスピードを落として、マシンを垂直に保ち、早目のブレーキで、といい子ぶっていたのでは情けない。雨中の走行はグリップ力が下がり、すべるものなのだと初めから判断すればいいことだ。つまり、すべることを前提にして走行すればよいのだ。

最近は、雨によってもグリップ力を下げないくふうがなされているので以前のようなひどさはない。では、どのくらいグリップ力が落ちるのか。例えば、路面に引かれている白線の上に乗ってもズルッとすべることがあり、マンホールのふたや鉄板の上、水溜りなどでも、同様の反応を示すことがある。

白線の上に乗ってタイヤがズルッときても、びくともしない心構えが必要だ。ロードレーサーが、雨中のF1スズカ200kmレースではひざをこすりながらコーナーをクリアして、見事優勝した時のテクニックを見習って欲しい。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのヘルメットのJIS規格などを知っているか

バイクには色々な用品がある。好きな人なら多くのバイク用品を持っていることだろう。しかし、数あるギアの中で、重要なのが、へルメットである。恐ろしい頭部損傷から身を守る大切なものであり、購入するときは、次 …

no image

逆ハン、カウンターを使ったコーナーリングはおすすめできない

逆ハンはプロに任せておけ。まず、正統派のハンドリングをマスターせよ。後輪は激しく回転していながらも、路面を確実にグリップしていない。このふたつの不自然さを考えれば、逆ハンがいかに無駄な乗り方であるかわ …

no image

モトクロスで使う筋肉のトレーニング法

プロの鍛練は、握力機を使って行うという。これはオートバイのハンドルを台に固定し、ブレーキ、クラッチ、アクセルの各ワイヤーを強力なスプリングで引っ張る構造になっており、オートバイに乗る感覚で握力を強化し …

no image

オートバイに乗るのに必要な下半身のトレーニング

オートバイに乗るには下半身が強くなければならないことはいうまでもないが、そのなかでも大腿部の筋力が弱くては中腰のライディングポジションが取れない。中腰がダメだと人車一体が不可能となり、ベストライディン …

no image

コーナーをアウトインアウトで曲がる

アウト側を走ることは、ライダーの視線も外側になるから常にガードレールとにらめっこしながら走ることにもなり、疲れも増すので危険だ。その点、アウト・イン・アウトでコーナーの内側を一時的に通過することにより …