スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクで転倒した場合の体へのダメージを減らすテクニック

投稿日:

マシンとからみながらすべっていくとダメージも大きいので、転倒したらすぐにマシンから離れることだ。林道のコーナーで外側へ飛び出しそうになった場合、後輪から転倒する。テクニックが向上すれば、マシンをスピンさせて停止することも可能だ。衝突しそうな場合で、急ブレーキも間に合わず側方へも逃げられないというときは、フルブレーキングを行いつつ、垂直にぶつかることだ。

急ブレーキをかけても間に合わないと思ったら、リーンアウトの体勢でマシンを後輪から転倒させると、体のダメージが小さいといわれる。オーバースピードで、コーナーを回りきれないと判断したら、マシンだけをひねり倒し、同時に後輪ブレーキを思いきり踏んで後輪をロックさせる。こうすると後輪が外側へ流れ、内側に転倒する。ライダーはお尻から路面に落ちるが、マシンはライダーに先行して路面をすべっていく。

ジャックナイフ(後輪が高々と持ち上がって停止する型)となって停止し、ダメージもなかった。しかし、相手が大型トラックとなるとこうはいかず、後輪をロックさせ、マシンをひねり倒して、マシンから先に衝突させるしか方法はない。

事故でけがをしたら

「事故でけがをしたら、救急車を呼べばいい」と簡単に考えているライダーがいるとしたら、今すぐこの考えを改めてほしい。救急車が現場に到着するまでの時間は、都会では8分以内といわれているが、郊外や山中では30分や1時間はざらである。それどころか、救急車は誰かが通報しなければ来てくれない。

オートバイは、スリリングで楽しい乗り物だが、いかんせんタイヤが2つしかなく、転倒はつきものだと覚悟すべきである。しかし、正直なところ、誰しもけがはしたくないものである。もしけがをしてしまったら、すぐに医師の手当を受け、1日も早く回復するようにしたい。

骨折やちょっとした出血くらいなら、救急車の到着を待っていても生命に危険はないが、大出血や呼吸停止(心臓停止)の場合は、ただちに適切な手当をしないと、大切な命を落とすことになる。呼吸が停止した状態(仮死状態)から人工呼吸などを行って蘇生させる場合のタイムリミットは、3〜5分以内である。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

日帰りツーリングでも400km程度の走行は可能

ツーリングのプランを立てる時、1日の走行距離を何畑におくかも論議の分かれるところだ。日帰りでは200〜250kmぐらいがよいという人が多いが、経験からいえば500kmを走ることも十分に可能といえそう。 …

no image

安全性を考慮したラインはアウト・イン・イン

アウト・イン・インは安全性をも考慮したラインだ。少しでも不安な要素を感じたらこの手を使いたい。アウト・イン・アウトは効果的だが、見通しのよい場所でだけ使うようにしたい。このふたつをうまく組み合わせれば …

no image

サンデーライダーのブレーキの技術の低さによる危険

以前こんなことがあった。ツーリングで走行中、ネズミ捕りに合って計測されたが、人はまったく気付かずになお走行。しばらく行った所で警察官が道路に出てきて停止を命じた。ライダーは急に道路に飛び出してきた警察 …

no image

バイクで急坂を登るテクニックなど

・急坂登り リアに体重をかけて駆動力をいかに有効に伝えるかが成否のカギになる。急坂登りは体重移動が最大のポイント。緩い傾斜では腰を引いたポジションのほうがいい。左のステップに重心をおいた姿勢はもっと急 …

no image

バイク用レインウェアのワンピースタイプ

レインウェアのワンピースタイプは、高速走行の場合や、脱いだり着たりすることが少ないケースには向いているが、運動性はそれほどよくないものが多い。耐久性にやや難があるが4〜5年は使用できる。価格も手ごろだ …