スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのタンクパッドでニーグリップ

投稿日:

昔は道路事情が今と違い、未舗装道路が多く、スポーツバイクとはいえ舗装道路だけを走ることはほとんどなかった。ちょっと裏道に入ればジャリ道が待ち構えているといった状態が多かった。従って、ラフロードを走るためにはひざでしっかりとタンクをニーグリップすることが必要で、そのためにゴムラバーが付いていた。

昔のスポーツバイクの用具をみるとフューエルタンクの両サイドにゴムのニーグリップラバーがペタッと貼りつけてあったりする。何故、昔のバイクにはこんなにもニーグリップラバーが必要だったのだろうか。

現在では舗装道路が急速に普及したので、ツーリングに行っても未舗装のラフロードに出くわすことはめったにないから、ゴムラバーも必要ないし、ニーグリップを強要されるものでもない。それなのに教習所では常に、ニーグリップを要求するから不思議だ。なにもどんな時でも絶対にひざを開いて乗れ、というわけではないが、無理にひざをグリップする必要性はまったくないということだ。

ストレートを走っている時など

ストレートを走っている時や高速走行中は、ひざを開いていれば空気抵抗が大きくなり、マイナスとなるので、あまりひざを開かないほうがよいが。これが、オフロード走行やモトクロスとなればニーグリップも必要で、激しいアップダウンを走るためには、ニーグリップによってマシンをしっかりと支えることだ。

体重は、あくまでステップにかけるのであり、コーナリング時でもアウト側のステップに力が入るはずで、ニーグリップよりも大切なことはたくさんある。通常の走行では、ひざはフューエルタンクに軽く触れる程度でよく、これ以上のニーグリップは余分な力が入りすぎるし、全体のバランスを崩すことになりかねない。

ニーグリップが甘いとマシンからライダーが飛ばされて、痛い目にあったりすることがあるから。ニーグリップの特性と性格を十分に知っていればいつでも適切な対応ができるようになる。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

大排気量のバイクをいきなり乗らないほうがいい

自分のテクニックでおよびもつかない大排気量のバイクに乗ったばっかりに、事故を起こし、高価なバイクをこわし、自分自身もケガをするかして、泣きをみるのはだれか。まして、死亡事故などを起こしてしまったら、金 …

no image

コーナーでのブレーキコントロール

進行方向にコーナーがせまってきたとしよう。教習所では十分に手前からブレーキをかけて車速を落としてゆっくりコーナーを回ること、なんて習う。しかし、実際はコーナーでマシンはリーン(車体を傾ける)するのだか …

no image

バイクの単気筒や2気筒などのエンジンの特徴

・単気筒(シングル) 排気音は“ドッドッドッドッ”と力強い。また、スリムなシングルは、軽量を利して、コーナーの取り回しも非常によい。欠点は、極低回転時の安定が悪い点と、太きな振動である。適 …

no image

ヘルメットのあごひもが痛いからといって締めないと

へルメットはSGおよびJ1Sマーク、あるいはスネル規格をパスした本格的なもの。それをかぶったそこまではいい。問題はそのあと。あなたはアゴひもをきちんと締めているか?思うに、あれはいちいちアゴひもを締め …

no image

S字コーナーのラインどりについて

S字コーナーのラインどりは、勾配や、コーナーのR(半径)、路面状態などによって変わるものだが、基本は2つめのコーナーを外側にふくらまずに通過することであり、そうすればおのずと、切り返すポイントやライン …