スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのタンクパッドでニーグリップ

投稿日:

昔は道路事情が今と違い、未舗装道路が多く、スポーツバイクとはいえ舗装道路だけを走ることはほとんどなかった。ちょっと裏道に入ればジャリ道が待ち構えているといった状態が多かった。従って、ラフロードを走るためにはひざでしっかりとタンクをニーグリップすることが必要で、そのためにゴムラバーが付いていた。

昔のスポーツバイクの用具をみるとフューエルタンクの両サイドにゴムのニーグリップラバーがペタッと貼りつけてあったりする。何故、昔のバイクにはこんなにもニーグリップラバーが必要だったのだろうか。

現在では舗装道路が急速に普及したので、ツーリングに行っても未舗装のラフロードに出くわすことはめったにないから、ゴムラバーも必要ないし、ニーグリップを強要されるものでもない。それなのに教習所では常に、ニーグリップを要求するから不思議だ。なにもどんな時でも絶対にひざを開いて乗れ、というわけではないが、無理にひざをグリップする必要性はまったくないということだ。

ストレートを走っている時など

ストレートを走っている時や高速走行中は、ひざを開いていれば空気抵抗が大きくなり、マイナスとなるので、あまりひざを開かないほうがよいが。これが、オフロード走行やモトクロスとなればニーグリップも必要で、激しいアップダウンを走るためには、ニーグリップによってマシンをしっかりと支えることだ。

体重は、あくまでステップにかけるのであり、コーナリング時でもアウト側のステップに力が入るはずで、ニーグリップよりも大切なことはたくさんある。通常の走行では、ひざはフューエルタンクに軽く触れる程度でよく、これ以上のニーグリップは余分な力が入りすぎるし、全体のバランスを崩すことになりかねない。

ニーグリップが甘いとマシンからライダーが飛ばされて、痛い目にあったりすることがあるから。ニーグリップの特性と性格を十分に知っていればいつでも適切な対応ができるようになる。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

S字コーナーのラインどりについて

S字コーナーのラインどりは、勾配や、コーナーのR(半径)、路面状態などによって変わるものだが、基本は2つめのコーナーを外側にふくらまずに通過することであり、そうすればおのずと、切り返すポイントやライン …

no image

バイクのマフラーの改造の意味

「暴走ライダーは、あっちへ行ってくれ」、というほかはない。迷惑するのは当の本人ではなく、2輪を正しく乗っている正統派ライダーたちだ。彼らは乗る場所を間違えているのだ。大きな音を出したいなら、またムチャ …

no image

バイクのフロントとリアのブレーキの制動力

一般的にはフロントブレーキのほうが強力かつ有効的であり、最近のスポーツパイクはフロントはダブルディスクブレーキ、リヤにはシングルディスクブレーキを採用している例が多い。例えば、ロードレースではフロント …

no image

バイクのブレーキングとシフトダウン

停止するときは、ブレーキングとシフトダウンを継続し、2速で止まるのがふつうである。パニックブレーキには至らないまでも、急停止をする場合は、1速まで落とすが、この場合はそのマシンの変速比を考えることだ。 …

no image

オフロード用ジャケットなどのバイク用品

ウェアは、通気性のよいトレーナーか、エンデューロジャケットと呼ばれるオフロード専用ジャケットが、動きやすく最満である。ゴーグルは、モトクロス用か、それにフェイスマスクを取りつけて使用するのがメジャーで …