スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのタンクパッドでニーグリップ

投稿日:

昔は道路事情が今と違い、未舗装道路が多く、スポーツバイクとはいえ舗装道路だけを走ることはほとんどなかった。ちょっと裏道に入ればジャリ道が待ち構えているといった状態が多かった。従って、ラフロードを走るためにはひざでしっかりとタンクをニーグリップすることが必要で、そのためにゴムラバーが付いていた。

昔のスポーツバイクの用具をみるとフューエルタンクの両サイドにゴムのニーグリップラバーがペタッと貼りつけてあったりする。何故、昔のバイクにはこんなにもニーグリップラバーが必要だったのだろうか。

現在では舗装道路が急速に普及したので、ツーリングに行っても未舗装のラフロードに出くわすことはめったにないから、ゴムラバーも必要ないし、ニーグリップを強要されるものでもない。それなのに教習所では常に、ニーグリップを要求するから不思議だ。なにもどんな時でも絶対にひざを開いて乗れ、というわけではないが、無理にひざをグリップする必要性はまったくないということだ。

ストレートを走っている時など

ストレートを走っている時や高速走行中は、ひざを開いていれば空気抵抗が大きくなり、マイナスとなるので、あまりひざを開かないほうがよいが。これが、オフロード走行やモトクロスとなればニーグリップも必要で、激しいアップダウンを走るためには、ニーグリップによってマシンをしっかりと支えることだ。

体重は、あくまでステップにかけるのであり、コーナリング時でもアウト側のステップに力が入るはずで、ニーグリップよりも大切なことはたくさんある。通常の走行では、ひざはフューエルタンクに軽く触れる程度でよく、これ以上のニーグリップは余分な力が入りすぎるし、全体のバランスを崩すことになりかねない。

ニーグリップが甘いとマシンからライダーが飛ばされて、痛い目にあったりすることがあるから。ニーグリップの特性と性格を十分に知っていればいつでも適切な対応ができるようになる。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

コーナーをアウトインアウトで曲がる

アウト側を走ることは、ライダーの視線も外側になるから常にガードレールとにらめっこしながら走ることにもなり、疲れも増すので危険だ。その点、アウト・イン・アウトでコーナーの内側を一時的に通過することにより …

no image

二輪車のブレーキの操作で重要なのは

ブレーキ操作で重要なのは、レバーを何本の指で据るかということではなく、何本でもよいから確実な入力と、その入力をコントロールできる据り方をするということである。自分の手の大きさや握力を考えた上で、最も操 …

no image

バイクのミッションの重要性

ミッションは多ければ、それだけ有利な走りが可能だが多くすればするほど操作が忙しくなり実用性から遠ざかっていくため、現在では6段が限界と考えられているのだろう。エンジンは何回転、スピードは何km/hでど …

no image

バイクで急ブレーキをかけてロックを経験しておく

誰でもバイクで道路を走行していれば、急ブレーキをかけることはよくあるだろう。そして、だいたいの人が急ブレーキをかけるとリヤを強くかけすぎて、リヤホイールをロックさせてしまうことが多く、そうすると左右に …

no image

二輪の半クラッチのコツ

半クラッチが効果的なのはクラッチを切った瞬間にレスポンスが回復するエンジンで、4ストロークの単気筒ではほとんど必要ない。ゆるい上り坂で瞬時に追い越しを必要とするときに、シフトダウンすると回転が上がりす …