バイク

バイクのタンクパッドでニーグリップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昔は道路事情が今と違い、未舗装道路が多く、スポーツバイクとはいえ舗装道路だけを走ることはほとんどなかった。ちょっと裏道に入ればジャリ道が待ち構えているといった状態が多かった。従って、ラフロードを走るためにはひざでしっかりとタンクをニーグリップすることが必要で、そのためにゴムラバーが付いていた。

昔のスポーツバイクの用具をみるとフューエルタンクの両サイドにゴムのニーグリップラバーがペタッと貼りつけてあったりする。何故、昔のバイクにはこんなにもニーグリップラバーが必要だったのだろうか。

現在では舗装道路が急速に普及したので、ツーリングに行っても未舗装のラフロードに出くわすことはめったにないから、ゴムラバーも必要ないし、ニーグリップを強要されるものでもない。それなのに教習所では常に、ニーグリップを要求するから不思議だ。なにもどんな時でも絶対にひざを開いて乗れ、というわけではないが、無理にひざをグリップする必要性はまったくないということだ。

ストレートを走っている時など

ストレートを走っている時や高速走行中は、ひざを開いていれば空気抵抗が大きくなり、マイナスとなるので、あまりひざを開かないほうがよいが。これが、オフロード走行やモトクロスとなればニーグリップも必要で、激しいアップダウンを走るためには、ニーグリップによってマシンをしっかりと支えることだ。

体重は、あくまでステップにかけるのであり、コーナリング時でもアウト側のステップに力が入るはずで、ニーグリップよりも大切なことはたくさんある。通常の走行では、ひざはフューエルタンクに軽く触れる程度でよく、これ以上のニーグリップは余分な力が入りすぎるし、全体のバランスを崩すことになりかねない。

ニーグリップが甘いとマシンからライダーが飛ばされて、痛い目にあったりすることがあるから。ニーグリップの特性と性格を十分に知っていればいつでも適切な対応ができるようになる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加