スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクの単気筒や2気筒などのエンジンの特徴

投稿日:

・単気筒(シングル)

排気音は“ドッドッドッドッ”と力強い。また、スリムなシングルは、軽量を利して、コーナーの取り回しも非常によい。欠点は、極低回転時の安定が悪い点と、太きな振動である。適度な振動は個性となるが、それも程度問題であり、高速巡行時には、インライン4やV4に差をつけられてしまう。

単にシングルといっても、特徴が出てくるのは、排気量400cc以上のビッグシングルである。ビッグシングルの良さは、1発1発の爆発をじかに感じる豪快なダッシュ力である。長いストロークから発生する図太いトルクは、出足の良さと追越加速の鋭さとなってあらわれ、乗る者を楽しませてくれる。

性格と走りの違い

エンジンのレスポンスについては、4ストロークの場合、低回転から高回転まで比較的一定しており、DOHCエンジンにいたっては、ピークパワーをすぎても急激にパワーダウンせずよく伸びるのに対し、2ストロークでは、ある回転数まではパワー、トルクとも弱いが、それをすぎると急激にパワーが発生し、回転が急上昇する。これを瞬発力と呼んでいるが、このときのレスポンスは、4ストロークをはるかに上回っている。

モトクロスやロードレースでは有利な面も多いが、一般の走行では、前後ブレーキの回数が増し、下り坂ではそれなりのテクニックが要求される。モトクロッサーやロードレーサーが好んで2ストロークを採用するのは、この瞬発力が大きな戦闘力になるからである。ただし、ピークパワーをすぎると急激にパワーが落ちるため、パワーバンドを生かして乗るテクニックが必要になる。

2気筒(ツイン)

シングルと違って極低速の安定もよく、低中速パワーに優れ、“ドコドコドコ”とリズミカルな排気音は、人間の心臓の鼓動に近く、長時間の定速巡行でもストレスを感じさせることがない。その代表的なマシンが、1340ccというビッグな空冷90度Vツインを搭載したハーレーであり、60〜90km/hの巡行では、これにかなうものはない。

ツインで個性的といえるのは、並列ツインではなく、90度Vツインや縦置90度Vツインである。それも、空冷の350cc以上のビッグなエンジンほど個性的だ。Vツインの良さは、リズミカルでマイルドなパワーフィーリングである。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

コーナリングは登りと下りとどっちがむずかしい?

コーナリングは登りと下りとどっちがむずかしい、と聞かれて、登りと答えるようではダメ。そう思ったあなたはまだまだ修業が足りない。登りより下りのほうがはるかにむずかしい。下りをマスターできたら一流というこ …

no image

バイクのマフラーの改造の意味

「暴走ライダーは、あっちへ行ってくれ」、というほかはない。迷惑するのは当の本人ではなく、2輪を正しく乗っている正統派ライダーたちだ。彼らは乗る場所を間違えているのだ。大きな音を出したいなら、またムチャ …

no image

コーナーでのブレーキコントロール

進行方向にコーナーがせまってきたとしよう。教習所では十分に手前からブレーキをかけて車速を落としてゆっくりコーナーを回ること、なんて習う。しかし、実際はコーナーでマシンはリーン(車体を傾ける)するのだか …

no image

S字カーブ、クランクなどのコツ

上り坂の場合、ブレーキングが終了したら、パーシャルではなくアクセルオンで加速しつつ回っていくことがポイントになる。バンクがついていると、プラスαでパワーが食われるので、ギヤの選定は予想より1段低くして …

no image

ハイウェイには危険がいっぱい

ハイウェイには危険がいっぱい。一歩間違えば、直接、死につながる。そこのところをよく考えて、服装を完全にととのえ、マシンをじゅうぶん点検し、気がまえもシャンとしたうえで、ハイウェイに乗り込もう。国内の高 …