スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクの単気筒や2気筒などのエンジンの特徴

投稿日:

・単気筒(シングル)

排気音は“ドッドッドッドッ”と力強い。また、スリムなシングルは、軽量を利して、コーナーの取り回しも非常によい。欠点は、極低回転時の安定が悪い点と、太きな振動である。適度な振動は個性となるが、それも程度問題であり、高速巡行時には、インライン4やV4に差をつけられてしまう。

単にシングルといっても、特徴が出てくるのは、排気量400cc以上のビッグシングルである。ビッグシングルの良さは、1発1発の爆発をじかに感じる豪快なダッシュ力である。長いストロークから発生する図太いトルクは、出足の良さと追越加速の鋭さとなってあらわれ、乗る者を楽しませてくれる。

性格と走りの違い

エンジンのレスポンスについては、4ストロークの場合、低回転から高回転まで比較的一定しており、DOHCエンジンにいたっては、ピークパワーをすぎても急激にパワーダウンせずよく伸びるのに対し、2ストロークでは、ある回転数まではパワー、トルクとも弱いが、それをすぎると急激にパワーが発生し、回転が急上昇する。これを瞬発力と呼んでいるが、このときのレスポンスは、4ストロークをはるかに上回っている。

モトクロスやロードレースでは有利な面も多いが、一般の走行では、前後ブレーキの回数が増し、下り坂ではそれなりのテクニックが要求される。モトクロッサーやロードレーサーが好んで2ストロークを採用するのは、この瞬発力が大きな戦闘力になるからである。ただし、ピークパワーをすぎると急激にパワーが落ちるため、パワーバンドを生かして乗るテクニックが必要になる。

2気筒(ツイン)

シングルと違って極低速の安定もよく、低中速パワーに優れ、“ドコドコドコ”とリズミカルな排気音は、人間の心臓の鼓動に近く、長時間の定速巡行でもストレスを感じさせることがない。その代表的なマシンが、1340ccというビッグな空冷90度Vツインを搭載したハーレーであり、60〜90km/hの巡行では、これにかなうものはない。

ツインで個性的といえるのは、並列ツインではなく、90度Vツインや縦置90度Vツインである。それも、空冷の350cc以上のビッグなエンジンほど個性的だ。Vツインの良さは、リズミカルでマイルドなパワーフィーリングである。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのアクセルの構造など

ほとんどのスポーツバイクのアクセルは、キャブレターとの間をワイヤーケーブルで結んで、アクセルを開くとキャブレターの吸入ロも開いて燃料(ガソリン、エアー)をエンジンに送り込むシステムになっている。そして …

no image

バイクでも昼間はヘッドライトを付けて走るようにしよう

オートバイというものは、他の交通機関から見ると、確認しにくく、また、スピードも遅く見られがちであるということを、絶対に忘れないことだ。具体的には、なんといっても、視認性のよいウエアでライデイングするこ …

no image

バイクを自己流で運転する怖さ

追い越し時には、前方の安全を確認したらセンターラインをできるだけ短時間で、すなわちできるだけペイントを踏む距離を短くして対向車線へ出て一気に追い抜き、ふたたびセンターラインに対してできるだけ角度をつけ …

no image

女性のバイク選びなどのポイント

お金があったら新車を買うことをおすすめする。もちろんクレジットで十分だ。どうしてもお金を工面できないのならしかたがないが、250ccや400ccの中古のオートバイはビギナーが乗っていたケースが多く、1 …

no image

グリップ・トラクションなどの用語

・グリップ・トラクション 単に「グリップ」という場合は、タイヤが路面をとらえる表現として使用される。「トラクション」という場合は、そのマシンのサスペンション性能+タイヤのグリップを総合して判断した場合 …