スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのスタートの上手、下手-クラッチなどのメカニズム

投稿日:

スタートの上手、下手は、その人の運転テクニックとともに2輪のメカニズムの知識のほどがよくわかる。テクニック的にうまくなくても、メカニズムを知っていればガツン、という音を発しての発進などしない。回転を上げながらクラッチを一気につなぐ。するとガツンという音とともにスタートするが、このとき、クラッチやチェーンなどの駆動系には、音と同じくガツンというショックが伝わる。

アクセルを開けるでもなく閉じるでもなく、ブレーキングも中途半端にダラダラとやっていたのでは、たとえばスラロームをやるにしても、だんだん旋回半径が大きくなってしまい、ついにはパイロンをクリアできない結果となる。言葉などより、実際にスラロームに挑戦してみれば、ただちに結論を導き出せるはずだ。

クラッチは最大の被害者。ローギアの強力なパワーが一気に伝えられ、クラッチディスクの負担はピークに達する。これがたびかさなると、トラブルにいたるのはいうまでもない。つぎの被害者はチェーン。駆動力が急激に伝わってくるため、一瞬、チェーンは大きな力で引き伸ばされ、運が悪ければチェーン切れ。何回も繰り返されるとチェーンが伸びて使いものにならなくなる。あと、クラッチでのスピードコントロールするのはおすすめできない。

メカニズムを知ることも基本

また、エンジン、ミッションなど悪影響は各所に及ぶ。お金を出せばすむことではあるが、それではあまりにもオートバイがかわいそう。2輪ライダーであるからには、メカニズムを知ることも基本である。それにガツンスタートは見ていても気持ちのよいものではない。

チェーンとかみ合っている前後のスプロケットも減りが早くなる。よくスプロケットのがキリの先のようにとがったオートバイを見かけるが、チェーンが伸びた状態で長く走っているとああなる。スプロケットが減ってしまうと交換となるわけだが、交換は後輪をはずさなければならず、かなり大がかりな作業となってしまう。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのコーナー進入時の注意するポイント

コーナリングに夢中になって近くばかりを見ていると上下感覚を失いがちだ。防止策は、走っているときにできるだけ遠方を見ることだ。それにコーナーとコーナーの間の直線部分では、少しでもいいから遠い山や建物など …

no image

バイクのコーナリングの体の荷重の移動

どのコーナリングにもいえることだが、頭は必ず起して水平に近い状態にしていることが大切で、リーンと一緒に頭が傾くとバランスが崩れて非常に危険になる。手はハンドルグリップ以外は力を抜き、ブレーキやクラッチ …

no image

ブレーキレバーの握り方

基本のライディングフォームを正確に自分のものにすること。クラッチ付きのスポーティバイクでさえあれば、いくらでも習得できるし、さらにハイテクニックにすすむことも可能だ。アクセルワークは発進時だけでなく、 …

no image

ノンスナッチスピードなどの用語

・ノンスナッチスピード マシンのトップギヤ(6速ギヤであれば6速)で走行できる最低速度のこと。ノッキング(不整爆発を生じ、エンジンがガクガクする)寸前のときのスピードを計測する。 ・ニュートラルステア …

no image

バイクに乗るなら姿勢を良くして乗ろう

腰をキメるのに案外簡単な方法がある。それは背すじを伸ばしてバイクに乗ることだ。実際に試してみれば、その結論はすぐにでも導き出せるはずだ。背すじを伸ばすことによって腰が安定し、下半身に思ったとおりの力が …