スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのスタートの上手、下手-クラッチなどのメカニズム

投稿日:

スタートの上手、下手は、その人の運転テクニックとともに2輪のメカニズムの知識のほどがよくわかる。テクニック的にうまくなくても、メカニズムを知っていればガツン、という音を発しての発進などしない。回転を上げながらクラッチを一気につなぐ。するとガツンという音とともにスタートするが、このとき、クラッチやチェーンなどの駆動系には、音と同じくガツンというショックが伝わる。

アクセルを開けるでもなく閉じるでもなく、ブレーキングも中途半端にダラダラとやっていたのでは、たとえばスラロームをやるにしても、だんだん旋回半径が大きくなってしまい、ついにはパイロンをクリアできない結果となる。言葉などより、実際にスラロームに挑戦してみれば、ただちに結論を導き出せるはずだ。

クラッチは最大の被害者。ローギアの強力なパワーが一気に伝えられ、クラッチディスクの負担はピークに達する。これがたびかさなると、トラブルにいたるのはいうまでもない。つぎの被害者はチェーン。駆動力が急激に伝わってくるため、一瞬、チェーンは大きな力で引き伸ばされ、運が悪ければチェーン切れ。何回も繰り返されるとチェーンが伸びて使いものにならなくなる。あと、クラッチでのスピードコントロールするのはおすすめできない。

メカニズムを知ることも基本

また、エンジン、ミッションなど悪影響は各所に及ぶ。お金を出せばすむことではあるが、それではあまりにもオートバイがかわいそう。2輪ライダーであるからには、メカニズムを知ることも基本である。それにガツンスタートは見ていても気持ちのよいものではない。

チェーンとかみ合っている前後のスプロケットも減りが早くなる。よくスプロケットのがキリの先のようにとがったオートバイを見かけるが、チェーンが伸びた状態で長く走っているとああなる。スプロケットが減ってしまうと交換となるわけだが、交換は後輪をはずさなければならず、かなり大がかりな作業となってしまう。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

後方確認-ミラーが映す情報をよく見る

バイクは、道路の左寄りを走行しているため、対四輪車との混合交通が大きなウイークポイントである。後方の四輪車の動きに注意し、四輪車が接近してきたなら驚かしたり、驚かされたりする存在にならないよう気を付け …

no image

夜間走行の注意点

夜間走行で最も難しいのは、ワインディングロードを走ることだ。へッドライトはマシンの前方しか照らさないからコーナーの先がほとんどみえない。この場合は、対向車がなければへッドライトは上向きにすることはもち …

no image

スローインファーストアウト走行

スピードであり十分にスピードを落とさずにコーナーに入ると必ず膨らんでアウトのガードレールにぶつかるか、リーンさせすぎて転倒するかである。これがブラインドコーナーだとさらに危険性が高くなり、路面の凹凸や …

no image

路面の状況に応じた走りが必要

一般公道は生き物、とよくいわれる。例えば、行きに走った時は何にもなかった帰りに走ったら溝ができていたとか、砂が出ていたとか、工事中で鉄板が敷いてあったなどはよくあるケースである。従ってライダーは常に気 …

no image

バイクのハンドルの形状

一般に使用するバイクはどんなハンドル形状が理想的だろうか?最もオーソドックスなロードスポーツ、よりスポーツ性の高いスーパースポーツ、それにカスタムとかスペシャルとか呼ばれるセミチョッパータイプ。この3 …