スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのツーリングスポーツとアメリカンタイプについて

投稿日:

ここでは、アメリカンタイプとツーリングスポーツタイプのバイクについて紹介していこう。

・アメリカンタイプ

まっすぐ走って楽しむには、それ相応の個性が必要である。エンジンレイアウトからライディングポジション、カラーリングなどにいたるまで、パフォーマンスに含まれている。一般的には、アップハンドルを装着、低いシート高、前方寄りのフートレスト、パワーよりもトルクを主体としたエンジンなどが特徴で、ヘンドリングも。コーナーリング性より直進安定性を重視したセッティングになっている。その代表的なモデルに、「ハーレーダヴィッドソン」がある。

ツーリングスポーツが、コーナーリングやパフォーマンスを楽しみつつ旅をエンジョイするものであるのに対し、アメリカンタイプは、まっすぐ走ることを楽しみ、旅そのものを楽しむためのオートバイである。また、シティランにも使用でき、独特のフアッションを持つ汎用性の広さが特徴である。

ツーリングスポーツ

ツーリングスポーツは、スーパースポーツほどの速さは要求されないが、楽にライディングでき、しかも長時間走行しても飽きのこない、個性あるパフォーマンスが必要である。また、メンテナンス性(整備性)に優れ、故障が少なく、耐久性が高いことも重要である。つまり、速く走らなくてもマシンの個性が楽しめ、気構えずにツーリングができるものである。

スーパースポーツは、ツーリングに使用してまったくさしつかえないが、本格的に長距離ツーリングを行うとなると、やはりスーパースポーツモデルでは、ポジションやエンジンの性格からいって、疲れが大きく、旅の楽しさは半減してしまう。

なお、よく似たものに「ツアラー」という種類があるが、この場合は、スーパースポーツのパフォーマンスと、ツーリングスポーツの個性、ハンドリング(操縦性)を兼ね備え、高速での長距離ツアーを目的とした、大排気量のツーリングスポーツを指している。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

スローインファーストアウト走行

スピードであり十分にスピードを落とさずにコーナーに入ると必ず膨らんでアウトのガードレールにぶつかるか、リーンさせすぎて転倒するかである。これがブラインドコーナーだとさらに危険性が高くなり、路面の凹凸や …

no image

バイクのブレーキングとシフトダウン

停止するときは、ブレーキングとシフトダウンを継続し、2速で止まるのがふつうである。パニックブレーキには至らないまでも、急停止をする場合は、1速まで落とすが、この場合はそのマシンの変速比を考えることだ。 …

no image

カーブの切り返しテクニック

ライダーは、お尻と上体が左側へ寄った状態で、そのまま必要とするバンク角まで車体を寝かし込む。バンク角が決まったら、今度は足に力を入れ、傾きを保持する。これでオーケーだ。切り返す場所を確認したら、左足( …

no image

バイクのライディングフォームはおかしくないですか?

マシンは、二輪で走っているために平衡感覚によるバランスが非常に大切だ。放っておけば転倒するし、止まっている時も足を着いたり、スタンドをかけなければ転んでしまう。従って、マシンに乗っている時は、ライダー …

no image

バイクでエアブレーキを使うテクニック

エアブレーキは、前後のシステムブレーキ、エンジンブレーキに次ぐ第3のブレーキとして認識されている。つまり、空気抵抗によるブレーキだ。トラックなどの大型車のブレーキに「エアブレーキ」というブレーキがある …