スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのツーリングスポーツとアメリカンタイプについて

投稿日:

ここでは、アメリカンタイプとツーリングスポーツタイプのバイクについて紹介していこう。

・アメリカンタイプ

まっすぐ走って楽しむには、それ相応の個性が必要である。エンジンレイアウトからライディングポジション、カラーリングなどにいたるまで、パフォーマンスに含まれている。一般的には、アップハンドルを装着、低いシート高、前方寄りのフートレスト、パワーよりもトルクを主体としたエンジンなどが特徴で、ヘンドリングも。コーナーリング性より直進安定性を重視したセッティングになっている。その代表的なモデルに、「ハーレーダヴィッドソン」がある。

ツーリングスポーツが、コーナーリングやパフォーマンスを楽しみつつ旅をエンジョイするものであるのに対し、アメリカンタイプは、まっすぐ走ることを楽しみ、旅そのものを楽しむためのオートバイである。また、シティランにも使用でき、独特のフアッションを持つ汎用性の広さが特徴である。

ツーリングスポーツ

ツーリングスポーツは、スーパースポーツほどの速さは要求されないが、楽にライディングでき、しかも長時間走行しても飽きのこない、個性あるパフォーマンスが必要である。また、メンテナンス性(整備性)に優れ、故障が少なく、耐久性が高いことも重要である。つまり、速く走らなくてもマシンの個性が楽しめ、気構えずにツーリングができるものである。

スーパースポーツは、ツーリングに使用してまったくさしつかえないが、本格的に長距離ツーリングを行うとなると、やはりスーパースポーツモデルでは、ポジションやエンジンの性格からいって、疲れが大きく、旅の楽しさは半減してしまう。

なお、よく似たものに「ツアラー」という種類があるが、この場合は、スーパースポーツのパフォーマンスと、ツーリングスポーツの個性、ハンドリング(操縦性)を兼ね備え、高速での長距離ツアーを目的とした、大排気量のツーリングスポーツを指している。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのフレームの剛性などについて

マシンそのものの剛性はフレームに頼るところが大きく、最近ではコンピューター分析によってフレーム設計を行うことも盛んになってきている。フレームは強ければ強いほどよいというわけではなく、ある程度のよじれ、 …

no image

バイクのセットアップはソロ用にマッチングされている

日本で発売されている多くのバイクはそのほとんどが、2人乗りができるように設計されていて、ダブルシート、タンデムステップ、シートなど必要な装備がされている。しかし、ソロライディングが多いことはいうまでも …

no image

逆ハン、カウンターを使ったコーナーリングはおすすめできない

逆ハンはプロに任せておけ。まず、正統派のハンドリングをマスターせよ。後輪は激しく回転していながらも、路面を確実にグリップしていない。このふたつの不自然さを考えれば、逆ハンがいかに無駄な乗り方であるかわ …

no image

バイクのブレーキングテクニックをマスターできるのか

ブレーキングのテクニックは無限の広がりを持つ。これほどむずかしいブレーキのかけ方を1カ月やそこらでマスターできるはずがない。しかし、走り出したからには止まらなければならない。ブレーキングに自信のない人 …

no image

車の間をバイクですり抜けていく危険

クルマの間をヒラリヒラリとかわして、いかにもすばしっこそうに走っているのを見ることがある。しかし、これは危険。相手が木や石なら問題はない。だいいち、動かないのだから、ヒラリヒラリとかわして走ればいいが …