バイク

バイクのツーリングスポーツとアメリカンタイプについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここでは、アメリカンタイプとツーリングスポーツタイプのバイクについて紹介していこう。

・アメリカンタイプ

まっすぐ走って楽しむには、それ相応の個性が必要である。エンジンレイアウトからライディングポジション、カラーリングなどにいたるまで、パフォーマンスに含まれている。一般的には、アップハンドルを装着、低いシート高、前方寄りのフートレスト、パワーよりもトルクを主体としたエンジンなどが特徴で、ヘンドリングも。コーナーリング性より直進安定性を重視したセッティングになっている。その代表的なモデルに、「ハーレーダヴィッドソン」がある。

ツーリングスポーツが、コーナーリングやパフォーマンスを楽しみつつ旅をエンジョイするものであるのに対し、アメリカンタイプは、まっすぐ走ることを楽しみ、旅そのものを楽しむためのオートバイである。また、シティランにも使用でき、独特のフアッションを持つ汎用性の広さが特徴である。

ツーリングスポーツ

ツーリングスポーツは、スーパースポーツほどの速さは要求されないが、楽にライディングでき、しかも長時間走行しても飽きのこない、個性あるパフォーマンスが必要である。また、メンテナンス性(整備性)に優れ、故障が少なく、耐久性が高いことも重要である。つまり、速く走らなくてもマシンの個性が楽しめ、気構えずにツーリングができるものである。

スーパースポーツは、ツーリングに使用してまったくさしつかえないが、本格的に長距離ツーリングを行うとなると、やはりスーパースポーツモデルでは、ポジションやエンジンの性格からいって、疲れが大きく、旅の楽しさは半減してしまう。

なお、よく似たものに「ツアラー」という種類があるが、この場合は、スーパースポーツのパフォーマンスと、ツーリングスポーツの個性、ハンドリング(操縦性)を兼ね備え、高速での長距離ツアーを目的とした、大排気量のツーリングスポーツを指している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加