スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクは滑りやすい路面に気をつける

投稿日:

2輪にとって問題となるのは、摩擦係数が低い状態、いわゆるすべりやすい路面。だれでも経験があるように雨の日はすべりやすいものだが、晴れでもそれと同じような状態にあるのが砂および路面の交通標示ペイント。このふたつは2輪にとって大敵だ。まず砂だが、これはあらためて説明する必要はないほどで、アスファルト路面に砂が散らばっている、いわゆる浮き砂、はどうしようもない。

2輪にとってタイヤのグリップは大切なものなのだ。万が一、タイヤのグリップが失われれば、それはすぐ転倒を意味する。このグリップはタイヤと路面の摩擦によって生じるわけだが、タイヤは丸ぼうずでもないかぎり、まずは大丈夫としよう。すると残るは路面ということになり、路面の状況いかんによって摩擦が増えたり減ったりする。

直進するならまだいいが、パワーをかけてのコーナリング中に浮き砂に出合うと、ひとたまりもない。後輪がすべりするくらいならなんとか転倒はまぬがれるが、大量に砂があると前後ともにスリップ、まず間違いなくひっくり返ってしまう。こんな目にあわないようにするには、砂のたまりやすい道路左端を避けるラインを取ることが第一。

周囲の地形にも目をくばる

また周囲の地形にも目をくばる。両側が草地や家であればいいが、切り通しや畑だったら気をつける。風で砂が飛ばされて路上に散らばっていることがあるからだ。いずれにしても砂は大敵中の大敵。ありそうだと思ったら、まず減速することが肝心だ。道路上の交通標示およびセンターラインも要注意個所。アスファルト路面に比べ摩擦係数ははるかに小さいため、これに乗り上げてしまうと思わぬことになる。

たとえ砂がないように思われる道でも、極力、左端は通らないようにすることだ。そしてダンプカーに注意することも大切。たいていの場合、路上の砂はダンプカーなどがこぼしたものが多く、そういった工事車両が行き来する道では、まずコーナーに砂が落ちていると考えたい。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

オフロード用ジャケットなどのバイク用品

ウェアは、通気性のよいトレーナーか、エンデューロジャケットと呼ばれるオフロード専用ジャケットが、動きやすく最満である。ゴーグルは、モトクロス用か、それにフェイスマスクを取りつけて使用するのがメジャーで …

no image

日帰りツーリングでも400km程度の走行は可能

ツーリングのプランを立てる時、1日の走行距離を何畑におくかも論議の分かれるところだ。日帰りでは200〜250kmぐらいがよいという人が多いが、経験からいえば500kmを走ることも十分に可能といえそう。 …

no image

オートバイに乗るのに必要な下半身のトレーニング

オートバイに乗るには下半身が強くなければならないことはいうまでもないが、そのなかでも大腿部の筋力が弱くては中腰のライディングポジションが取れない。中腰がダメだと人車一体が不可能となり、ベストライディン …

no image

バイクで急ブレーキをかけてロックを経験しておく

誰でもバイクで道路を走行していれば、急ブレーキをかけることはよくあるだろう。そして、だいたいの人が急ブレーキをかけるとリヤを強くかけすぎて、リヤホイールをロックさせてしまうことが多く、そうすると左右に …

no image

タイトコーナーで重要なのはブレーキングと失速しないこと

タイトコーナーで最も重要なのは、ブレーキングはもちろんだが失速しないことである。つまり、減速オーバーにならないということだ。コーナーの入口では、2速なり3速に減速されていることはもとより、パワーバンド …