スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクは滑りやすい路面に気をつける

投稿日:

2輪にとって問題となるのは、摩擦係数が低い状態、いわゆるすべりやすい路面。だれでも経験があるように雨の日はすべりやすいものだが、晴れでもそれと同じような状態にあるのが砂および路面の交通標示ペイント。このふたつは2輪にとって大敵だ。まず砂だが、これはあらためて説明する必要はないほどで、アスファルト路面に砂が散らばっている、いわゆる浮き砂、はどうしようもない。

2輪にとってタイヤのグリップは大切なものなのだ。万が一、タイヤのグリップが失われれば、それはすぐ転倒を意味する。このグリップはタイヤと路面の摩擦によって生じるわけだが、タイヤは丸ぼうずでもないかぎり、まずは大丈夫としよう。すると残るは路面ということになり、路面の状況いかんによって摩擦が増えたり減ったりする。

直進するならまだいいが、パワーをかけてのコーナリング中に浮き砂に出合うと、ひとたまりもない。後輪がすべりするくらいならなんとか転倒はまぬがれるが、大量に砂があると前後ともにスリップ、まず間違いなくひっくり返ってしまう。こんな目にあわないようにするには、砂のたまりやすい道路左端を避けるラインを取ることが第一。

周囲の地形にも目をくばる

また周囲の地形にも目をくばる。両側が草地や家であればいいが、切り通しや畑だったら気をつける。風で砂が飛ばされて路上に散らばっていることがあるからだ。いずれにしても砂は大敵中の大敵。ありそうだと思ったら、まず減速することが肝心だ。道路上の交通標示およびセンターラインも要注意個所。アスファルト路面に比べ摩擦係数ははるかに小さいため、これに乗り上げてしまうと思わぬことになる。

たとえ砂がないように思われる道でも、極力、左端は通らないようにすることだ。そしてダンプカーに注意することも大切。たいていの場合、路上の砂はダンプカーなどがこぼしたものが多く、そういった工事車両が行き来する道では、まずコーナーに砂が落ちていると考えたい。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

車両の左側の追い越しについて

渋滞で停止している四輪車の左側をすり抜ける場合は、急にドアを開けられることがあるので注意しよう。急に開けるほうが悪いとはいっても、痛い目にあうのは自分だからだ。駐車車輌の右側を通過する場合は、1m以上 …

no image

バイクの運転でリアブレーキしか使わない人

フロント・ディスク、リア・ドラムの方式が一般的であるが、より扱いやすいリアブレーキだけで止める人がいる。赤信号で止めるときなど右手は完全に遊んでいる。右足だけで止めているのだ。ノロノロと走ってきて、そ …

no image

ライディングテクニックを覚えてバイクを乗りこなそう

初心者のうちは、高いギアほどじゅうぶんにスピードを落としてからシフトダウンすべきだ。ただし、クラッチレバーを心もちゆっくり離さないと、エンジンブレーキによるショック(とくに4サイクルの場合)が大きいか …

no image

高速道路をバイクで走行する際に横風などに気をつける

高速道路では、横風や突風は突如として吹きつけることが多く、ライダーのとっさの判断と行動力が必要だ。これらの風を受けたらライダーはなるべく上半身を低くマシンにふせるようにして、肘を引き締め、ニーグリップ …

no image

周回コース・幹線コースの走り方など

周回コースとは、外周路のことであり、幹線コースとは、周回コースに通じる縦横のコースのことをいう。ここでの走行の際の注意点は、以下のとおりである。周回コースでは、トップギヤでのスムースな走行を心がけ、カ …