スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイク試験のコースで上手に決めるコツ

投稿日:

試験では半クラッチは使用しない。スピードコントロールは、Rブレーキを軽く効かせ、マシンを寝かせるときはアクセルオフ、起こすときはアクセルオンで行う。マシンの寝かし込みは、外側のニーグリップ(大腿部)に力を入れて行い、起こすときは、外側のフートレストに荷重をかけ、大腿部の内側でマシンを起こす。

スラロームを上手に決めるコツは、ニーグリップとアクセルワークである。パイロンの間をヒラリヒラリと切り返すには、マシンだけを切り返すリーンアウトが適しており、ギヤの選定は、エンジンブレーキが効きすぎない2速がよい。

750ccクラスのマシンでは、エンジンのトルクを利用し、パイロンをクリアーするときはアクセルオン、切り返しはアクセルオフでエンジンブレーキと同時に行う。白バイの場合は、このアクセルオンでの動作が非常によく訓練されており、瞬時のUターンやスラローム、S字など、重い車重をものともせずに軽快に乗り回している。

8の字走行、クランクコース、S字コース

カワサキGPZ400Rの場合は、ポジションがかなり前傾しているので、リーンアウトは決めづらいが、アップハンドルのマシンの場合は、上体の自由度がもっと高いので、スラロームは行いやすい。

8の字走行、クランクコース、S字コースの3つは、ライダーのスピードとバンク角の計算力、バランス感覚、応用動作を判断するものであり、簡単だからと甘くみるのは間違いである。8の字走行は、S字コースを2つ連続して行うことと同じであり、スピードとバンク角を体得するのに最も効果のあるテクニックである(最小のスペースで最大の効果が得られる)。

街乗りでスラロームを行う場合は、ひざの内側を開いてタイミングをはかったり、半クラッチを使用したりして、マシンの特性にマッチした方法で行えばよい。ヘンドルの幅が狭く、しかも低位置にあるスーパースポーツでは、軽くひざを開いたリーンイン気味のフォームが、自然でしかも無理なく行える。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのマフラーの改造の意味

「暴走ライダーは、あっちへ行ってくれ」、というほかはない。迷惑するのは当の本人ではなく、2輪を正しく乗っている正統派ライダーたちだ。彼らは乗る場所を間違えているのだ。大きな音を出したいなら、またムチャ …

no image

バイクの減速にエンジンブレーキを使う

トップで走っていて停止する場合、1段ずつエンジンブレーキをきかせながら減速していく。こうすれば前後のブレーキにかかる負担が少なくてすむし、停止したときにはすでに2速あるいは1速までシフトダウンしている …

no image

バイクのミッションのギアチェンジのコツなど

レースなどでは、たった1回のギヤシフトミスが勝負の別れ道につながることが多く、常に適切なミッションの選択と操作が要求されるほど。一般にも共通することは多く、例えばワインディングロードで速く走れるライダ …

no image

交通3悪の危険に注意する

交通3悪なんてよくいわれるが、2輪の大敵がつぎの3つ。子ども、ダンプカー、タクシー、この3つは、オートバイライダーが最も気をつけなければならない相手。くれぐれもこれらに気をつけて走らなければならない。 …

no image

バイクではできるだけクラッチを切らないようにすること

コーナーで出口近くにきて、あわててクラッチをミートさせるが、今度はミッションが低かったりすると急に後輪にブレーキがかかり、スリップしたり、リーンしているボディが突然として立ち上がる現象が起きて、フロン …