スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのシフトダウンのコツ

投稿日:

加速や制動はなにもアクセルやブレーキだけで行うものではない。例えば、トップギヤで走行中、行く手の信号機が赤の時、バイクを停止させるのにクラッチを切りブレーキだけでゆっくりと停止するライダーがいるが、これにはあえて×、を与えよう。シフトダウンの威力をもう一度見直してもらい、有効的に活用することが走りを一層際だて、マシンの性能一段と引き出す結果にもつながる。

シフトダウン操作を行いながら停止するのが本筋でエンジンブレーキを兼用しながら停止するべきなのだ。何故かというと、まずブレーキを多用することはなるべく避けるべきだし、ブレーキング中に信号が青に変ったらライダーはきっとあわててしまう。

アクセルを開けたってギヤがトップに入っていたら加速はしないし、1速落としても場合によってはまだ加速しない。しまった、と思いライダーはさらに1速落としてアクセルをあおるハメになってしまう。常に的確なギヤにあればいつでも即、加速に移れるから対応が早く後続のクルマにクラクションを鳴らされることもないのだ。

ワインディングロードで速いライダーをみると

ワインディングロードで速いライダーをみると、シフト操作回数が多く、常に出力のピークに近いシフトを選んでいることがわかる。つまり、エンジン回転数が下がったら即シフトダウンでピークアップ、コーナーに入る時も十分にエンジンブレーキをきかせて、いつでも加速体制に入れる状態を保っておくわけだ。

コーナリング中やワインディングロードでも、まったくギヤ選択をせずに走っているライダーも少なくない。スピードが下がってもシフトダウンをしないし、登り坂に入ってもトップギヤでガンコに走ってしまうわけだが、これもマシンの性能を十分に引き出していないし快適な走りとはいえない。

シフトダウンはエンジンブレーキがかかるため、気合いを入れておかないと非常にいやな操作となってしまう。それがまた、遠慮される原因でもあるが、この際シフトダウンの多用をすすめる。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

公道でウィリーをしたら検挙される

バイクが好きなバイク乗りのかたたちの中にはウィリーがしてみたいと思っておられる方は多いかもしれませんし、ウィリーを練習したことがある方もいるでしょう。しかし、一般公道でウィリーをすると安全運転義務違反 …

no image

後方確認-ミラーが映す情報をよく見る

バイクは、道路の左寄りを走行しているため、対四輪車との混合交通が大きなウイークポイントである。後方の四輪車の動きに注意し、四輪車が接近してきたなら驚かしたり、驚かされたりする存在にならないよう気を付け …

no image

オートバイの種類には4つのタイプ

オートバイは、走行する場所、マシンの性格、ユーザーの使用目的、モータースポーツの種類などによって、次の4つのタイプに分けることができる。 コンペテーションタイプ(競技用モデル) オフロードタイプ(トレ …

no image

バンクして曲がるのはバイクの醍醐味

バンクして曲がるのは、オートバイの醍醐味でもあり、スピードとバンク角の計算=テクニックといっても過言ではない。コーナーリングのフォームは4態あるが、これらをどのように使い分けるかは、非常に難しい。オン …

no image

コーナリングの限界に挑むハングオンというテクニック

ハングオンというコーナリングフォームで走るメリットとしては、より高いスピードでコーナ ーをクリアできることで、ラップタイムを短縮させるのには絶対に必要なテクニックともいえる。だからといって、だれでもが …