スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのシフトダウンのコツ

投稿日:

加速や制動はなにもアクセルやブレーキだけで行うものではない。例えば、トップギヤで走行中、行く手の信号機が赤の時、バイクを停止させるのにクラッチを切りブレーキだけでゆっくりと停止するライダーがいるが、これにはあえて×、を与えよう。シフトダウンの威力をもう一度見直してもらい、有効的に活用することが走りを一層際だて、マシンの性能一段と引き出す結果にもつながる。

シフトダウン操作を行いながら停止するのが本筋でエンジンブレーキを兼用しながら停止するべきなのだ。何故かというと、まずブレーキを多用することはなるべく避けるべきだし、ブレーキング中に信号が青に変ったらライダーはきっとあわててしまう。

アクセルを開けたってギヤがトップに入っていたら加速はしないし、1速落としても場合によってはまだ加速しない。しまった、と思いライダーはさらに1速落としてアクセルをあおるハメになってしまう。常に的確なギヤにあればいつでも即、加速に移れるから対応が早く後続のクルマにクラクションを鳴らされることもないのだ。

ワインディングロードで速いライダーをみると

ワインディングロードで速いライダーをみると、シフト操作回数が多く、常に出力のピークに近いシフトを選んでいることがわかる。つまり、エンジン回転数が下がったら即シフトダウンでピークアップ、コーナーに入る時も十分にエンジンブレーキをきかせて、いつでも加速体制に入れる状態を保っておくわけだ。

コーナリング中やワインディングロードでも、まったくギヤ選択をせずに走っているライダーも少なくない。スピードが下がってもシフトダウンをしないし、登り坂に入ってもトップギヤでガンコに走ってしまうわけだが、これもマシンの性能を十分に引き出していないし快適な走りとはいえない。

シフトダウンはエンジンブレーキがかかるため、気合いを入れておかないと非常にいやな操作となってしまう。それがまた、遠慮される原因でもあるが、この際シフトダウンの多用をすすめる。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

タンデムライダー-危険な走りになってしまったりすることも

バイクは、スポーツバイクのほとんどはタンデムシートが装備されているから、なんら不便はない。しかし、タンデム走行の場合は、いくらライダーがうまくてもタンデムライダーがずぶのシロウトだと、まったくの無意味 …

no image

10代からバイクの免許を取得することをおすすめしたい理由

バイクに慣れるには若いころから始めたほうがよいにきまっている。現在は原付は16才から免許が取得できるから、早く取得したほうが勝ちだ。16オからバイクに乗り始めれば、運動神経もいいし、バイクの運動特性そ …

no image

アクセルはキャブレターを開閉してエンジンへガスを送り込む

アクセルは、キャブレターを開閉してエンジンへガスを送り込む重要な働きを受け持つ。時には一気にガスを送り込み、時には微妙なコントロールが必要となり、エンジン性能を十分に引き出したスムーズな走りはここから …

no image

オートバイはライダーの目線にそって進む

目線が遠方にあり、周囲の状況を判断しながら走ればどうだろう。自分のオートバイが通る場所、前後の交通状況、飛び出しがありそうな場所の確認などの情報がすべてそろっており、そこから判断できる。そうすれば自分 …

no image

バイクレースの世界最高峰

ロードレースは、日本をはじめ欧州、東南アジアなど、世界中で開催され、どこででも人気を集めている。世界最高峰のレースは、国際モーターサイクル協会が行う世界ロードレース選手権シリーズで、選手権では全12戦 …