スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのシフトダウンのコツ

投稿日:

加速や制動はなにもアクセルやブレーキだけで行うものではない。例えば、トップギヤで走行中、行く手の信号機が赤の時、バイクを停止させるのにクラッチを切りブレーキだけでゆっくりと停止するライダーがいるが、これにはあえて×、を与えよう。シフトダウンの威力をもう一度見直してもらい、有効的に活用することが走りを一層際だて、マシンの性能一段と引き出す結果にもつながる。

シフトダウン操作を行いながら停止するのが本筋でエンジンブレーキを兼用しながら停止するべきなのだ。何故かというと、まずブレーキを多用することはなるべく避けるべきだし、ブレーキング中に信号が青に変ったらライダーはきっとあわててしまう。

アクセルを開けたってギヤがトップに入っていたら加速はしないし、1速落としても場合によってはまだ加速しない。しまった、と思いライダーはさらに1速落としてアクセルをあおるハメになってしまう。常に的確なギヤにあればいつでも即、加速に移れるから対応が早く後続のクルマにクラクションを鳴らされることもないのだ。

ワインディングロードで速いライダーをみると

ワインディングロードで速いライダーをみると、シフト操作回数が多く、常に出力のピークに近いシフトを選んでいることがわかる。つまり、エンジン回転数が下がったら即シフトダウンでピークアップ、コーナーに入る時も十分にエンジンブレーキをきかせて、いつでも加速体制に入れる状態を保っておくわけだ。

コーナリング中やワインディングロードでも、まったくギヤ選択をせずに走っているライダーも少なくない。スピードが下がってもシフトダウンをしないし、登り坂に入ってもトップギヤでガンコに走ってしまうわけだが、これもマシンの性能を十分に引き出していないし快適な走りとはいえない。

シフトダウンはエンジンブレーキがかかるため、気合いを入れておかないと非常にいやな操作となってしまう。それがまた、遠慮される原因でもあるが、この際シフトダウンの多用をすすめる。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

安全性を考慮したラインはアウト・イン・イン

アウト・イン・インは安全性をも考慮したラインだ。少しでも不安な要素を感じたらこの手を使いたい。アウト・イン・アウトは効果的だが、見通しのよい場所でだけ使うようにしたい。このふたつをうまく組み合わせれば …

no image

ライディングテクニックを覚えてバイクを乗りこなそう

初心者のうちは、高いギアほどじゅうぶんにスピードを落としてからシフトダウンすべきだ。ただし、クラッチレバーを心もちゆっくり離さないと、エンジンブレーキによるショック(とくに4サイクルの場合)が大きいか …

no image

バンクして曲がるのはバイクの醍醐味

バンクして曲がるのは、オートバイの醍醐味でもあり、スピードとバンク角の計算=テクニックといっても過言ではない。コーナーリングのフォームは4態あるが、これらをどのように使い分けるかは、非常に難しい。オン …

no image

高出力・高回転型か

・高出力・高回転型か 乾燥重量は、ガソリン、オイル(Fフォーク内含む)、水を含まない車輌重量のことであり、単に車輌重量という場合には、ガソリン、オイル、水を含んだ整備重量をいう。車体の各寸法は、空車時 …

no image

フットレスト&ハンドなどのバイクの構造

・フートレスト&ハンド オートバイは、フートレストの位置とハンドルの形状によって、用途にマッチしたライディングホジションが確保されている。この2つは、非常に重要な部分であり、フートレスト位置やヘンドル …