スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのシフトアップのコツ

投稿日:

シフトアップの方法は、まず、開けたアクセルを瞬時に戻すと同時に、クラッチを切り、ギヤを2速に入れ、クラッチを離して、再びアクセルを開ける。実際の足の動作は、クラッチを切る瞬間に行うことが重要であり、アクセルを戻そうとするときには、クラッチに指がかかっていなければならない。つまり、アクセル、クラッチ、シフトの動作は、ほとんど同時に行われるということだ。

オートバイの発進加速は、テクニックとキャリアが必要だということを覚えてほしい。モトクロスのスタートでは、動物的なカンも要求されるし、「ドラッグレース」という、0〜400m加速(ほかにもある)だけを競うレースもあるほど。では、何を目安にするかというと、そのマシンの最大トルク発生回転数を生かすことである。回転計というのは、通常実際の回転より遅れて針が上昇するので、実際にシフトアッフを行うのは、それより約1000rpmほど低い回転数のときが適当だ。

50〜60km/hで走行する場合は、パワーバンドのいちばん下あたりの回転で行う。4速以上のシフトアップは、ギヤ比が接近しているのでクラッチを完全に切るというより、瞬時に指を当てる感じで操作すれば十分である。いずれにしろ、自分なりにシフト動作が最もスムースにできる方法を体得することが大切である。

せっかくのスピードが一時的に減速

動作にタイムラグがあると、せっかくのスピードが一時的に減速され、クラッチを継いだ瞬間にガクンと回復するので、スムースな加速は得られない。2速から3速へのシフトアップは、ナナハンや4ストロークのビッグシングルなら最大トルクの回転数まで、400マルチなら最もパワーレスホンスのよい回転域まで引っ張って、シフトを行う。

半クラッチとは、発進時の半クラッチではなく、走行中に使用する半クラッチ操作のことである。50〜125ccの小排気量のマシンや、2ストロークマシンでは、この半クラッチ操作が必要不可欠のテクニックとなる。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

ストッピングパワーなどの用語

・ストッピングパワー ブレーキ能力の大小を表現する言葉。 ・0〜400m加速 通常、「0〜4加速」といい、停止状態から400mを走行するのに要した時間を計測する。この0〜4加速は、ライダーのテクニック …

no image

日帰りツーリングでも400km程度の走行は可能

ツーリングのプランを立てる時、1日の走行距離を何畑におくかも論議の分かれるところだ。日帰りでは200〜250kmぐらいがよいという人が多いが、経験からいえば500kmを走ることも十分に可能といえそう。 …

no image

タンデムライダー-危険な走りになってしまったりすることも

バイクは、スポーツバイクのほとんどはタンデムシートが装備されているから、なんら不便はない。しかし、タンデム走行の場合は、いくらライダーがうまくてもタンデムライダーがずぶのシロウトだと、まったくの無意味 …

no image

昼間のヘッドライトの点灯の意味

昼間でもへッドライトを点灯して走っているバイクを見かける。たしかに、昼間でもへッドライトを点灯して走ることは、バイクの存在を他のクルマに知らせるには効果的。バックミラーにピカッとライトが反射すれば、だ …

no image

空ぶかしはエンジンに悪いしやめておこう

空ぶかし(レーシング)はなんの得にもならない。反対にデメリットは数え切れないほどだ。ブォーン、プォーンとゃるウォーミングアップもそうだ。多少、暖機運転の時間は短くなるが、エンジンの異常摩耗の早さはそれ …