スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのシフトアップのコツ

投稿日:

シフトアップの方法は、まず、開けたアクセルを瞬時に戻すと同時に、クラッチを切り、ギヤを2速に入れ、クラッチを離して、再びアクセルを開ける。実際の足の動作は、クラッチを切る瞬間に行うことが重要であり、アクセルを戻そうとするときには、クラッチに指がかかっていなければならない。つまり、アクセル、クラッチ、シフトの動作は、ほとんど同時に行われるということだ。

オートバイの発進加速は、テクニックとキャリアが必要だということを覚えてほしい。モトクロスのスタートでは、動物的なカンも要求されるし、「ドラッグレース」という、0〜400m加速(ほかにもある)だけを競うレースもあるほど。では、何を目安にするかというと、そのマシンの最大トルク発生回転数を生かすことである。回転計というのは、通常実際の回転より遅れて針が上昇するので、実際にシフトアッフを行うのは、それより約1000rpmほど低い回転数のときが適当だ。

50〜60km/hで走行する場合は、パワーバンドのいちばん下あたりの回転で行う。4速以上のシフトアップは、ギヤ比が接近しているのでクラッチを完全に切るというより、瞬時に指を当てる感じで操作すれば十分である。いずれにしろ、自分なりにシフト動作が最もスムースにできる方法を体得することが大切である。

せっかくのスピードが一時的に減速

動作にタイムラグがあると、せっかくのスピードが一時的に減速され、クラッチを継いだ瞬間にガクンと回復するので、スムースな加速は得られない。2速から3速へのシフトアップは、ナナハンや4ストロークのビッグシングルなら最大トルクの回転数まで、400マルチなら最もパワーレスホンスのよい回転域まで引っ張って、シフトを行う。

半クラッチとは、発進時の半クラッチではなく、走行中に使用する半クラッチ操作のことである。50〜125ccの小排気量のマシンや、2ストロークマシンでは、この半クラッチ操作が必要不可欠のテクニックとなる。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクで急坂を登るテクニックなど

・急坂登り リアに体重をかけて駆動力をいかに有効に伝えるかが成否のカギになる。急坂登りは体重移動が最大のポイント。緩い傾斜では腰を引いたポジションのほうがいい。左のステップに重心をおいた姿勢はもっと急 …

no image

自主トレーニングはやったら休む

自主トレーニングはやったら休む。これが長く続ける秘談。回復したらまたやる。この繰り返しである。夜はできるだけ早く寝る。タバコはやらない。これは百害あって一利なし。「なあんだ、意外と平凡だな」と思われる …

no image

バイクが転倒して場合に起こすコツ

転倒したマシンを引き起こすのは、センタースタンドを立てることより難しい。引き起こしのポイントは、重量の重いエンジン部を起こすことである。つまり、車体後部を起こすより、車体前部を起こしたほうが有効だとい …

no image

コーナリングの限界に挑むハングオンというテクニック

ハングオンというコーナリングフォームで走るメリットとしては、より高いスピードでコーナ ーをクリアできることで、ラップタイムを短縮させるのには絶対に必要なテクニックともいえる。だからといって、だれでもが …

no image

バイクではできるだけクラッチを切らないようにすること

コーナーで出口近くにきて、あわててクラッチをミートさせるが、今度はミッションが低かったりすると急に後輪にブレーキがかかり、スリップしたり、リーンしているボディが突然として立ち上がる現象が起きて、フロン …