スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのシフトアップのコツ

投稿日:

シフトアップの方法は、まず、開けたアクセルを瞬時に戻すと同時に、クラッチを切り、ギヤを2速に入れ、クラッチを離して、再びアクセルを開ける。実際の足の動作は、クラッチを切る瞬間に行うことが重要であり、アクセルを戻そうとするときには、クラッチに指がかかっていなければならない。つまり、アクセル、クラッチ、シフトの動作は、ほとんど同時に行われるということだ。

オートバイの発進加速は、テクニックとキャリアが必要だということを覚えてほしい。モトクロスのスタートでは、動物的なカンも要求されるし、「ドラッグレース」という、0〜400m加速(ほかにもある)だけを競うレースもあるほど。では、何を目安にするかというと、そのマシンの最大トルク発生回転数を生かすことである。回転計というのは、通常実際の回転より遅れて針が上昇するので、実際にシフトアッフを行うのは、それより約1000rpmほど低い回転数のときが適当だ。

50〜60km/hで走行する場合は、パワーバンドのいちばん下あたりの回転で行う。4速以上のシフトアップは、ギヤ比が接近しているのでクラッチを完全に切るというより、瞬時に指を当てる感じで操作すれば十分である。いずれにしろ、自分なりにシフト動作が最もスムースにできる方法を体得することが大切である。

せっかくのスピードが一時的に減速

動作にタイムラグがあると、せっかくのスピードが一時的に減速され、クラッチを継いだ瞬間にガクンと回復するので、スムースな加速は得られない。2速から3速へのシフトアップは、ナナハンや4ストロークのビッグシングルなら最大トルクの回転数まで、400マルチなら最もパワーレスホンスのよい回転域まで引っ張って、シフトを行う。

半クラッチとは、発進時の半クラッチではなく、走行中に使用する半クラッチ操作のことである。50〜125ccの小排気量のマシンや、2ストロークマシンでは、この半クラッチ操作が必要不可欠のテクニックとなる。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

街中をオートバイで走行する場合のポイント

オートバイで街中走行をする場合、好き嫌いにかかわらず、進路変更をするケースが実に多い。また、進路変更は、上手に行わないと事故に直結する場合もあるので、次の注意点を守ることである。 緊急に進路変更する必 …

no image

バイクのコーナリングの体の荷重の移動

どのコーナリングにもいえることだが、頭は必ず起して水平に近い状態にしていることが大切で、リーンと一緒に頭が傾くとバランスが崩れて非常に危険になる。手はハンドルグリップ以外は力を抜き、ブレーキやクラッチ …

no image

バイクにまたがる時に股を広げて乗らない

股をおっびろげて乗っている人がやたら多い。とくに若い人が得意がってやっているのには腹が立つ。膝を締めることの有効性を知っていながら、ニーグリップを使っていないからだ。ニーグリップという言葉を説明すれば …

no image

ロースタートでそのまま引っ張れるだけ引っ張っぱるのはよくない

よく街中で見かける光景だが、ローでスタートし、そのまま引っ張れるだけ引っ張っている人がいる。白煙を残して去っていく姿は絵になるが、あまりにも回転を上げて走ると馬脚をあらわす。ピークを超えたあとは出力は …

no image

バイクのクラッチのつなぎ方

バイクのクラッチの継ぎ具合と低速トルクのあるなしは、発進に大きく影響するので、体でタイミングを覚えることはもちろん、クラッチの遊びもつねに調整しておくことが大切である。また、発進時は車体を垂直に保ち、 …