スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのセットアップはソロ用にマッチングされている

投稿日:

日本で発売されている多くのバイクはそのほとんどが、2人乗りができるように設計されていて、ダブルシート、タンデムステップ、シートなど必要な装備がされている。しかし、ソロライディングが多いことはいうまでもなく、特異性からみても断然ソロライディングが有利だ。

最近は女性ライダーも急激に増えたが、タンデム走行をする姿も、まだまだ多くみかけられる。ソロとタンデム走行とでは、あらゆる面で条件が変ってくるので、十分なセットアップとテクニックをマスターすることが大切だ。

通常のバイクのセッティングはソロ用にマッチングされているから、これをタンデム用に変える必要が生じる。特に荷重のかかるリヤサスは堅目にセットアップし、これに合わせてフロントにもエア圧を加えるなどセッティング。タイヤの空気圧もタンデム体重分に合わせて上げてやる。セットアップしたらまたがってスタンドを下ろし上下に動かしてやって、サスが底付きしていないか、タイヤがぺっちゃんこになっていないかの確認をして出発だ。

ブレーキングポイントも早め早めにしていく

ブレーキ性能も下がり停止距離はソロより伸びるからスピードを低目に、ブレーキングポイントも早め早めにしていく。また、ブレーキを強く作動させるとフロントにかかる荷重も大きくなり、姿勢変化が思ったより大きくなる。このため車体の剛性が弱まりヨーイングやピッチングなどバランスを崩す運動が発生する可能性も高まる。

ライディングでも、ソロとの違いが現われるので対応が必要だ。バンク角は当然のことながら浅くなるから、コーナリングではリーンの角度を深くしないよう心掛けよう。ソロではステップホルダーから接地したのに、タンデムではマフラーやセンタースタンドから接地していくケースもあるから注意。

従って、急ブレーキや急ハンドルなどはできるだけ避けなければならない。特に小排気量の方が、こういった現象を引き起こすケースが強く、それだけ大排気量車のタンデム走行の方が有利といえそうだ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

2輪は危ない!?

公道では2輪と4輪は混走している。そこで4輪にいわせれば「2輪は危ない」。2輪にいわせれば「4輪、なかでもタクシーは危ない」とこうなってくる。これも考えてみれば当たりまえの話で、性格、性能ともに異なる …

no image

バイクの左右コーナー の走行テク

オートバイは、750ccや1000ccでもない限り、ちょっとした坂でもすぐにスピードが落ちてしまうので、坂道では、4速なり3速で走行するほうが望ましい。シフトダウンのタイミングは、スピードが落ちてから …

no image

大排気量のバイクをいきなり乗らないほうがいい

自分のテクニックでおよびもつかない大排気量のバイクに乗ったばっかりに、事故を起こし、高価なバイクをこわし、自分自身もケガをするかして、泣きをみるのはだれか。まして、死亡事故などを起こしてしまったら、金 …

no image

ハイウェイには危険がいっぱい

ハイウェイには危険がいっぱい。一歩間違えば、直接、死につながる。そこのところをよく考えて、服装を完全にととのえ、マシンをじゅうぶん点検し、気がまえもシャンとしたうえで、ハイウェイに乗り込もう。国内の高 …

no image

オフロード用ジャケットなどのバイク用品

ウェアは、通気性のよいトレーナーか、エンデューロジャケットと呼ばれるオフロード専用ジャケットが、動きやすく最満である。ゴーグルは、モトクロス用か、それにフェイスマスクを取りつけて使用するのがメジャーで …