スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクの運転でリアブレーキしか使わない人

投稿日:

フロント・ディスク、リア・ドラムの方式が一般的であるが、より扱いやすいリアブレーキだけで止める人がいる。赤信号で止めるときなど右手は完全に遊んでいる。右足だけで止めているのだ。ノロノロと走ってきて、それを止めるのならリアブレーキだけでもきくことはきく。たしかに止まってくれるのだ。だが、これをかなりスピードが乗っているときでもやっている人がいる。

また、これまで意識していてもいなくても股を開いたような格好で乗っていた人は、いますぐやめてもらいたい。危険であることはもちろんだが、はたから見ていてけっしてカッコいいものではない。ニーグリップをきかせて、スムーズにブレーキペダルを踏める姿勢こそが、最も自然で最も安全な2輪ライダー本来の姿であることを肝に銘じてほしい。

長い間にわたり、リアだけで止まるクセがしみついてしまったのだろうが、こんなブレーキングはダメ。なんのためにフロントブレーキが、それも後輪より制動力に優れたディスクブレーキがついているのだ。ブレーキング時には、ライダーをも含めた荷重のほとんどがフロントホイールにかかる。そのためタイヤと路面との摩擦力は増大し、ブレーキもよくきく、といった初歩的な理論がまるでわかっていない。大げさにいうなら、減速時の後輪は浮いてしまうのだ。

バランスの点でははるかにクルマに及ばない

オートバイは前後ふたつの車輪しかなく、バランスの点でははるかにクルマに及ばない。実際に前後両輪を同時にブレーキングする場を合、その比率はどのくらいがいいのかというと、フロント6に対してリア4の割合。だが慣れない人にいくら6対4といっても、そうそう実行できるものではない。そこで初心者は、まず前後を同時に半々の力、すなわち5対5でかけることをすすめる。

フロントに制動をかけないでリアだけを止めてしまえば、横すべりをすぐに起こす。試みに実験してみるといい。プラモデルでもミニチュアカーでも4輪が自由に回転するクルマを持ってくる。そして前2輪、後ろ2輪のどちらかをセロテープかなにかで止めて、すべりやすい板を斜めにしてその上に置いてみる。すると、フロントをロックさせたときはすべり落ちるにしてもまっすぐに進むが、リアをロックした場合には尻を振ってしまうはずだ。これだけでも、後輪だけで止めることがどんなに危険であるかわかるはず。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

モトクロスで使う筋肉のトレーニング法

プロの鍛練は、握力機を使って行うという。これはオートバイのハンドルを台に固定し、ブレーキ、クラッチ、アクセルの各ワイヤーを強力なスプリングで引っ張る構造になっており、オートバイに乗る感覚で握力を強化し …

no image

バイクのオフロードでの色々なテクニック

・川渡り ギアは低めにし、アクセルワークはできるだけ抑えてトルクで走りきる心がまえが大切だ。川渡りは水たまり走法とよく似ているが、川底は水ゴケなどすべりやすいものがひそんでいる。したがって水たまりを走 …

no image

フットレスト&ハンドなどのバイクの構造

・フートレスト&ハンド オートバイは、フートレストの位置とハンドルの形状によって、用途にマッチしたライディングホジションが確保されている。この2つは、非常に重要な部分であり、フートレスト位置やヘンドル …

no image

バイクに乗る際の基本フォームを知っておこう

国際A級ライダーでも、転倒が多くなったり、成績不振のときは、もう一度、走り込んで自分なりのフォームを再チェックしている。基本フォームからやり直すことは、けっして遠まわりにはならない。むしろ、よりハイテ …

no image

バイクのコーナリングテクニック

バイクは車体を寝かせてコーナーを曲がる。これは当然のこと。さらにコーナーが大きければ、すなわち半径が大きければ、あまり寝かすことなく高いスピードで走る。これは当然。すると速いコーナリングとは、より大き …