スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクの運転でリアブレーキしか使わない人

投稿日:

フロント・ディスク、リア・ドラムの方式が一般的であるが、より扱いやすいリアブレーキだけで止める人がいる。赤信号で止めるときなど右手は完全に遊んでいる。右足だけで止めているのだ。ノロノロと走ってきて、それを止めるのならリアブレーキだけでもきくことはきく。たしかに止まってくれるのだ。だが、これをかなりスピードが乗っているときでもやっている人がいる。

また、これまで意識していてもいなくても股を開いたような格好で乗っていた人は、いますぐやめてもらいたい。危険であることはもちろんだが、はたから見ていてけっしてカッコいいものではない。ニーグリップをきかせて、スムーズにブレーキペダルを踏める姿勢こそが、最も自然で最も安全な2輪ライダー本来の姿であることを肝に銘じてほしい。

長い間にわたり、リアだけで止まるクセがしみついてしまったのだろうが、こんなブレーキングはダメ。なんのためにフロントブレーキが、それも後輪より制動力に優れたディスクブレーキがついているのだ。ブレーキング時には、ライダーをも含めた荷重のほとんどがフロントホイールにかかる。そのためタイヤと路面との摩擦力は増大し、ブレーキもよくきく、といった初歩的な理論がまるでわかっていない。大げさにいうなら、減速時の後輪は浮いてしまうのだ。

バランスの点でははるかにクルマに及ばない

オートバイは前後ふたつの車輪しかなく、バランスの点でははるかにクルマに及ばない。実際に前後両輪を同時にブレーキングする場を合、その比率はどのくらいがいいのかというと、フロント6に対してリア4の割合。だが慣れない人にいくら6対4といっても、そうそう実行できるものではない。そこで初心者は、まず前後を同時に半々の力、すなわち5対5でかけることをすすめる。

フロントに制動をかけないでリアだけを止めてしまえば、横すべりをすぐに起こす。試みに実験してみるといい。プラモデルでもミニチュアカーでも4輪が自由に回転するクルマを持ってくる。そして前2輪、後ろ2輪のどちらかをセロテープかなにかで止めて、すべりやすい板を斜めにしてその上に置いてみる。すると、フロントをロックさせたときはすべり落ちるにしてもまっすぐに進むが、リアをロックした場合には尻を振ってしまうはずだ。これだけでも、後輪だけで止めることがどんなに危険であるかわかるはず。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクでコーナーを曲がる際の目線の移し方

目はあらゆる環境から情報を採り入れる大切な役割をする。直線では先へ先へと視線を移しながらバックミラー、両サイド、路面などを追いつづける。教習所で習うように例えば一本橋、走行ではあまり直前をみているとマ …

no image

周回コース・幹線コースの走り方など

周回コースとは、外周路のことであり、幹線コースとは、周回コースに通じる縦横のコースのことをいう。ここでの走行の際の注意点は、以下のとおりである。周回コースでは、トップギヤでのスムースな走行を心がけ、カ …

no image

バイクのブレーキングテクニックをマスターできるのか

ブレーキングのテクニックは無限の広がりを持つ。これほどむずかしいブレーキのかけ方を1カ月やそこらでマスターできるはずがない。しかし、走り出したからには止まらなければならない。ブレーキングに自信のない人 …

no image

バイクで急坂を登るテクニックなど

・急坂登り リアに体重をかけて駆動力をいかに有効に伝えるかが成否のカギになる。急坂登りは体重移動が最大のポイント。緩い傾斜では腰を引いたポジションのほうがいい。左のステップに重心をおいた姿勢はもっと急 …

no image

腹筋トレーニングメニュー

体力より精神力が問われるのがトレーニング。あせらずにコツコツと積み重ねてはじめて筋力が備わってくる。あせりは大敵だ。前側つまり腹筋を強化。腹筋の大切さはここであらためて説明するまでもないだろう。どんな …