スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクレースの世界最高峰

投稿日:

ロードレースは、日本をはじめ欧州、東南アジアなど、世界中で開催され、どこででも人気を集めている。世界最高峰のレースは、国際モーターサイクル協会が行う世界ロードレース選手権シリーズで、選手権では全12戦が組まれ、それぞれのポイントによってチャンピオンが決まり、世界チャンピオンの誕生となるわけだ。

ロードスポーツの極限は、なんといってもロードレースだといえるだろう。その中でも500ccレースともなると、時速300/h以上のハイスピードでコンマ1秒の激しい戦いが演じられ、コーナリングではひざを削りながらの豪快なハングオンのライディングがみられ、観ているものまでも圧倒するほどだ。

国内では、全日本選手権シリーズを頂点として、500cc、250cc、125ccの3クラスだけが行われている。ロードグランプリでは500ccを筆頭に、250cc、125ccのクラスで行われている。またこの他に、耐久レース(750cc)も別ワクの世界選手権シリーズとして行われ、全6戦が展開されている。

国内で最も観客の入るレースは

国内で最も観客の入るレースは、鈴鹿8時間耐久レースである。このレースには、2日間で20万人もの観客が入っている。これは、世界一の収容数といっても過言ではないだろう。国内ロードレースは、ライセンス制がとられていて、初心者はまずノービスライセンスからレースに出場する。それに勝っていくと翌年度からジュニアライセンスを取得でき、さらに国際B級ライセンス、国際A級ライセンスへと昇格していく。

この他、プロダクションレースや単気筒車だけのレース、2気筒車だけのレース、ビンテージバイクレースなどなど、バラエティに富んだレースが、最近はよく行われるようになってきている。もしも、バイクレースに興味のある方は、一度、サーキットへ観戦に行くといいだろう。間近で観るプロのレースの迫力はすごいということが分かるはずだ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのツーリングスポーツとアメリカンタイプについて

ここでは、アメリカンタイプとツーリングスポーツタイプのバイクについて紹介していこう。 ・アメリカンタイプ まっすぐ走って楽しむには、それ相応の個性が必要である。エンジンレイアウトからライディングポジシ …

no image

ノンスナッチスピードなどの用語

・ノンスナッチスピード マシンのトップギヤ(6速ギヤであれば6速)で走行できる最低速度のこと。ノッキング(不整爆発を生じ、エンジンがガクガクする)寸前のときのスピードを計測する。 ・ニュートラルステア …

no image

スーパースポーツバイクの乗り方

スーパースポーツのフートレストにのせる部分は、土踏まずが基本であり、足を移動せず、足首の移動だけで、ブレーキングやシフト動作ができることが大切だ。両ひざは、つねに力を入れて締めつける必要はなく、軽くタ …

no image

バイクで走る際に季節の変化に対応する

ツーリングに行く時はその季節に合ったウェアと装備を身に付けて行くことが大切で、寒い季節は寒いなりに、暑い季節には暑いなりのよさがあり、多少は厳しさがあったほうが、あとあとの思い出も強く残り、ツーリング …

no image

バンクして曲がるのはバイクの醍醐味

バンクして曲がるのは、オートバイの醍醐味でもあり、スピードとバンク角の計算=テクニックといっても過言ではない。コーナーリングのフォームは4態あるが、これらをどのように使い分けるかは、非常に難しい。オン …