スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのライディングフォームはおかしくないですか?

投稿日:

マシンは、二輪で走っているために平衡感覚によるバランスが非常に大切だ。放っておけば転倒するし、止まっている時も足を着いたり、スタンドをかけなければ転んでしまう。従って、マシンに乗っている時は、ライダーは常にバランスを心掛けなければならない。

あれ、あいつなんとなくおかしいな、なんて思ってしまうことがある。よくみると、ライダーの頭が傾いていたり、マシンに対してライダーの中心(お尻の穴)がずれているライディングフォームになっているのだが、これは非常に危険だ。初めからバランスを崩してしまっているわけで、これではまともなコーナリングはできないし、とっさの際に大きくバランスを崩して転倒することも多い。

コーナリングでライディングフォームを変え、左右の対称を崩すのはリーンする際のバランスをとるためであって、用もないのにストレートを走っているライダーが傾いて乗っていたのでは最悪の事態だ。特に恐いのはストレートを走っているのに身体が曲がってしまっているライダーと、コーナリング中に頭が傾いてしまうライダーも多い。もし、自分のフォームが心配だったら友人や走っている人に自分のフォームはまっすぐか、と聞いて確認してもらいたい。

クラッチを握らないギアチェンジ

バイクでは、クラッチを握らないでギアチェンジを行うことができる。やり方は簡単。アクセルを開けて加速してシフトアップする瞬間にアクセルを閉じ、足だけの操作でシフトアップを完了、次の瞬間にはもうアクセルを開けて次の加速に入っている。まずは指一本での操作をクリアしてからノンクラッチ操作に挑戦してみたい。

間違ってもアクセルを開いたままで操作したり、シフトミスをしないことだ。これをやってしまうとエンジンが吹き上がりオーバーブ、といった現象を起こし、瞬間的にレッドゾーンをオーバーする回転数になり、焼き付きを起こしてしまうのが恐いのだ。くり返しでトップまでシフトアップしていくことができる。この操作で注意することは、アクセルを確実に戻し、確実にシフトアップすること。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

周回コース・幹線コースの走り方など

周回コースとは、外周路のことであり、幹線コースとは、周回コースに通じる縦横のコースのことをいう。ここでの走行の際の注意点は、以下のとおりである。周回コースでは、トップギヤでのスムースな走行を心がけ、カ …

no image

女性のバイク選びなどのポイント

お金があったら新車を買うことをおすすめする。もちろんクレジットで十分だ。どうしてもお金を工面できないのならしかたがないが、250ccや400ccの中古のオートバイはビギナーが乗っていたケースが多く、1 …

no image

コーナーでのブレーキコントロール

進行方向にコーナーがせまってきたとしよう。教習所では十分に手前からブレーキをかけて車速を落としてゆっくりコーナーを回ること、なんて習う。しかし、実際はコーナーでマシンはリーン(車体を傾ける)するのだか …

no image

ライダーが姿勢を変化させることでバンクさせる

人事一体となっての自然なバンクがむずかしいので、ライダーが姿勢を変化させることでバンクさせる。その方法とは、バンクさせようとする側の肩を前に出す。右コーナーなら右肩を、左コーナーなら左肩を押し出すよう …

no image

バイクのコーナリングテクニック

バイクは車体を寝かせてコーナーを曲がる。これは当然のこと。さらにコーナーが大きければ、すなわち半径が大きければ、あまり寝かすことなく高いスピードで走る。これは当然。すると速いコーナリングとは、より大き …