スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのライディングフォームはおかしくないですか?

投稿日:

マシンは、二輪で走っているために平衡感覚によるバランスが非常に大切だ。放っておけば転倒するし、止まっている時も足を着いたり、スタンドをかけなければ転んでしまう。従って、マシンに乗っている時は、ライダーは常にバランスを心掛けなければならない。

あれ、あいつなんとなくおかしいな、なんて思ってしまうことがある。よくみると、ライダーの頭が傾いていたり、マシンに対してライダーの中心(お尻の穴)がずれているライディングフォームになっているのだが、これは非常に危険だ。初めからバランスを崩してしまっているわけで、これではまともなコーナリングはできないし、とっさの際に大きくバランスを崩して転倒することも多い。

コーナリングでライディングフォームを変え、左右の対称を崩すのはリーンする際のバランスをとるためであって、用もないのにストレートを走っているライダーが傾いて乗っていたのでは最悪の事態だ。特に恐いのはストレートを走っているのに身体が曲がってしまっているライダーと、コーナリング中に頭が傾いてしまうライダーも多い。もし、自分のフォームが心配だったら友人や走っている人に自分のフォームはまっすぐか、と聞いて確認してもらいたい。

クラッチを握らないギアチェンジ

バイクでは、クラッチを握らないでギアチェンジを行うことができる。やり方は簡単。アクセルを開けて加速してシフトアップする瞬間にアクセルを閉じ、足だけの操作でシフトアップを完了、次の瞬間にはもうアクセルを開けて次の加速に入っている。まずは指一本での操作をクリアしてからノンクラッチ操作に挑戦してみたい。

間違ってもアクセルを開いたままで操作したり、シフトミスをしないことだ。これをやってしまうとエンジンが吹き上がりオーバーブ、といった現象を起こし、瞬間的にレッドゾーンをオーバーする回転数になり、焼き付きを起こしてしまうのが恐いのだ。くり返しでトップまでシフトアップしていくことができる。この操作で注意することは、アクセルを確実に戻し、確実にシフトアップすること。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのギアを常にトップに入れたい人

走っているとき、何速にはいっているのだろうと気になって仕方がない、という場合がしばしばある。これは走り出すとすぐにシフトアップしたがり、つねにトップで走っていないといけないと思い込んでいるような初心者 …

no image

2輪は危ない!?

公道では2輪と4輪は混走している。そこで4輪にいわせれば「2輪は危ない」。2輪にいわせれば「4輪、なかでもタクシーは危ない」とこうなってくる。これも考えてみれば当たりまえの話で、性格、性能ともに異なる …

no image

ハイウェイには危険がいっぱい

ハイウェイには危険がいっぱい。一歩間違えば、直接、死につながる。そこのところをよく考えて、服装を完全にととのえ、マシンをじゅうぶん点検し、気がまえもシャンとしたうえで、ハイウェイに乗り込もう。国内の高 …

no image

エンジンのトルクや馬力について

トルクは、軸をねじる力のことで、エンジンの力をあらわす単位である。つまり、最大トルクが高いほど、エンジンの力(回転力)が強いことになる。ところで、諸元表の見方だが、大切なのは最大出力や最大トルクの数値 …

no image

ニーグリップとは何か知っていますか?

ニーグリップは人間がオートバイと一体になって走るのに絶対に欠かせない要素だ。そもそも2輪は腰かけて乗るものではない。またがるものなのだ。ドッカと尻をシートに置いて乗るものではない。乗馬を思い出してもら …