スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクでの追い越しでは事故に気をつけよう

投稿日:

直線や登り坂、下り坂での追い越しをする条件としては、対向車がいないこと、追い越した後に自分の入れるスペースが十分にあること、路地からクルマや子供などが飛び出してこない確認が得られることなどが必要。

道路を走っていれば、必ずといってよいほど遅いクルマに出くわす。最近の市街地道路のほとんどは追い越し禁止か、追い越しのためのはみ出しが禁止されているが、オートバイは車幅が狭いし加速性能に優れているから、ついつい追い越しをするケースが増える。追い越しは進路を変える、対向車線に出る、急加速するなど、危険性を含んだ行為だけに慎重な判断・行動が大切で、特に迷ったら追い越すな、が鉄則だ。

追い越した後にオマワリさんが待っていることは多い。例えば、トラックの多い登り坂は、追い越しをするライダーが多いのでオマワリさんが待ち受けているのだ。また、前車の動きを読むことも重要なポイント。

四輪車の免許を持っている人は

四輪車の免許を持っている人は、自分がクルマに乗った時の状態がわかるから判断もつけやすいが、クルマの免許を持たない人は、クルマの動きを細かくは見極められないケースが多いので残念。前車のドライバーは、自分を確認しているかどうか、もう一度考えてみよう。

さて、コーナーの多いワインディングロードではどうだろう。コーナーで追い越すのは、危険性が高いので、入口よりは立ち上がりからストレートにかけての方がよい。クルマは入口より、コーナー深く入る時の方がスピードが落ちてくるから抜かしやすいし、対向車の確認もできる。その際はへッドライトを点灯させ、ウィンカーで、必ず前車や対向車に合図を送ること。

追い越さずにすめばそれにこしたことはないが、どうしても追い越さなければならない場合も出てくる。それは、前を走っているバスやクルマが、手を振って先に行けと合図している場合や、前のクルマが遅く、自分の後ろにもクルマが渋滞していて、追い越していくことが交通の円滑な動きになるような時だが、こういった場合もとにかく気をつけることだ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

ブレーキレバーの握り方

基本のライディングフォームを正確に自分のものにすること。クラッチ付きのスポーティバイクでさえあれば、いくらでも習得できるし、さらにハイテクニックにすすむことも可能だ。アクセルワークは発進時だけでなく、 …

no image

バンクして曲がるのはバイクの醍醐味

バンクして曲がるのは、オートバイの醍醐味でもあり、スピードとバンク角の計算=テクニックといっても過言ではない。コーナーリングのフォームは4態あるが、これらをどのように使い分けるかは、非常に難しい。オン …

no image

バイクのスタートの上手、下手-クラッチなどのメカニズム

スタートの上手、下手は、その人の運転テクニックとともに2輪のメカニズムの知識のほどがよくわかる。テクニック的にうまくなくても、メカニズムを知っていればガツン、という音を発しての発進などしない。回転を上 …

no image

怪我による出血の手当の知識

マスツーリングやモータースポーツを楽しむにも、最低限の応急手当のしかたぐらいは覚えておく必要があり、専門書も多数市販されているので、ぜひ勉強し、自信を持って手当できるようになってほしい。実際の手当には …

no image

バイクのライディングフォームはおかしくないですか?

マシンは、二輪で走っているために平衡感覚によるバランスが非常に大切だ。放っておけば転倒するし、止まっている時も足を着いたり、スタンドをかけなければ転んでしまう。従って、マシンに乗っている時は、ライダー …