バイク

バイクでの追い越しでは事故に気をつけよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

直線や登り坂、下り坂での追い越しをする条件としては、対向車がいないこと、追い越した後に自分の入れるスペースが十分にあること、路地からクルマや子供などが飛び出してこない確認が得られることなどが必要。

道路を走っていれば、必ずといってよいほど遅いクルマに出くわす。最近の市街地道路のほとんどは追い越し禁止か、追い越しのためのはみ出しが禁止されているが、オートバイは車幅が狭いし加速性能に優れているから、ついつい追い越しをするケースが増える。追い越しは進路を変える、対向車線に出る、急加速するなど、危険性を含んだ行為だけに慎重な判断・行動が大切で、特に迷ったら追い越すな、が鉄則だ。

追い越した後にオマワリさんが待っていることは多い。例えば、トラックの多い登り坂は、追い越しをするライダーが多いのでオマワリさんが待ち受けているのだ。また、前車の動きを読むことも重要なポイント。

四輪車の免許を持っている人は

四輪車の免許を持っている人は、自分がクルマに乗った時の状態がわかるから判断もつけやすいが、クルマの免許を持たない人は、クルマの動きを細かくは見極められないケースが多いので残念。前車のドライバーは、自分を確認しているかどうか、もう一度考えてみよう。

さて、コーナーの多いワインディングロードではどうだろう。コーナーで追い越すのは、危険性が高いので、入口よりは立ち上がりからストレートにかけての方がよい。クルマは入口より、コーナー深く入る時の方がスピードが落ちてくるから抜かしやすいし、対向車の確認もできる。その際はへッドライトを点灯させ、ウィンカーで、必ず前車や対向車に合図を送ること。

追い越さずにすめばそれにこしたことはないが、どうしても追い越さなければならない場合も出てくる。それは、前を走っているバスやクルマが、手を振って先に行けと合図している場合や、前のクルマが遅く、自分の後ろにもクルマが渋滞していて、追い越していくことが交通の円滑な動きになるような時だが、こういった場合もとにかく気をつけることだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加