スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのオフロードでの色々なテクニック

投稿日:

・川渡り

ギアは低めにし、アクセルワークはできるだけ抑えてトルクで走りきる心がまえが大切だ。川渡りは水たまり走法とよく似ているが、川底は水ゴケなどすべりやすいものがひそんでいる。したがって水たまりを走るよりも慎重に走る必要がある。それに川底に石ころがころがっていることが多く、ハンドルも取られがちだ。こんなときは無理に直進しようとせず、バランスを保ちながら走る。

・倒木越え

倒木の前でハンドルを引き、アクセルを開けて前輪を上げて倒木を越える。倒木越えにはウイリーのテクニックが流用できる後輪はそのまま倒木を踏むようにして乗り越える。注意するのは後輪にパワーをかけすぎないこと。倒木はすべりやすいのだ。

・水たまり

ステップに両足をふんばり、重心を下げて走る。水たまりでのポジションは中腰。アクセルは一定にし、ギアは低めを保つ。高いギアではエンストのおそれがある。またシートに腰をおろし足を上げて走る人がいるが、あれはやめたい。バランスを失う原因だ。

砂利や玉石が散乱している場所

アクセルは一定で、リズミカルに走るのがコツだ。河原のように砂利や玉石が散乱している場所では、下半身を使ってオートバイとともに走る感じで乗りきる。砂利の上は比較的走りやすいが、玉石はすべりやすくて走りにくい。こんなときこそ中腰でバランスを取りながら走る必要がある。また、できるだけ障害物が少ない場所を瞬時に判断することも大切だ。

・急坂下り

急坂下りは体重を後ろへ持っていくことが最大のポイント。急だと転倒することもある。またエンジンブレーキも最大限に活用すべきだ。用意にアクセルを開けると危険が大きい。

・スタート

急激にクラッチミートすればフロントが浮いてしまい、加速どころではなくなってしまう。スタートは回転を上げてクラッチをミートすれば早い、と思いがちだがそれも程度問題。また急にアクセルを開けるのも考えもの。混合気が薄くなってしまい、エンジンがアクセルについてこなくなるのだ。姿勢はやや前傾にする。そしてスムーズにクラッチをつなぎ、なめらかに加速だ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

タイトコーナーで重要なのはブレーキングと失速しないこと

タイトコーナーで最も重要なのは、ブレーキングはもちろんだが失速しないことである。つまり、減速オーバーにならないということだ。コーナーの入口では、2速なり3速に減速されていることはもとより、パワーバンド …

no image

バイクでエアブレーキを使うテクニック

エアブレーキは、前後のシステムブレーキ、エンジンブレーキに次ぐ第3のブレーキとして認識されている。つまり、空気抵抗によるブレーキだ。トラックなどの大型車のブレーキに「エアブレーキ」というブレーキがある …

no image

バイクのツーリングスポーツとアメリカンタイプについて

ここでは、アメリカンタイプとツーリングスポーツタイプのバイクについて紹介していこう。 ・アメリカンタイプ まっすぐ走って楽しむには、それ相応の個性が必要である。エンジンレイアウトからライディングポジシ …

no image

バイクの単気筒や2気筒などのエンジンの特徴

・単気筒(シングル) 排気音は“ドッドッドッドッ”と力強い。また、スリムなシングルは、軽量を利して、コーナーの取り回しも非常によい。欠点は、極低回転時の安定が悪い点と、太きな振動である。適 …

no image

バイクにまたがる時に股を広げて乗らない

股をおっびろげて乗っている人がやたら多い。とくに若い人が得意がってやっているのには腹が立つ。膝を締めることの有効性を知っていながら、ニーグリップを使っていないからだ。ニーグリップという言葉を説明すれば …