スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのオフロードでの色々なテクニック

投稿日:

・川渡り

ギアは低めにし、アクセルワークはできるだけ抑えてトルクで走りきる心がまえが大切だ。川渡りは水たまり走法とよく似ているが、川底は水ゴケなどすべりやすいものがひそんでいる。したがって水たまりを走るよりも慎重に走る必要がある。それに川底に石ころがころがっていることが多く、ハンドルも取られがちだ。こんなときは無理に直進しようとせず、バランスを保ちながら走る。

・倒木越え

倒木の前でハンドルを引き、アクセルを開けて前輪を上げて倒木を越える。倒木越えにはウイリーのテクニックが流用できる後輪はそのまま倒木を踏むようにして乗り越える。注意するのは後輪にパワーをかけすぎないこと。倒木はすべりやすいのだ。

・水たまり

ステップに両足をふんばり、重心を下げて走る。水たまりでのポジションは中腰。アクセルは一定にし、ギアは低めを保つ。高いギアではエンストのおそれがある。またシートに腰をおろし足を上げて走る人がいるが、あれはやめたい。バランスを失う原因だ。

砂利や玉石が散乱している場所

アクセルは一定で、リズミカルに走るのがコツだ。河原のように砂利や玉石が散乱している場所では、下半身を使ってオートバイとともに走る感じで乗りきる。砂利の上は比較的走りやすいが、玉石はすべりやすくて走りにくい。こんなときこそ中腰でバランスを取りながら走る必要がある。また、できるだけ障害物が少ない場所を瞬時に判断することも大切だ。

・急坂下り

急坂下りは体重を後ろへ持っていくことが最大のポイント。急だと転倒することもある。またエンジンブレーキも最大限に活用すべきだ。用意にアクセルを開けると危険が大きい。

・スタート

急激にクラッチミートすればフロントが浮いてしまい、加速どころではなくなってしまう。スタートは回転を上げてクラッチをミートすれば早い、と思いがちだがそれも程度問題。また急にアクセルを開けるのも考えもの。混合気が薄くなってしまい、エンジンがアクセルについてこなくなるのだ。姿勢はやや前傾にする。そしてスムーズにクラッチをつなぎ、なめらかに加速だ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクレースの世界最高峰

ロードレースは、日本をはじめ欧州、東南アジアなど、世界中で開催され、どこででも人気を集めている。世界最高峰のレースは、国際モーターサイクル協会が行う世界ロードレース選手権シリーズで、選手権では全12戦 …

no image

バイクのミッションのギアチェンジのコツなど

レースなどでは、たった1回のギヤシフトミスが勝負の別れ道につながることが多く、常に適切なミッションの選択と操作が要求されるほど。一般にも共通することは多く、例えばワインディングロードで速く走れるライダ …

no image

クランクや8の字カーブのポイント

モトクロスにしろ、トライアルにしろ、形は異なっても、8の字をできるだけ速く走ったり、小さく走ったりするのは、体をウォーミングアップするのに最適な方法であり、取り回しの基本ライディングともいわれているほ …

no image

日帰りツーリングでも400km程度の走行は可能

ツーリングのプランを立てる時、1日の走行距離を何畑におくかも論議の分かれるところだ。日帰りでは200〜250kmぐらいがよいという人が多いが、経験からいえば500kmを走ることも十分に可能といえそう。 …

no image

レースで見られるリーンイン時のひざの擦れ

大陸の広大な背景のもとに、ゆったりとしたライディングポジションを持ち、スピードにとらわれない走りが特徴で、アメリカンチョッパーに代表されるような大きなアップハンドルと前寄りのステップバー、小径のリヤホ …