スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクに乗るなら姿勢を良くして乗ろう

投稿日:

腰をキメるのに案外簡単な方法がある。それは背すじを伸ばしてバイクに乗ることだ。実際に試してみれば、その結論はすぐにでも導き出せるはずだ。背すじを伸ばすことによって腰が安定し、下半身に思ったとおりの力がみなぎり、考えもっかないほど軽やかにバイクを操ることができる。これは人体の生理的な要因によるもので、背すじと腰、それに膝、脚と、切っても切れない関連性があるからにほかならない。

オートバイは4輪と違って、ハンドルを切っただけでは曲がってくれない。つまり、腰をキメて、バイクをバンクさせないといけない。腰は、膝、脚とともに、バイクと体を一体化させる重要なポイントになる。腰をキメるというのは具体的には、上半身の力は腰を支点として尻を介してシートに伝わり、下半身の力はニーグリップを介してバイクを体ごと倒し込めるわけだから、思いどおりのコーナリングができるのだ。

上半身と下半身をつなぐいちばん重要な支点

腰はどんな場合でも、上半身と下半身をつなぐいちばん重要な支点でもある。ネコ背のライディングポジションがよくない理由として、生理的要因のほかにバイクの運動メカニズムの面にも影響を与えるから。というのは、ネコ背姿勢を取ることによって、体重がシートよりハンドルにかかる比重が大きくなる。そうなるとハンドルグリップにしがみつく状態におちいり、ひいては、ハンドル操作もままならないという危険な状態を招くことになるのだ。

ネコ背とシャキッと背すじを伸ばしたライディングフォームとでは、どちらが楽か、そして自然体がいかにマシン操作をスムーズにするかということ。それはあなた自身で実際に試してみれば、いちばん手っとり早く理解できることだ。背中を丸めるとどうしても肩の力が抜けず、背すじが痛くなったり、腕がパンパンに張ってしまい、これはとても長時間続けることができない姿勢なのである。やはり基本のライディングポジションがいかに大事なことかを理解できたかと思う。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

スーパースポーツバイクの乗り方

スーパースポーツのフートレストにのせる部分は、土踏まずが基本であり、足を移動せず、足首の移動だけで、ブレーキングやシフト動作ができることが大切だ。両ひざは、つねに力を入れて締めつける必要はなく、軽くタ …

no image

エンジンのトルクや馬力について

トルクは、軸をねじる力のことで、エンジンの力をあらわす単位である。つまり、最大トルクが高いほど、エンジンの力(回転力)が強いことになる。ところで、諸元表の見方だが、大切なのは最大出力や最大トルクの数値 …

no image

事故が最も多いのは交差点

事故が最も多く発生するのは交差点。出合いがしらの接触や衝突はあとを絶たないようだ。スピードがさほど出ていないのでクルマならボディをへこませる程度ですむ場合が多く、オートバイでは転倒ということも考えられ …

no image

フレキシブルなどの用語

・フレキシブル 低中速トルクが強く、上り坂でも出足がよい。しかも、高速パワーも十分で、回転に伸びがあり、いかなる場所でもパワフルに走るエンジンを、「フレキシブルなエンジン」とか、「フレキシブルなパワー …

no image

S字コーナーのラインどりについて

S字コーナーのラインどりは、勾配や、コーナーのR(半径)、路面状態などによって変わるものだが、基本は2つめのコーナーを外側にふくらまずに通過することであり、そうすればおのずと、切り返すポイントやライン …