スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクに乗るなら姿勢を良くして乗ろう

投稿日:

腰をキメるのに案外簡単な方法がある。それは背すじを伸ばしてバイクに乗ることだ。実際に試してみれば、その結論はすぐにでも導き出せるはずだ。背すじを伸ばすことによって腰が安定し、下半身に思ったとおりの力がみなぎり、考えもっかないほど軽やかにバイクを操ることができる。これは人体の生理的な要因によるもので、背すじと腰、それに膝、脚と、切っても切れない関連性があるからにほかならない。

オートバイは4輪と違って、ハンドルを切っただけでは曲がってくれない。つまり、腰をキメて、バイクをバンクさせないといけない。腰は、膝、脚とともに、バイクと体を一体化させる重要なポイントになる。腰をキメるというのは具体的には、上半身の力は腰を支点として尻を介してシートに伝わり、下半身の力はニーグリップを介してバイクを体ごと倒し込めるわけだから、思いどおりのコーナリングができるのだ。

上半身と下半身をつなぐいちばん重要な支点

腰はどんな場合でも、上半身と下半身をつなぐいちばん重要な支点でもある。ネコ背のライディングポジションがよくない理由として、生理的要因のほかにバイクの運動メカニズムの面にも影響を与えるから。というのは、ネコ背姿勢を取ることによって、体重がシートよりハンドルにかかる比重が大きくなる。そうなるとハンドルグリップにしがみつく状態におちいり、ひいては、ハンドル操作もままならないという危険な状態を招くことになるのだ。

ネコ背とシャキッと背すじを伸ばしたライディングフォームとでは、どちらが楽か、そして自然体がいかにマシン操作をスムーズにするかということ。それはあなた自身で実際に試してみれば、いちばん手っとり早く理解できることだ。背中を丸めるとどうしても肩の力が抜けず、背すじが痛くなったり、腕がパンパンに張ってしまい、これはとても長時間続けることができない姿勢なのである。やはり基本のライディングポジションがいかに大事なことかを理解できたかと思う。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのフロントとリアのブレーキの制動力

一般的にはフロントブレーキのほうが強力かつ有効的であり、最近のスポーツパイクはフロントはダブルディスクブレーキ、リヤにはシングルディスクブレーキを採用している例が多い。例えば、ロードレースではフロント …

no image

バイクのオフロードでの色々なテクニック

・川渡り ギアは低めにし、アクセルワークはできるだけ抑えてトルクで走りきる心がまえが大切だ。川渡りは水たまり走法とよく似ているが、川底は水ゴケなどすべりやすいものがひそんでいる。したがって水たまりを走 …

no image

昼間のヘッドライトの点灯の意味

昼間でもへッドライトを点灯して走っているバイクを見かける。たしかに、昼間でもへッドライトを点灯して走ることは、バイクの存在を他のクルマに知らせるには効果的。バックミラーにピカッとライトが反射すれば、だ …

no image

バイクで足が届かない場合

走っているときはシート高なんてたしかに気にしなくてもよい。しかし問題は交差点で停止したときだ。この場合も、バランスをうまく取って、どちらかのつま先が地面についていれば問題ない。ただし、これはある程度、 …

no image

ロースタートでそのまま引っ張れるだけ引っ張っぱるのはよくない

よく街中で見かける光景だが、ローでスタートし、そのまま引っ張れるだけ引っ張っている人がいる。白煙を残して去っていく姿は絵になるが、あまりにも回転を上げて走ると馬脚をあらわす。ピークを超えたあとは出力は …