スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクを寝かせるまでのコツ

投稿日:

ハンドルを無理に内側に曲げたり、上体を硬くしたりさえしなければ、どの方法でもいいし、ド半身を使ってスムースにバンクできれば、あとは個人差があってもかまわないと思う。重要なのは、バンク角の保持である。つまり、必要とするバンク角まで寝かし込んだら、その角度をヒタリと安定させ、クリッピングポイント(コーナー最深部で、ここからマシンを引き起こし、立ち上がりにかかる)まで持っていく。

外側のニーグリップを効かせる、内側のフートレストに力を入れて体を寝かせる、内側のひざを開いて重心を内側へずらす、お尻を内側へずらす、体全体の力を一瞬抜き、次に人車一体となって内側に寝るなど、いろいろあるが、実際はこれらを併用して”きっかけ”とするケースがほとんど。

ブレーキをかけると、必然的にフロントフォークが目いっはい沈み込み、解除すると、スーッと伸びてくる。マシンを寝かし込むには、このフロントフォークが目いっはい沈み込み、これから伸びようとするときが、最もよいタイミングであるということを体で知ることである。このタイミングをつかんだら、次はマシンを寝かし込む”きっかけ”を、自分なりにつくりだす。ブレーキングがうまくできて、前後のブレーキをボンと解除したからといって、すぐにマシンが寝てくれるわけではない。

コーナーリングのポイント

主に外側のニーグリップおよび足首でのホールド、外足荷重、そして安定した無理のないフォームで保持させるのがコツである。タイミング、きっかけ、そしてバンク角の保持と、この3つがコーナーリングのポイントであることを、よく覚えておくことだ。

コーナーリングスピード30km/h以下で回るコーナーを、タイトコーナーという。この種のコーナーは、通常アップダウンを伴い、道幅も狭い場合が多い。タイトコーナーはフルブレーキング、マシンの寝かし込み、バンク保持、そして立ち上がりというように動作が忙しく、スヒードも遅いので、マシンのバランスを失いやすい。ビギナーや女性は、まずタイトコーナーから十分に練習すべきだろう。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

スローインファーストアウト走行

スピードであり十分にスピードを落とさずにコーナーに入ると必ず膨らんでアウトのガードレールにぶつかるか、リーンさせすぎて転倒するかである。これがブラインドコーナーだとさらに危険性が高くなり、路面の凹凸や …

no image

バイクで走る際に季節の変化に対応する

ツーリングに行く時はその季節に合ったウェアと装備を身に付けて行くことが大切で、寒い季節は寒いなりに、暑い季節には暑いなりのよさがあり、多少は厳しさがあったほうが、あとあとの思い出も強く残り、ツーリング …

no image

コーナリングは登りと下りとどっちがむずかしい?

コーナリングは登りと下りとどっちがむずかしい、と聞かれて、登りと答えるようではダメ。そう思ったあなたはまだまだ修業が足りない。登りより下りのほうがはるかにむずかしい。下りをマスターできたら一流というこ …

no image

バイクではキープレフトを守るようにしよう

バイクで道路を走行する際、もし、左端を走ろうとしたら、ライダーは常に前方にある障害物に気をくばってこれをよけるために、そのたびに疲れてしまう。周囲の状況を十分に把握しながら走るこ必要となる。これらのこ …

no image

バイクでもキャンピングは可能

いろいろなことを経験するといったことから、できる限りキャンピングでのツーリングをすすめたい。年をとってから何泊ものキャンプ生活はとても厳しく、できるものではないし、思い出をより深めるためにもキャンプは …