バイク

バイクを寝かせるまでのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハンドルを無理に内側に曲げたり、上体を硬くしたりさえしなければ、どの方法でもいいし、ド半身を使ってスムースにバンクできれば、あとは個人差があってもかまわないと思う。重要なのは、バンク角の保持である。つまり、必要とするバンク角まで寝かし込んだら、その角度をヒタリと安定させ、クリッピングポイント(コーナー最深部で、ここからマシンを引き起こし、立ち上がりにかかる)まで持っていく。

外側のニーグリップを効かせる、内側のフートレストに力を入れて体を寝かせる、内側のひざを開いて重心を内側へずらす、お尻を内側へずらす、体全体の力を一瞬抜き、次に人車一体となって内側に寝るなど、いろいろあるが、実際はこれらを併用して”きっかけ”とするケースがほとんど。

ブレーキをかけると、必然的にフロントフォークが目いっはい沈み込み、解除すると、スーッと伸びてくる。マシンを寝かし込むには、このフロントフォークが目いっはい沈み込み、これから伸びようとするときが、最もよいタイミングであるということを体で知ることである。このタイミングをつかんだら、次はマシンを寝かし込む”きっかけ”を、自分なりにつくりだす。ブレーキングがうまくできて、前後のブレーキをボンと解除したからといって、すぐにマシンが寝てくれるわけではない。

コーナーリングのポイント

主に外側のニーグリップおよび足首でのホールド、外足荷重、そして安定した無理のないフォームで保持させるのがコツである。タイミング、きっかけ、そしてバンク角の保持と、この3つがコーナーリングのポイントであることを、よく覚えておくことだ。

コーナーリングスピード30km/h以下で回るコーナーを、タイトコーナーという。この種のコーナーは、通常アップダウンを伴い、道幅も狭い場合が多い。タイトコーナーはフルブレーキング、マシンの寝かし込み、バンク保持、そして立ち上がりというように動作が忙しく、スヒードも遅いので、マシンのバランスを失いやすい。ビギナーや女性は、まずタイトコーナーから十分に練習すべきだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加