スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのミッションの重要性

投稿日:

ミッションは多ければ、それだけ有利な走りが可能だが多くすればするほど操作が忙しくなり実用性から遠ざかっていくため、現在では6段が限界と考えられているのだろう。エンジンは何回転、スピードは何km/hでどのミッションを使用するかはそのマシンの性能曲線によって知ることができるから、しっかりと頭にたたき込んでおく必要がある。

マシンのパワーを十分に引き出すためには、ミッションをいかに適切に選んで走行するかが重要なポイントとなってくる。例えば昔、ホンダが世界GP125ccクラスに出場させるために製作したマシンは、6段以上のミッションを搭載したほどで、現在では規定により6段以上のミッションの採用は禁止されているのでこのようなマシンはないが、それほどミッションの占める割り合いは高くシフト操作も大切なことを示すものだ。

あとは、こまめにシフト操作を行うことがより速くスムーズな走りを生むことにつながる。特に峠道やワインディングロードを走る時は、常に一定以上の回転数を保ためにも適格なシフト操作が大切になり、シフト操作の回数も必然的に増える。シフト操作がへたなライダーとでは大きな差が出てしまう。

エンジンのタイプと排気量

バイクには、その性能を大きく性格づけるものとして、エンジンのタイプと排気量がある。このうち、排気量の差によって性格が変わることはだれもがわかるが、エンジンのタイプではどうだろう。エンジンのタイプは、大別すると2サイクルと4サイクルになる。2サイクルエンジンは、シンプルな構造と大きな瞬発力を特徴としているが、4サイクルエンジンは、排吸力や大きな排気量が特徴で、大きなトルクとより静かな排気音を求めることができる。

最近は高回転型エンジンや2サイクルスポーツモデルが人気を呼んでいるが、これらのバイクはなおさらシフト操作が必要だ。特に、2サイクル車は高回転域での走りが勝負であり、例えばカワサキKR250は7千回転以下ではトロくて走れないほどだから、逆にいえば常に7千回転をキープするシフト操作によってパワフルな走りが可能となるのだ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

公道でウィリーをしたら検挙される

バイクが好きなバイク乗りのかたたちの中にはウィリーがしてみたいと思っておられる方は多いかもしれませんし、ウィリーを練習したことがある方もいるでしょう。しかし、一般公道でウィリーをすると安全運転義務違反 …

no image

ファミリーバイクは最も安く手軽に買えるが

バイクをまず最初に手に入れるとしよう。最も安く手軽に買えるのはファミリーバイク。車種構成も豊富でデザインもバリエーションに富んでいる。しかしファミリーバイクのメカニズムをよく調べてみよう。エンジンはほ …

no image

バイクではキープレフトを守るようにしよう

バイクで道路を走行する際、もし、左端を走ろうとしたら、ライダーは常に前方にある障害物に気をくばってこれをよけるために、そのたびに疲れてしまう。周囲の状況を十分に把握しながら走るこ必要となる。これらのこ …

no image

カーブの切り返しテクニック

ライダーは、お尻と上体が左側へ寄った状態で、そのまま必要とするバンク角まで車体を寝かし込む。バンク角が決まったら、今度は足に力を入れ、傾きを保持する。これでオーケーだ。切り返す場所を確認したら、左足( …

no image

バイクのギアを常にトップに入れたい人

走っているとき、何速にはいっているのだろうと気になって仕方がない、という場合がしばしばある。これは走り出すとすぐにシフトアップしたがり、つねにトップで走っていないといけないと思い込んでいるような初心者 …