スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのミッションのギアチェンジのコツなど

投稿日:

レースなどでは、たった1回のギヤシフトミスが勝負の別れ道につながることが多く、常に適切なミッションの選択と操作が要求されるほど。一般にも共通することは多く、例えばワインディングロードで速く走れるライダーをみていると、常に最大のパワーを引き出せるミッションを使って走っていることがわかる。

最近のスポーツバイクはほとんど六段ミッションが採用されるようになり、かなりシビアなミッション操作が必要となってきた。いうまでもなく、ミッションは、エンジンパワーを車速や状況に応じてホイールに伝えるための装置であり、ほとんどのマシンは五〜六速のミッションを搭載している。

逆に遅い人は極端な低ミッションや高ミッションを使ってしまい、なめらかな走りができてない場合が多い。ミッションは左手によるクラッチ操作と左足による操作によって同時に行われる。この操作時間は短ければ短いほどよい。一瞬のうちに行うのがべストだ。

最近のバイクはクラッチは軽いので

最近のバイクはクラッチは軽いので、2~3本の指(中指、人差し指)で行えるし、シフトアップ時はクラッチを使わず左足とアクセルワークで行えるものだし、コツをつかめばミッションを壊すこともない。レーサーでは常識だ。これはクラッチを切っている時間をできるだけ短くするためで、クラッチを切るということはその間エンジンのパワーはホイールに駆動されてないことになりロスが生じる。

また、下り坂でクラッチを切って走るのはたいへん危険なことで、必ずエンジンブレーキがかかるミッションを選択して走行することが必要だ。ミッション操作で重要なキーポイントは、ギヤに最も適した回転数で走行することである。

マシンを前に進めるためには、アクセルを開いてガスをエンジンに送り込み、爆発を起こし、そのエネルギーをリヤホイールに伝えてやるわけだ。アクセルを開ければ、それだけマシンは大きなパワーを生むことになり、アクセルワークが走りの上で最大の武器となってくることはいうまでもない。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのミラーの死角に気をつける

唯一の後方の目であるバックミラーは死角というやっかいな問題をもっている。すなわちオールマイティではないのだ。だが、その欠点を知っていてバックミラーを使えばより安全な走行ができるというわけだ。バックミラ …

no image

バイクの防寒対策

上下のウェア。皮革製のツナギは安全性は高いが保温性はほとんどなく、レザースーツだけで走ることは不可能になる。あくまでレザースーツを着用するなら、スーツの下着にハイネック(首まで覆う)のシャツ、ズボン下 …

no image

バイク試験のコースで上手に決めるコツ

試験では半クラッチは使用しない。スピードコントロールは、Rブレーキを軽く効かせ、マシンを寝かせるときはアクセルオフ、起こすときはアクセルオンで行う。マシンの寝かし込みは、外側のニーグリップ(大腿部)に …

no image

バイクレースの世界最高峰

ロードレースは、日本をはじめ欧州、東南アジアなど、世界中で開催され、どこででも人気を集めている。世界最高峰のレースは、国際モーターサイクル協会が行う世界ロードレース選手権シリーズで、選手権では全12戦 …

no image

コーナーでのブレーキコントロール

進行方向にコーナーがせまってきたとしよう。教習所では十分に手前からブレーキをかけて車速を落としてゆっくりコーナーを回ること、なんて習う。しかし、実際はコーナーでマシンはリーン(車体を傾ける)するのだか …