スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクにまたがる時に股を広げて乗らない

投稿日:

股をおっびろげて乗っている人がやたら多い。とくに若い人が得意がってやっているのには腹が立つ。膝を締めることの有効性を知っていながら、ニーグリップを使っていないからだ。ニーグリップという言葉を説明すれば、ニーとは膝、グリップとは締める、という意味だ。つまり、膝でガソリンタンクをはさみ込んで、下半身の動きをオートバイに正確に伝達させることだ。

ファミリーバイクは、オートバイ愛好者を大幅に増加させるとともに、ユーザー層も非常に大きく広げた。それまで若い層一辺倒だったが、それにミセス層と中年層が加わってきた。つまり、まったくバイクに親しみのなかった連中がバイクに乗り始めたわけだ。そのせいか最近、ライディングフォームの乱れが随所に見られる。それがバイクに乗り始めた連中だけでなく、それまで主力ユーザーであったヤングのなかにも見られるようになったのだから、嘆かわしいかぎりだ。

ニーグリップは、マシンの動きを瞬時に察知して対応するときにも有効だ。具体的にいえば、急加速や急ブレーキング、コーナリング、凸凹乗り越えなどで、オートバイの挙動が変化したときにも、膝を締めつけていれば、バイクから振り落とされることはないし、逆に膝に力を入れることによって、マシンを押さえ込み、思うようにコントロールすることさえできるのだ。それをいまの若い人はどうだ。

つねにニーグリップを意識して

よくオートバイ専門誌のレースレポートやテストレポートの写真で見られることだが、コーナリングシーンで内側の膝を大きく開いているのが目につく。これはほぼ極限コーナリングに近い状態なので、リーンイン態勢を取っているために必然的に起こることである。もちろん、このときにも外側の膝でしっかりマシンを押さえつけているのだ。市街地走行では、このような限界コーナリングはあり得ないわけだから、両膝で軽くタンクをはさむ。つまり、頭のなかにつねにニーグリップを意識してオートバイに乗るという気持ちを忘れないでいただきたい。

上半身をホールドするポイントが腰なら、その元となる下半身をホールドするポイントが膝なのだ。ニーグリップを使わない場合を実際にやってみれば、その結果はすぐにわかること。たとえばコーナリングでは体が外側に押し出されたり、逆に尻がずり下がったりする。そうなればハンドルにしがみつく状態となり、自然に肩や腕に力がはいってしまって、バイクを安全に操縦するなんてこともおぼつかなくなってしまうのである。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのフレームの剛性などについて

マシンそのものの剛性はフレームに頼るところが大きく、最近ではコンピューター分析によってフレーム設計を行うことも盛んになってきている。フレームは強ければ強いほどよいというわけではなく、ある程度のよじれ、 …

no image

怪我による出血の手当の知識

マスツーリングやモータースポーツを楽しむにも、最低限の応急手当のしかたぐらいは覚えておく必要があり、専門書も多数市販されているので、ぜひ勉強し、自信を持って手当できるようになってほしい。実際の手当には …

no image

公道でウィリーをしたら検挙される

バイクが好きなバイク乗りのかたたちの中にはウィリーがしてみたいと思っておられる方は多いかもしれませんし、ウィリーを練習したことがある方もいるでしょう。しかし、一般公道でウィリーをすると安全運転義務違反 …

no image

ブレーキをかけるときは一度にレバーを引かないこと

ブレーキをかけるときは一度にレバーを引かないこと。何度にも分けて、コン、コン、コンといった要領でかけるのがコツだ。機構的にはホイールのハブの内部に2個のシューを持っており、ブレーキペダルで与えられた力 …

no image

バイクではできるだけクラッチを切らないようにすること

コーナーで出口近くにきて、あわててクラッチをミートさせるが、今度はミッションが低かったりすると急に後輪にブレーキがかかり、スリップしたり、リーンしているボディが突然として立ち上がる現象が起きて、フロン …