バイク

バイクにまたがる時に股を広げて乗らない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

股をおっびろげて乗っている人がやたら多い。とくに若い人が得意がってやっているのには腹が立つ。膝を締めることの有効性を知っていながら、ニーグリップを使っていないからだ。ニーグリップという言葉を説明すれば、ニーとは膝、グリップとは締める、という意味だ。つまり、膝でガソリンタンクをはさみ込んで、下半身の動きをオートバイに正確に伝達させることだ。

ファミリーバイクは、オートバイ愛好者を大幅に増加させるとともに、ユーザー層も非常に大きく広げた。それまで若い層一辺倒だったが、それにミセス層と中年層が加わってきた。つまり、まったくバイクに親しみのなかった連中がバイクに乗り始めたわけだ。そのせいか最近、ライディングフォームの乱れが随所に見られる。それがバイクに乗り始めた連中だけでなく、それまで主力ユーザーであったヤングのなかにも見られるようになったのだから、嘆かわしいかぎりだ。

ニーグリップは、マシンの動きを瞬時に察知して対応するときにも有効だ。具体的にいえば、急加速や急ブレーキング、コーナリング、凸凹乗り越えなどで、オートバイの挙動が変化したときにも、膝を締めつけていれば、バイクから振り落とされることはないし、逆に膝に力を入れることによって、マシンを押さえ込み、思うようにコントロールすることさえできるのだ。それをいまの若い人はどうだ。

つねにニーグリップを意識して

よくオートバイ専門誌のレースレポートやテストレポートの写真で見られることだが、コーナリングシーンで内側の膝を大きく開いているのが目につく。これはほぼ極限コーナリングに近い状態なので、リーンイン態勢を取っているために必然的に起こることである。もちろん、このときにも外側の膝でしっかりマシンを押さえつけているのだ。市街地走行では、このような限界コーナリングはあり得ないわけだから、両膝で軽くタンクをはさむ。つまり、頭のなかにつねにニーグリップを意識してオートバイに乗るという気持ちを忘れないでいただきたい。

上半身をホールドするポイントが腰なら、その元となる下半身をホールドするポイントが膝なのだ。ニーグリップを使わない場合を実際にやってみれば、その結果はすぐにわかること。たとえばコーナリングでは体が外側に押し出されたり、逆に尻がずり下がったりする。そうなればハンドルにしがみつく状態となり、自然に肩や腕に力がはいってしまって、バイクを安全に操縦するなんてこともおぼつかなくなってしまうのである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加