スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクにまたがる時に股を広げて乗らない

投稿日:

股をおっびろげて乗っている人がやたら多い。とくに若い人が得意がってやっているのには腹が立つ。膝を締めることの有効性を知っていながら、ニーグリップを使っていないからだ。ニーグリップという言葉を説明すれば、ニーとは膝、グリップとは締める、という意味だ。つまり、膝でガソリンタンクをはさみ込んで、下半身の動きをオートバイに正確に伝達させることだ。

ファミリーバイクは、オートバイ愛好者を大幅に増加させるとともに、ユーザー層も非常に大きく広げた。それまで若い層一辺倒だったが、それにミセス層と中年層が加わってきた。つまり、まったくバイクに親しみのなかった連中がバイクに乗り始めたわけだ。そのせいか最近、ライディングフォームの乱れが随所に見られる。それがバイクに乗り始めた連中だけでなく、それまで主力ユーザーであったヤングのなかにも見られるようになったのだから、嘆かわしいかぎりだ。

ニーグリップは、マシンの動きを瞬時に察知して対応するときにも有効だ。具体的にいえば、急加速や急ブレーキング、コーナリング、凸凹乗り越えなどで、オートバイの挙動が変化したときにも、膝を締めつけていれば、バイクから振り落とされることはないし、逆に膝に力を入れることによって、マシンを押さえ込み、思うようにコントロールすることさえできるのだ。それをいまの若い人はどうだ。

つねにニーグリップを意識して

よくオートバイ専門誌のレースレポートやテストレポートの写真で見られることだが、コーナリングシーンで内側の膝を大きく開いているのが目につく。これはほぼ極限コーナリングに近い状態なので、リーンイン態勢を取っているために必然的に起こることである。もちろん、このときにも外側の膝でしっかりマシンを押さえつけているのだ。市街地走行では、このような限界コーナリングはあり得ないわけだから、両膝で軽くタンクをはさむ。つまり、頭のなかにつねにニーグリップを意識してオートバイに乗るという気持ちを忘れないでいただきたい。

上半身をホールドするポイントが腰なら、その元となる下半身をホールドするポイントが膝なのだ。ニーグリップを使わない場合を実際にやってみれば、その結果はすぐにわかること。たとえばコーナリングでは体が外側に押し出されたり、逆に尻がずり下がったりする。そうなればハンドルにしがみつく状態となり、自然に肩や腕に力がはいってしまって、バイクを安全に操縦するなんてこともおぼつかなくなってしまうのである。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

二輪車のブレーキの操作で重要なのは

ブレーキ操作で重要なのは、レバーを何本の指で据るかということではなく、何本でもよいから確実な入力と、その入力をコントロールできる据り方をするということである。自分の手の大きさや握力を考えた上で、最も操 …

no image

コーナーでのブレーキコントロール

進行方向にコーナーがせまってきたとしよう。教習所では十分に手前からブレーキをかけて車速を落としてゆっくりコーナーを回ること、なんて習う。しかし、実際はコーナーでマシンはリーン(車体を傾ける)するのだか …

no image

事故が最も多いのは交差点

事故が最も多く発生するのは交差点。出合いがしらの接触や衝突はあとを絶たないようだ。スピードがさほど出ていないのでクルマならボディをへこませる程度ですむ場合が多く、オートバイでは転倒ということも考えられ …

no image

ストッピングパワーなどの用語

・ストッピングパワー ブレーキ能力の大小を表現する言葉。 ・0〜400m加速 通常、「0〜4加速」といい、停止状態から400mを走行するのに要した時間を計測する。この0〜4加速は、ライダーのテクニック …

no image

2輪は危ない!?

公道では2輪と4輪は混走している。そこで4輪にいわせれば「2輪は危ない」。2輪にいわせれば「4輪、なかでもタクシーは危ない」とこうなってくる。これも考えてみれば当たりまえの話で、性格、性能ともに異なる …