スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのマフラーの改造の意味

投稿日:

「暴走ライダーは、あっちへ行ってくれ」、というほかはない。迷惑するのは当の本人ではなく、2輪を正しく乗っている正統派ライダーたちだ。彼らは乗る場所を間違えているのだ。大きな音を出したいなら、またムチャクチャなスピードで走りたいのなら、サーキットへ行くなりモトクロス場でブッ飛ばせばいい。街中でいくら速く走ってもだれもほめてはくれないが、サーキットやモトクロスコースで速ければ拍手はおろか賞品だってもらえる。

だいいち、マフラーなどを改造したってそんなに速くなるものではない。バリバリ音がするオートバイに乗ると、速くなった、と錯覚するだけだ。そもそもマフラー一本交換したり、ディフューザーを抜いただけで、そんなに速くなるはずはない。サーキットやモトクロスコースでなら、いくら大きな音を出しても迷惑顔はされない。そこでは大きな音は当たりまえ、とすべてのひとは認めてくれるのだ。

大きな音を出すオートバイは下の下

とにかく大きな音を出すオートバイは下の下。それよりも、カタログの性能をめいっぱい引き出せるよう、自分のテクニックを磨け、といいたい。エンジンというものは全体のバランスを考えながらチューンすることにより、はじめてパワーアップが可能なのである。とくに2サイクルでは、エキスパンションチャンバーの形状ひとつでも性能が左右されるほど。改造なんてやめたほうがいい。市販車は、乗りやすくしかも音も静かなように作られているのだから、へたな手出しはオートバイをダメにするだけだと知るべし。

また、スリップストリームというものがある。レースなどでスピードの速い前車にピッタリとつき、ムダなガソリンを使わずに前のクルマと同じスピードで走るというレーステクニックだ。これは前のクルマが空気の壁を切り裂いてくれたそのすぐあとを走るので、空気抵抗が少なくなり、楽らくと高速を保て、しかも前車に心理的なプレッシャーをかけられるというまことにうまい方法なのだが、これはあくまでサーキットでの話。公道のスピードでは意味を成さない。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクで走る際に季節の変化に対応する

ツーリングに行く時はその季節に合ったウェアと装備を身に付けて行くことが大切で、寒い季節は寒いなりに、暑い季節には暑いなりのよさがあり、多少は厳しさがあったほうが、あとあとの思い出も強く残り、ツーリング …

no image

周回コース・幹線コースの走り方など

周回コースとは、外周路のことであり、幹線コースとは、周回コースに通じる縦横のコースのことをいう。ここでの走行の際の注意点は、以下のとおりである。周回コースでは、トップギヤでのスムースな走行を心がけ、カ …

no image

ハイパワーバイクでのコーナリングは魅力的だが

コーナーで車体をバンクさせ、豪快に抜けていく。そしてつぎのコーナーもすばらしいスピードでクリアだれでもこうなりたいと思うものだ。とくに小排気量バイクに乗っていると、早くビッグバイクにまたがり自分もやり …

no image

バイクのフレームの剛性などについて

マシンそのものの剛性はフレームに頼るところが大きく、最近ではコンピューター分析によってフレーム設計を行うことも盛んになってきている。フレームは強ければ強いほどよいというわけではなく、ある程度のよじれ、 …

no image

怪我による出血の手当の知識

マスツーリングやモータースポーツを楽しむにも、最低限の応急手当のしかたぐらいは覚えておく必要があり、専門書も多数市販されているので、ぜひ勉強し、自信を持って手当できるようになってほしい。実際の手当には …