スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクで急坂を登るテクニックなど

投稿日:

・急坂登り

リアに体重をかけて駆動力をいかに有効に伝えるかが成否のカギになる。急坂登りは体重移動が最大のポイント。緩い傾斜では腰を引いたポジションのほうがいい。左のステップに重心をおいた姿勢はもっと急な坂での姿勢になる。なお登りきったらリアに荷重をかけ、後輪のスリップを防ぐこと。一定のスピードで登ることも大切だ。

・逆ハンコーナリング

ハイスピードでコーナーに進入、無理にイン側に体を寝かせる。するとリアがすべり始めフロントが取り残される格好になる。逆ハンコーナリングは強引とも思えるような操作が必要。そのままでは転倒してしまうので、ハンドルを逆にきり姿勢を立て直してやるのだ。逆ハンを当てるには横すべりする距離を計算しておくことが必要だ。その範囲内で走り抜けるのだ。

・ブレーキターン

すべり方は路面の状況により違ってくるが、ダートでは思いのほかすべるから比較的簡単にできるはず。最小の回転半径で回るテクニックだが、やりやすいのはブレーキターンだろう。これはリアにブレーキをかけて後輪にスリップを与える方法だ。アクセルターンはアクセルを一気に開けるのがコツだ。中途半端にアクセルを開けるとターンにはならないから要注意。

ウイリー

丸太越えなどではウイリーほどではないにしてもフロントを浮かせる必要があり、このテクニックが応用できる。それに体重移動の練習にもなる。やり方は両腕でハンドルを引き上げると同時に体重を後ろへ移し、すぐにアクセルを開ける。これだけだが、すべてを一瞬に行なう必要がある。ウイリーは遊びの要素が多いテクニックではあるが、覚えておいて損はない。

・2輪に素手で乗ること

2輪に素手で乗ることは、百害あって一利なし。寒さで指が動きにくくなれば停止して暖めることも可能だが、転倒のときに手を守るには手袋の着用しかない。ノーグローブで転倒し、指をなくしたり、そこまでいかなくても二度とオートバイに乗れなくなったら元も子もない。へルメットと同様につねに着用すべきだし、これは2輪ライダーの最低条件と考えてもらいたい。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

ライダーが姿勢を変化させることでバンクさせる

人事一体となっての自然なバンクがむずかしいので、ライダーが姿勢を変化させることでバンクさせる。その方法とは、バンクさせようとする側の肩を前に出す。右コーナーなら右肩を、左コーナーなら左肩を押し出すよう …

no image

バイクにまたがる時に股を広げて乗らない

股をおっびろげて乗っている人がやたら多い。とくに若い人が得意がってやっているのには腹が立つ。膝を締めることの有効性を知っていながら、ニーグリップを使っていないからだ。ニーグリップという言葉を説明すれば …

no image

信号での右折、左折、直進などの走り方

信号のあるなしにかかわらず、右折には危険が伴うので、1にも2にも安全確認を行うことが大切だ。オートバイは加速がよいため、つい無理をして対向する直進車輌の直前や切れ目を狙って強引に右折しがちだが、直進車 …

no image

ブレーキをかけるときは一度にレバーを引かないこと

ブレーキをかけるときは一度にレバーを引かないこと。何度にも分けて、コン、コン、コンといった要領でかけるのがコツだ。機構的にはホイールのハブの内部に2個のシューを持っており、ブレーキペダルで与えられた力 …

no image

ハイウェイには危険がいっぱい

ハイウェイには危険がいっぱい。一歩間違えば、直接、死につながる。そこのところをよく考えて、服装を完全にととのえ、マシンをじゅうぶん点検し、気がまえもシャンとしたうえで、ハイウェイに乗り込もう。国内の高 …