バイク

バイクで急ブレーキをかけてロックを経験しておく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰でもバイクで道路を走行していれば、急ブレーキをかけることはよくあるだろう。そして、だいたいの人が急ブレーキをかけるとリヤを強くかけすぎて、リヤホイールをロックさせてしまうことが多く、そうすると左右にマシンが流れるため、ライダーがコントロールできなくなってブレーキを離してしまい、ついにはマシンコントロールが不可能になって最悪の事態を迎えることさえある。

急停止は、シフトダウンやエンジンブレーキを使っているひまはない。よほどブレーキングのうまい方でなければ、危険を感じた際に、グッと力いっぱいブレーキを握るだろうし、シフトダウンやエンジンブレーキを使える人いないはず。もう前後のブレーキに頼る他はないから、いかにブレーキを有効的に活用できるかによってきまってしまう。特に、フロントブレーキをロック寸前まで強くかけられればたいしたもので、制動距離は著しく短くなる。

リヤホイールがロックしても、フロントロックに比べればマシンコントロールは簡単なもので、じっくりと構えてほしい。ロックしてもなんの、これぐらい、と思っていたい。リヤがロックして、例えばマシンが右に流れ出して左側に傾いたら、右に切る。これが逆ハンの第一歩でもある。つまりマシンが傾いたら、向きとは逆にハンドルを切るのだ。

リヤロックを知るためには

リヤロックを知るためには、クルマのこない道でリヤブレーキを思いっ切りかけてみれば、リヤホイールがロックしてすぐにズルッとすべるから体験することも簡単だ。しかし、これがフロントブレーキをかけすぎてフロントホイールをロックさせてしまった場合は、まず操作できない。急停止はブレーキをいかに使いこなせるかがポイントになる。

また、足は出したくなるが、止まる以外は出さないほうがよい。オフロードでは、足を出してコントロールするが、オンロードで走っている最中に足を出すと、簡単に骨折したり転倒するから危ない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加