スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクで急ブレーキをかけてロックを経験しておく

投稿日:

誰でもバイクで道路を走行していれば、急ブレーキをかけることはよくあるだろう。そして、だいたいの人が急ブレーキをかけるとリヤを強くかけすぎて、リヤホイールをロックさせてしまうことが多く、そうすると左右にマシンが流れるため、ライダーがコントロールできなくなってブレーキを離してしまい、ついにはマシンコントロールが不可能になって最悪の事態を迎えることさえある。

急停止は、シフトダウンやエンジンブレーキを使っているひまはない。よほどブレーキングのうまい方でなければ、危険を感じた際に、グッと力いっぱいブレーキを握るだろうし、シフトダウンやエンジンブレーキを使える人いないはず。もう前後のブレーキに頼る他はないから、いかにブレーキを有効的に活用できるかによってきまってしまう。特に、フロントブレーキをロック寸前まで強くかけられればたいしたもので、制動距離は著しく短くなる。

リヤホイールがロックしても、フロントロックに比べればマシンコントロールは簡単なもので、じっくりと構えてほしい。ロックしてもなんの、これぐらい、と思っていたい。リヤがロックして、例えばマシンが右に流れ出して左側に傾いたら、右に切る。これが逆ハンの第一歩でもある。つまりマシンが傾いたら、向きとは逆にハンドルを切るのだ。

リヤロックを知るためには

リヤロックを知るためには、クルマのこない道でリヤブレーキを思いっ切りかけてみれば、リヤホイールがロックしてすぐにズルッとすべるから体験することも簡単だ。しかし、これがフロントブレーキをかけすぎてフロントホイールをロックさせてしまった場合は、まず操作できない。急停止はブレーキをいかに使いこなせるかがポイントになる。

また、足は出したくなるが、止まる以外は出さないほうがよい。オフロードでは、足を出してコントロールするが、オンロードで走っている最中に足を出すと、簡単に骨折したり転倒するから危ない。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクが転倒して場合に起こすコツ

転倒したマシンを引き起こすのは、センタースタンドを立てることより難しい。引き起こしのポイントは、重量の重いエンジン部を起こすことである。つまり、車体後部を起こすより、車体前部を起こしたほうが有効だとい …

no image

ロースタートでそのまま引っ張れるだけ引っ張っぱるのはよくない

よく街中で見かける光景だが、ローでスタートし、そのまま引っ張れるだけ引っ張っている人がいる。白煙を残して去っていく姿は絵になるが、あまりにも回転を上げて走ると馬脚をあらわす。ピークを超えたあとは出力は …

no image

バイクのオフロードでの色々なテクニック

・川渡り ギアは低めにし、アクセルワークはできるだけ抑えてトルクで走りきる心がまえが大切だ。川渡りは水たまり走法とよく似ているが、川底は水ゴケなどすべりやすいものがひそんでいる。したがって水たまりを走 …

no image

バイクは滑りやすい路面に気をつける

2輪にとって問題となるのは、摩擦係数が低い状態、いわゆるすべりやすい路面。だれでも経験があるように雨の日はすべりやすいものだが、晴れでもそれと同じような状態にあるのが砂および路面の交通標示ペイント。こ …

no image

コーナリングラインの基礎はアウト・イン・アウト

コーナーリングでは、最初はあくまでもスムーズさに重点をおいた走りをするのがコツ。アウト・イン・アウトを意識することは大切だが、それは次のステップ。すでにスムーズに走れる人は、アウト・イン・アウトをいか …