スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクで急ブレーキをかけてロックを経験しておく

投稿日:

誰でもバイクで道路を走行していれば、急ブレーキをかけることはよくあるだろう。そして、だいたいの人が急ブレーキをかけるとリヤを強くかけすぎて、リヤホイールをロックさせてしまうことが多く、そうすると左右にマシンが流れるため、ライダーがコントロールできなくなってブレーキを離してしまい、ついにはマシンコントロールが不可能になって最悪の事態を迎えることさえある。

急停止は、シフトダウンやエンジンブレーキを使っているひまはない。よほどブレーキングのうまい方でなければ、危険を感じた際に、グッと力いっぱいブレーキを握るだろうし、シフトダウンやエンジンブレーキを使える人いないはず。もう前後のブレーキに頼る他はないから、いかにブレーキを有効的に活用できるかによってきまってしまう。特に、フロントブレーキをロック寸前まで強くかけられればたいしたもので、制動距離は著しく短くなる。

リヤホイールがロックしても、フロントロックに比べればマシンコントロールは簡単なもので、じっくりと構えてほしい。ロックしてもなんの、これぐらい、と思っていたい。リヤがロックして、例えばマシンが右に流れ出して左側に傾いたら、右に切る。これが逆ハンの第一歩でもある。つまりマシンが傾いたら、向きとは逆にハンドルを切るのだ。

リヤロックを知るためには

リヤロックを知るためには、クルマのこない道でリヤブレーキを思いっ切りかけてみれば、リヤホイールがロックしてすぐにズルッとすべるから体験することも簡単だ。しかし、これがフロントブレーキをかけすぎてフロントホイールをロックさせてしまった場合は、まず操作できない。急停止はブレーキをいかに使いこなせるかがポイントになる。

また、足は出したくなるが、止まる以外は出さないほうがよい。オフロードでは、足を出してコントロールするが、オンロードで走っている最中に足を出すと、簡単に骨折したり転倒するから危ない。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクレースの世界最高峰

ロードレースは、日本をはじめ欧州、東南アジアなど、世界中で開催され、どこででも人気を集めている。世界最高峰のレースは、国際モーターサイクル協会が行う世界ロードレース選手権シリーズで、選手権では全12戦 …

no image

バイクのローリング族について

ローリング族は、ひとつの峠道を毎日のように通い、何回も往復しては速さを磨き、自分より速そうなヤツがくるとすぐに追いかけていって抜き去るところに快感を覚える人たちだ。最近は、有名な峠道ならどこに行っても …

no image

ニーグリップとは何か知っていますか?

ニーグリップは人間がオートバイと一体になって走るのに絶対に欠かせない要素だ。そもそも2輪は腰かけて乗るものではない。またがるものなのだ。ドッカと尻をシートに置いて乗るものではない。乗馬を思い出してもら …

no image

バイクのヘルメットのJIS規格などを知っているか

バイクには色々な用品がある。好きな人なら多くのバイク用品を持っていることだろう。しかし、数あるギアの中で、重要なのが、へルメットである。恐ろしい頭部損傷から身を守る大切なものであり、購入するときは、次 …

no image

バイクで走る際に季節の変化に対応する

ツーリングに行く時はその季節に合ったウェアと装備を身に付けて行くことが大切で、寒い季節は寒いなりに、暑い季節には暑いなりのよさがあり、多少は厳しさがあったほうが、あとあとの思い出も強く残り、ツーリング …