スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクで急ブレーキをかけてロックを経験しておく

投稿日:

誰でもバイクで道路を走行していれば、急ブレーキをかけることはよくあるだろう。そして、だいたいの人が急ブレーキをかけるとリヤを強くかけすぎて、リヤホイールをロックさせてしまうことが多く、そうすると左右にマシンが流れるため、ライダーがコントロールできなくなってブレーキを離してしまい、ついにはマシンコントロールが不可能になって最悪の事態を迎えることさえある。

急停止は、シフトダウンやエンジンブレーキを使っているひまはない。よほどブレーキングのうまい方でなければ、危険を感じた際に、グッと力いっぱいブレーキを握るだろうし、シフトダウンやエンジンブレーキを使える人いないはず。もう前後のブレーキに頼る他はないから、いかにブレーキを有効的に活用できるかによってきまってしまう。特に、フロントブレーキをロック寸前まで強くかけられればたいしたもので、制動距離は著しく短くなる。

リヤホイールがロックしても、フロントロックに比べればマシンコントロールは簡単なもので、じっくりと構えてほしい。ロックしてもなんの、これぐらい、と思っていたい。リヤがロックして、例えばマシンが右に流れ出して左側に傾いたら、右に切る。これが逆ハンの第一歩でもある。つまりマシンが傾いたら、向きとは逆にハンドルを切るのだ。

リヤロックを知るためには

リヤロックを知るためには、クルマのこない道でリヤブレーキを思いっ切りかけてみれば、リヤホイールがロックしてすぐにズルッとすべるから体験することも簡単だ。しかし、これがフロントブレーキをかけすぎてフロントホイールをロックさせてしまった場合は、まず操作できない。急停止はブレーキをいかに使いこなせるかがポイントになる。

また、足は出したくなるが、止まる以外は出さないほうがよい。オフロードでは、足を出してコントロールするが、オンロードで走っている最中に足を出すと、簡単に骨折したり転倒するから危ない。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

オートバイの種類には4つのタイプ

オートバイは、走行する場所、マシンの性格、ユーザーの使用目的、モータースポーツの種類などによって、次の4つのタイプに分けることができる。 コンペテーションタイプ(競技用モデル) オフロードタイプ(トレ …

no image

バイクのローリング族について

ローリング族は、ひとつの峠道を毎日のように通い、何回も往復しては速さを磨き、自分より速そうなヤツがくるとすぐに追いかけていって抜き去るところに快感を覚える人たちだ。最近は、有名な峠道ならどこに行っても …

no image

バイク試験のコースで上手に決めるコツ

試験では半クラッチは使用しない。スピードコントロールは、Rブレーキを軽く効かせ、マシンを寝かせるときはアクセルオフ、起こすときはアクセルオンで行う。マシンの寝かし込みは、外側のニーグリップ(大腿部)に …

no image

バイクで転倒した場合の体へのダメージを減らすテクニック

マシンとからみながらすべっていくとダメージも大きいので、転倒したらすぐにマシンから離れることだ。林道のコーナーで外側へ飛び出しそうになった場合、後輪から転倒する。テクニックが向上すれば、マシンをスピン …

no image

車両の左側の追い越しについて

渋滞で停止している四輪車の左側をすり抜ける場合は、急にドアを開けられることがあるので注意しよう。急に開けるほうが悪いとはいっても、痛い目にあうのは自分だからだ。駐車車輌の右側を通過する場合は、1m以上 …