スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクで急ブレーキをかけてロックを経験しておく

投稿日:

誰でもバイクで道路を走行していれば、急ブレーキをかけることはよくあるだろう。そして、だいたいの人が急ブレーキをかけるとリヤを強くかけすぎて、リヤホイールをロックさせてしまうことが多く、そうすると左右にマシンが流れるため、ライダーがコントロールできなくなってブレーキを離してしまい、ついにはマシンコントロールが不可能になって最悪の事態を迎えることさえある。

急停止は、シフトダウンやエンジンブレーキを使っているひまはない。よほどブレーキングのうまい方でなければ、危険を感じた際に、グッと力いっぱいブレーキを握るだろうし、シフトダウンやエンジンブレーキを使える人いないはず。もう前後のブレーキに頼る他はないから、いかにブレーキを有効的に活用できるかによってきまってしまう。特に、フロントブレーキをロック寸前まで強くかけられればたいしたもので、制動距離は著しく短くなる。

リヤホイールがロックしても、フロントロックに比べればマシンコントロールは簡単なもので、じっくりと構えてほしい。ロックしてもなんの、これぐらい、と思っていたい。リヤがロックして、例えばマシンが右に流れ出して左側に傾いたら、右に切る。これが逆ハンの第一歩でもある。つまりマシンが傾いたら、向きとは逆にハンドルを切るのだ。

リヤロックを知るためには

リヤロックを知るためには、クルマのこない道でリヤブレーキを思いっ切りかけてみれば、リヤホイールがロックしてすぐにズルッとすべるから体験することも簡単だ。しかし、これがフロントブレーキをかけすぎてフロントホイールをロックさせてしまった場合は、まず操作できない。急停止はブレーキをいかに使いこなせるかがポイントになる。

また、足は出したくなるが、止まる以外は出さないほうがよい。オフロードでは、足を出してコントロールするが、オンロードで走っている最中に足を出すと、簡単に骨折したり転倒するから危ない。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのミラーの死角に気をつける

唯一の後方の目であるバックミラーは死角というやっかいな問題をもっている。すなわちオールマイティではないのだ。だが、その欠点を知っていてバックミラーを使えばより安全な走行ができるというわけだ。バックミラ …

no image

ブレーキレバーの握り方

基本のライディングフォームを正確に自分のものにすること。クラッチ付きのスポーティバイクでさえあれば、いくらでも習得できるし、さらにハイテクニックにすすむことも可能だ。アクセルワークは発進時だけでなく、 …

no image

バイクで急坂を登るテクニックなど

・急坂登り リアに体重をかけて駆動力をいかに有効に伝えるかが成否のカギになる。急坂登りは体重移動が最大のポイント。緩い傾斜では腰を引いたポジションのほうがいい。左のステップに重心をおいた姿勢はもっと急 …

no image

バイクのコーナリングテクニック

バイクは車体を寝かせてコーナーを曲がる。これは当然のこと。さらにコーナーが大きければ、すなわち半径が大きければ、あまり寝かすことなく高いスピードで走る。これは当然。すると速いコーナリングとは、より大き …

no image

事故が最も多いのは交差点

事故が最も多く発生するのは交差点。出合いがしらの接触や衝突はあとを絶たないようだ。スピードがさほど出ていないのでクルマならボディをへこませる程度ですむ場合が多く、オートバイでは転倒ということも考えられ …