スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクでもキャンピングは可能

投稿日:

いろいろなことを経験するといったことから、できる限りキャンピングでのツーリングをすすめたい。年をとってから何泊ものキャンプ生活はとても厳しく、できるものではないし、思い出をより深めるためにもキャンプは絶好の場といえよう。しかし、キャンプツーリングの装備は比較的重装備、になりがちだ。

ツーリングはなるべく身軽な装備で行くことが望ましい。やはりバイクは人車一体、などといわれるように、ライダーとバイクが一体感を持って走るときこそ、その性能を十分に発揮できるし、また疲れない走りが可能となる。

例えば、日帰りツーリングではカッパと救急用具ぐらいに押えて、これに加えるとしたら、せいぜいジャンパーを1枚ぐらいにしておく。これ以上の物を装備していくのは過剰でありでも万一のことを考えて、などと思っていたらきりがない。

ラジオや本なども忘れられない装備のひとつ

荷物も多く品数も増えていく。自炊までもやろうというなら、なおさら増え、キャリアに山ほどの荷物を積んで走ることも覚悟しなければならないだろう。それもまた楽しいものだが、キャンプ用品としてはテント、グランドシート、シュラフ、懐中電灯に加え、下着の着換えや洗面用具などは最低限必要なものになる。ラジオや本なども忘れられない装備のひとつといえよう。

お金のない人や、中にはキャンプ生活が好きという人もいて、一概にどれがよいと強要できるものではないので、あとは自分できめるべきだ。ただし、いえることは、若いうち、特に学生は体力もあり、時間的余裕も比較的あるので、ゆとりのあるスケジュールを取りましょう。

ツーリングも1泊や2泊、中には1週間、2週間を費やしてのスケジュールもあり、装備もまったく変わって多くなる。宿泊ツーリングでは、泊まる所をキャンプ場にするか、民宿やホテルにするか、また食事は自炊にするかなどをきめることだ。それによって装備の内容も大きく変わってくる。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

スローインファーストアウト走行

スピードであり十分にスピードを落とさずにコーナーに入ると必ず膨らんでアウトのガードレールにぶつかるか、リーンさせすぎて転倒するかである。これがブラインドコーナーだとさらに危険性が高くなり、路面の凹凸や …

no image

怪我による出血の手当の知識

マスツーリングやモータースポーツを楽しむにも、最低限の応急手当のしかたぐらいは覚えておく必要があり、専門書も多数市販されているので、ぜひ勉強し、自信を持って手当できるようになってほしい。実際の手当には …

no image

大排気量のバイクをいきなり乗らないほうがいい

自分のテクニックでおよびもつかない大排気量のバイクに乗ったばっかりに、事故を起こし、高価なバイクをこわし、自分自身もケガをするかして、泣きをみるのはだれか。まして、死亡事故などを起こしてしまったら、金 …

no image

バイクで転倒した場合の体へのダメージを減らすテクニック

マシンとからみながらすべっていくとダメージも大きいので、転倒したらすぐにマシンから離れることだ。林道のコーナーで外側へ飛び出しそうになった場合、後輪から転倒する。テクニックが向上すれば、マシンをスピン …

no image

バイクで足が届かない場合

走っているときはシート高なんてたしかに気にしなくてもよい。しかし問題は交差点で停止したときだ。この場合も、バランスをうまく取って、どちらかのつま先が地面についていれば問題ない。ただし、これはある程度、 …