スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのクラッチ操作の練習

投稿日:

クラッチはエンジンのパワーを断続するのが役目。クラッチの使い方ひとつでテクニックの上手、下手がすぐにわかってしまう。クラッチのつなぎ方は、左手のクラッチレバーを離すと同時に右手のアクセルグリップを開いていくという連けいプレイにある。これをうまくやらないと発進ができない

クラッチ付きバイクが手にはいったとしよう。あなたのオートバイ人生を豊かにするために、この愛車を使い切って、基本のライディングポジションやテクニック習得に全力をつくすべきだ。まず大切なことはクラッチミートとギアチェンジの仕方。エンジンの出力、回転はクラッチを介してミッションで適度なスピードに変換され、チェーンを介して後輪を駆動する。

発進はクラッチを握ってチェンジペダルを踏み込み、ギアをローに入れる。握ったクラッチレバーをゆっくり離しながら、アクセルグリップを、これもゆっくり絞り込むような感じで手前に回す。これでゆっくりと発進できるはずだ。

うまく発進できるまで

チェンジアップ。だれに教えてもらっても、最初からうまくできる人はいない。けっきょく自分で理解しながら、うまく発進できるまで何度も何度も、繰り返し繰り返し練習するしか上達の道はない。もっとも人によって多少の違いはあるが、いちばん大切なのは、クラッチレバーを握る指に伝わってくるクラッチミートの瞬間の振動と、かすかなショックを微妙に感じとること。これが体得できるようになれば、もう無意識のうちにクラッチミートができているといえよう。

回転計があれば、事前に最適な回転数をチェックしておくとよい。初心者の場合、一般的にはやや低めの5000rpmくらいで、チェンジペダルをつま先でけり上げてセカンドに入れる。もちろん同時にクラッチを握っていることが必要。あとは3速、4速と同じ動作を繰り返しやっていくわけだ。文字で表現するのは簡単だ。しかし実際にやってみると、とてもひと筋なわではいくものではない。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

昼間のヘッドライトの点灯の意味

昼間でもへッドライトを点灯して走っているバイクを見かける。たしかに、昼間でもへッドライトを点灯して走ることは、バイクの存在を他のクルマに知らせるには効果的。バックミラーにピカッとライトが反射すれば、だ …

no image

高速道路をバイクで走行する際に横風などに気をつける

高速道路では、横風や突風は突如として吹きつけることが多く、ライダーのとっさの判断と行動力が必要だ。これらの風を受けたらライダーはなるべく上半身を低くマシンにふせるようにして、肘を引き締め、ニーグリップ …

no image

バイク試験のコースで上手に決めるコツ

試験では半クラッチは使用しない。スピードコントロールは、Rブレーキを軽く効かせ、マシンを寝かせるときはアクセルオフ、起こすときはアクセルオンで行う。マシンの寝かし込みは、外側のニーグリップ(大腿部)に …

no image

ニーグリップとは何か知っていますか?

ニーグリップは人間がオートバイと一体になって走るのに絶対に欠かせない要素だ。そもそも2輪は腰かけて乗るものではない。またがるものなのだ。ドッカと尻をシートに置いて乗るものではない。乗馬を思い出してもら …

no image

空ぶかしはエンジンに悪いしやめておこう

空ぶかし(レーシング)はなんの得にもならない。反対にデメリットは数え切れないほどだ。ブォーン、プォーンとゃるウォーミングアップもそうだ。多少、暖機運転の時間は短くなるが、エンジンの異常摩耗の早さはそれ …