スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのクラッチ操作の練習

投稿日:

クラッチはエンジンのパワーを断続するのが役目。クラッチの使い方ひとつでテクニックの上手、下手がすぐにわかってしまう。クラッチのつなぎ方は、左手のクラッチレバーを離すと同時に右手のアクセルグリップを開いていくという連けいプレイにある。これをうまくやらないと発進ができない

クラッチ付きバイクが手にはいったとしよう。あなたのオートバイ人生を豊かにするために、この愛車を使い切って、基本のライディングポジションやテクニック習得に全力をつくすべきだ。まず大切なことはクラッチミートとギアチェンジの仕方。エンジンの出力、回転はクラッチを介してミッションで適度なスピードに変換され、チェーンを介して後輪を駆動する。

発進はクラッチを握ってチェンジペダルを踏み込み、ギアをローに入れる。握ったクラッチレバーをゆっくり離しながら、アクセルグリップを、これもゆっくり絞り込むような感じで手前に回す。これでゆっくりと発進できるはずだ。

うまく発進できるまで

チェンジアップ。だれに教えてもらっても、最初からうまくできる人はいない。けっきょく自分で理解しながら、うまく発進できるまで何度も何度も、繰り返し繰り返し練習するしか上達の道はない。もっとも人によって多少の違いはあるが、いちばん大切なのは、クラッチレバーを握る指に伝わってくるクラッチミートの瞬間の振動と、かすかなショックを微妙に感じとること。これが体得できるようになれば、もう無意識のうちにクラッチミートができているといえよう。

回転計があれば、事前に最適な回転数をチェックしておくとよい。初心者の場合、一般的にはやや低めの5000rpmくらいで、チェンジペダルをつま先でけり上げてセカンドに入れる。もちろん同時にクラッチを握っていることが必要。あとは3速、4速と同じ動作を繰り返しやっていくわけだ。文字で表現するのは簡単だ。しかし実際にやってみると、とてもひと筋なわではいくものではない。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

路面の状況に応じた走りが必要

一般公道は生き物、とよくいわれる。例えば、行きに走った時は何にもなかった帰りに走ったら溝ができていたとか、砂が出ていたとか、工事中で鉄板が敷いてあったなどはよくあるケースである。従ってライダーは常に気 …

no image

バイクのブレーキングとシフトダウン

停止するときは、ブレーキングとシフトダウンを継続し、2速で止まるのがふつうである。パニックブレーキには至らないまでも、急停止をする場合は、1速まで落とすが、この場合はそのマシンの変速比を考えることだ。 …

no image

バイクで足が届かない場合

走っているときはシート高なんてたしかに気にしなくてもよい。しかし問題は交差点で停止したときだ。この場合も、バランスをうまく取って、どちらかのつま先が地面についていれば問題ない。ただし、これはある程度、 …

no image

タンデムライダー-危険な走りになってしまったりすることも

バイクは、スポーツバイクのほとんどはタンデムシートが装備されているから、なんら不便はない。しかし、タンデム走行の場合は、いくらライダーがうまくてもタンデムライダーがずぶのシロウトだと、まったくの無意味 …

no image

日帰りツーリングでも400km程度の走行は可能

ツーリングのプランを立てる時、1日の走行距離を何畑におくかも論議の分かれるところだ。日帰りでは200〜250kmぐらいがよいという人が多いが、経験からいえば500kmを走ることも十分に可能といえそう。 …