スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのクラッチのつなぎ方

投稿日:

バイクのクラッチの継ぎ具合と低速トルクのあるなしは、発進に大きく影響するので、体でタイミングを覚えることはもちろん、クラッチの遊びもつねに調整しておくことが大切である。また、発進時は車体を垂直に保ち、上半身はやや前傾姿勢をとるとよい。ポイントは、クラッチを離していくとき、どのあたりで後輪にトルクがかかり、動きだすかということ。つまり、その位置まではクラッチをスッと継ぎ、トルクを感じる箇所に合わせてアクセルを開けるということ。

スピードが出てきたら、クラッチレバーを完全に離し、アクセルを開けて加速力をアップする。加速がついたら、アクセルを戻し気味に調整し、アクセルオフと同時にクラッチを切り、2速へシフトアップし、再びクラッチを離し、アクセルを急開する。発進はこれで完璧。なお、ビギナーのうちは、発進時に右足をフートレストにのせたほうが、アクセル操作がしやすく、バランスもとりやすい。

オートバイの変速機

オートバイの変速機は、構造上、マシンが動いているときのほうがギヤが入りやすいので、停止する場合は、せめて2速までは、動いている状態のうちにシフトダウンすべきである。もし、4速のまま停止してしまったら、マシンを前後に動かしながらシフトレバーを動かしていくと、スムースにギヤが入っていく。四輪車のように、4速で停止してもすぐに1速へは入らないということを、覚えておくべきである。

オートバイの変速機は、四輪車の選択浮動式と異なり、常時噛合式(常噛式)という型式を採用している。この変速機の特徴は、コンパクトで、かつ素速いシフト動作が可能なことで、上手に回転を合わせれは、スタート以外はノンクラッチでもシフト動作ができる。反面、ライダーのテクニックによって、ギヤの入り具合や変速時のショックが大きく異なるものである。シフトアップのポイントは、1速から2速へシフトアップするタイミングがすべてである。1速で全開まで引っ張りすぎてもだめだし、動きだしてすぐ2速へ入れるのも、加速が悪くなってしまう。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクでもキャンピングは可能

いろいろなことを経験するといったことから、できる限りキャンピングでのツーリングをすすめたい。年をとってから何泊ものキャンプ生活はとても厳しく、できるものではないし、思い出をより深めるためにもキャンプは …

no image

バイクでの雨中走行

雨中の走行で気を付けなければならないのはライダーのウェアだ。しっかりしたレインウェアを着用していなければ快適な走りは望めないし、ライダーの心理状態にもスキができてしまう。レインスーツ、ブーツカバー、グ …

no image

ロースタートでそのまま引っ張れるだけ引っ張っぱるのはよくない

よく街中で見かける光景だが、ローでスタートし、そのまま引っ張れるだけ引っ張っている人がいる。白煙を残して去っていく姿は絵になるが、あまりにも回転を上げて走ると馬脚をあらわす。ピークを超えたあとは出力は …

no image

腹筋トレーニングメニュー

体力より精神力が問われるのがトレーニング。あせらずにコツコツと積み重ねてはじめて筋力が備わってくる。あせりは大敵だ。前側つまり腹筋を強化。腹筋の大切さはここであらためて説明するまでもないだろう。どんな …

no image

リーンアウトのメリットやデメリットについて

リーン・アウトは、倒す際の微妙なコントロールが難しいので正確さも失われやすくなるから、身体全体でコントロールするリーン・インやリーン・ウィズに比べて一歩譲ることになりそうだ。 リーン・アウトは、雨の日 …