バイク

バイクのクラッチのつなぎ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイクのクラッチの継ぎ具合と低速トルクのあるなしは、発進に大きく影響するので、体でタイミングを覚えることはもちろん、クラッチの遊びもつねに調整しておくことが大切である。また、発進時は車体を垂直に保ち、上半身はやや前傾姿勢をとるとよい。ポイントは、クラッチを離していくとき、どのあたりで後輪にトルクがかかり、動きだすかということ。つまり、その位置まではクラッチをスッと継ぎ、トルクを感じる箇所に合わせてアクセルを開けるということ。

スピードが出てきたら、クラッチレバーを完全に離し、アクセルを開けて加速力をアップする。加速がついたら、アクセルを戻し気味に調整し、アクセルオフと同時にクラッチを切り、2速へシフトアップし、再びクラッチを離し、アクセルを急開する。発進はこれで完璧。なお、ビギナーのうちは、発進時に右足をフートレストにのせたほうが、アクセル操作がしやすく、バランスもとりやすい。

オートバイの変速機

オートバイの変速機は、構造上、マシンが動いているときのほうがギヤが入りやすいので、停止する場合は、せめて2速までは、動いている状態のうちにシフトダウンすべきである。もし、4速のまま停止してしまったら、マシンを前後に動かしながらシフトレバーを動かしていくと、スムースにギヤが入っていく。四輪車のように、4速で停止してもすぐに1速へは入らないということを、覚えておくべきである。

オートバイの変速機は、四輪車の選択浮動式と異なり、常時噛合式(常噛式)という型式を採用している。この変速機の特徴は、コンパクトで、かつ素速いシフト動作が可能なことで、上手に回転を合わせれは、スタート以外はノンクラッチでもシフト動作ができる。反面、ライダーのテクニックによって、ギヤの入り具合や変速時のショックが大きく異なるものである。シフトアップのポイントは、1速から2速へシフトアップするタイミングがすべてである。1速で全開まで引っ張りすぎてもだめだし、動きだしてすぐ2速へ入れるのも、加速が悪くなってしまう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加