スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクではできるだけクラッチを切らないようにすること

投稿日:

コーナーで出口近くにきて、あわててクラッチをミートさせるが、今度はミッションが低かったりすると急に後輪にブレーキがかかり、スリップしたり、リーンしているボディが突然として立ち上がる現象が起きて、フロントとリヤのバランスが大きく崩れて転倒する。これはオーバースピードでコーナーに突っ込むから、途中で恐くなり少しでもスピードを下げようとクラッチを切るためで、いくらシフトダウンしようとしても、マシンがリーンしている時は無理なことだ。

コーナリング、特にバイクがリーンしている時は不用意な操作は思わぬスリップや転倒を招く。特に恐いことは、コーナー中にクラッチを握ってしまうことだ。コーナー中にクラッチを握ってしまうと、エンジンからリヤホイールへの駆動が無くなり、マシンは情性だけで走っていることになり、加速もできなければエンジンブレーキも使えない不安定な走りとなってしまう。

オーバースピードで突っ込んだ時はブレーキングを強くするとともに、クリッピングポイントを奥へずらすなど、走行ラインを変えることが大切で、クラッチを切ってもよい結果は期待できないのでやめよう。

スローイン・ファーストアウトの基本に従い

コーナーの中でシフトダウンやブレーキングを行うことは非常に難しく、それだけ勇気のいることで、何といっても危険性が高い。スローイン・ファーストアウトの基本に従い、コーナーに入れば、あせってクラッチを切るような事態は防げるということを覚えておこう。クラッチは常につないでいるのが正しく、切っているのは、信号待ちで停止している時ぐらいなものなので、そのつもりで。

もうひとつ、クラッチを切らないですむ防止策として、コーナーには必ずエンジンブレーキを十分にきかせて入ることだ。そのバイクの最大トルクが出る少し手前の回転数が最適になる。なぜなら、この域だとエンジンブレーキは十分にきくし、加速も可能なところであり、いろいろな面で役立つことが多いのだ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイク走行時の怪我は擦り傷でも病院へ行く

キズがみえないで血だけをみるとどうしても不安になってしまうものだ。こんな時、血を拭いてあげて大丈夫、ちょっとすりむいただけだよ、と声をかけてあげよう。このひとことで負傷した人は非常にラクになる。これが …

no image

ライディングテクニックを覚えてバイクを乗りこなそう

初心者のうちは、高いギアほどじゅうぶんにスピードを落としてからシフトダウンすべきだ。ただし、クラッチレバーを心もちゆっくり離さないと、エンジンブレーキによるショック(とくに4サイクルの場合)が大きいか …

no image

バイク用つなぎは体にピッタリフィットするものを

バイク用のツナギ。レース用であれば、フルにパット類を入れ、前傾フォームが無理なく決まり体にピッタリフィットする大きさで仕立てる。ツーリング専用の場合は、下に薄手のトレーナーを着られるくらいの余裕が必要 …

no image

バイクではキープレフトを守るようにしよう

バイクで道路を走行する際、もし、左端を走ろうとしたら、ライダーは常に前方にある障害物に気をくばってこれをよけるために、そのたびに疲れてしまう。周囲の状況を十分に把握しながら走るこ必要となる。これらのこ …

no image

ヘルメットのあごひもが痛いからといって締めないと

へルメットはSGおよびJ1Sマーク、あるいはスネル規格をパスした本格的なもの。それをかぶったそこまではいい。問題はそのあと。あなたはアゴひもをきちんと締めているか?思うに、あれはいちいちアゴひもを締め …