スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのコーナー進入時の注意するポイント

投稿日:

コーナリングに夢中になって近くばかりを見ていると上下感覚を失いがちだ。防止策は、走っているときにできるだけ遠方を見ることだ。それにコーナーとコーナーの間の直線部分では、少しでもいいから遠い山や建物などを見ること。そうすれば登るにつれて山や建物が下にいくので、自分が登っている、という感じがつかめるはずだ。

登りで最も危険なのは、連続するコーナーに気をとられ自分がいま登っているのだ、という感覚を失ってしまうこと。勾配が少しゆるやかになると、下っているかのような錯覚におちいり、登り下りをはっきりと判断できなくなる。「スロットルをかなり開いているのに加速しない。エンジンがおかしいのでは」と思うようになったら赤信号。感覚が狂ってきているのだから、思わぬミスを起こしかねない。こうなったら休むしかない。広い場所に停車してひと息入れる。するとまた、登りの感覚が戻ってくるはずだ。

コーナー進入前にじゅうぶん路面の状況を読むことが大切だ。またコーナリングに慣れすぎることも危険。最初のうちはかなり慎重に走っているが、あまりにもコーナーが連続すると緊張感がうすれてきて、しだいに甘いラインしかとれなくなってしまう。こんなときは早めに休息をとる。

コーナリングが甘くなれば

コーナリングが甘くなればそれだけ危険も高くなるわけだから、コーナリングラインが甘くなったと感じたら、少しの間でもいいから休む。休息というより気分転換ができるくらいの時間でいい。インターバル方式で走れば、慣れによるコーナリングでのミスも未然に防げることになるし体の疲労も少なくてすむ。

恐ろしいのはコーナー自体のバンク角。幅の広い道ならいいが、山道にアスファルトをしいただけのような道だと外側の路肩のほうが下がっている、いわゆる逆バンクになっている場合もままある。こんなところへもってきてバンクさせると、そのままスリップして転倒などという事態になりかねない。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

S字カーブ、クランクなどのコツ

上り坂の場合、ブレーキングが終了したら、パーシャルではなくアクセルオンで加速しつつ回っていくことがポイントになる。バンクがついていると、プラスαでパワーが食われるので、ギヤの選定は予想より1段低くして …

no image

オートバイはライダーの目線にそって進む

目線が遠方にあり、周囲の状況を判断しながら走ればどうだろう。自分のオートバイが通る場所、前後の交通状況、飛び出しがありそうな場所の確認などの情報がすべてそろっており、そこから判断できる。そうすれば自分 …

no image

オートバイの種類には4つのタイプ

オートバイは、走行する場所、マシンの性格、ユーザーの使用目的、モータースポーツの種類などによって、次の4つのタイプに分けることができる。 コンペテーションタイプ(競技用モデル) オフロードタイプ(トレ …

no image

二輪車のブレーキの操作で重要なのは

ブレーキ操作で重要なのは、レバーを何本の指で据るかということではなく、何本でもよいから確実な入力と、その入力をコントロールできる据り方をするということである。自分の手の大きさや握力を考えた上で、最も操 …

no image

ライディングフォームを直すステップ

基本的なライディングフォームは、自分で絶対に直すという強い意思を持っていれば直せないことはない。走っているオートバイのライダーが、シートの中心からずれて座っているのを見かけるが、たいてい左側にねじれて …