スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのコーナー進入時の注意するポイント

投稿日:

コーナリングに夢中になって近くばかりを見ていると上下感覚を失いがちだ。防止策は、走っているときにできるだけ遠方を見ることだ。それにコーナーとコーナーの間の直線部分では、少しでもいいから遠い山や建物などを見ること。そうすれば登るにつれて山や建物が下にいくので、自分が登っている、という感じがつかめるはずだ。

登りで最も危険なのは、連続するコーナーに気をとられ自分がいま登っているのだ、という感覚を失ってしまうこと。勾配が少しゆるやかになると、下っているかのような錯覚におちいり、登り下りをはっきりと判断できなくなる。「スロットルをかなり開いているのに加速しない。エンジンがおかしいのでは」と思うようになったら赤信号。感覚が狂ってきているのだから、思わぬミスを起こしかねない。こうなったら休むしかない。広い場所に停車してひと息入れる。するとまた、登りの感覚が戻ってくるはずだ。

コーナー進入前にじゅうぶん路面の状況を読むことが大切だ。またコーナリングに慣れすぎることも危険。最初のうちはかなり慎重に走っているが、あまりにもコーナーが連続すると緊張感がうすれてきて、しだいに甘いラインしかとれなくなってしまう。こんなときは早めに休息をとる。

コーナリングが甘くなれば

コーナリングが甘くなればそれだけ危険も高くなるわけだから、コーナリングラインが甘くなったと感じたら、少しの間でもいいから休む。休息というより気分転換ができるくらいの時間でいい。インターバル方式で走れば、慣れによるコーナリングでのミスも未然に防げることになるし体の疲労も少なくてすむ。

恐ろしいのはコーナー自体のバンク角。幅の広い道ならいいが、山道にアスファルトをしいただけのような道だと外側の路肩のほうが下がっている、いわゆる逆バンクになっている場合もままある。こんなところへもってきてバンクさせると、そのままスリップして転倒などという事態になりかねない。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのフロントとリアのブレーキの制動力

一般的にはフロントブレーキのほうが強力かつ有効的であり、最近のスポーツパイクはフロントはダブルディスクブレーキ、リヤにはシングルディスクブレーキを採用している例が多い。例えば、ロードレースではフロント …

no image

ロースタートでそのまま引っ張れるだけ引っ張っぱるのはよくない

よく街中で見かける光景だが、ローでスタートし、そのまま引っ張れるだけ引っ張っている人がいる。白煙を残して去っていく姿は絵になるが、あまりにも回転を上げて走ると馬脚をあらわす。ピークを超えたあとは出力は …

no image

バイクのツナギの手入れ

レーシングギヤの代表はなんといってもツナギだ。MFJ(日本モーターサイクル協会)の規定によると、ライダーのウェアは皮革、製でなければいけないとされている。何故レザー製品がよいのかは科学的に解明されてな …

no image

バイクのシフトダウンのコツ

加速や制動はなにもアクセルやブレーキだけで行うものではない。例えば、トップギヤで走行中、行く手の信号機が赤の時、バイクを停止させるのにクラッチを切りブレーキだけでゆっくりと停止するライダーがいるが、こ …

no image

バイクのエンジンシステムの種類やその違い

・エンジンシステムの違い 2ストロークエンジンは、クランクシャフト1回転で、吸入・圧縮・爆発・排気の一行程を行うシステムになっている。クランクシャフトが1回転するたびに(ピストンが上死点に行くたびに) …