バイク

バイクのコーナー進入速度以外に注意すること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

急ブレーキ。コーナーリング中に急停止するときは、寝ている車体を垂直に近い角度まで立て直してから行う。急ブレーキと進路変更を行う場合は、ブレーキを解除してから進路変更を行い、必要があれば、再びブレーキングを行う。

危険回避には、2つのケースがある。1つは、このまま通常のライディングを行っていると、転倒や道路外への飛び出しの危険性があり、なんらかの手段を講じなければならない場合。もう1つは完全にパニックとなり、どうやってもこのままでは転倒や衝突は避けられず、いかにして体のダメージを最小限にするかという場合である。

もちろん、この2つのケースに陥らないように先読みを深くし、「だろう運転」は絶対にしないのがベストだが、外からの要因(落下物、風、相手の動向)により、この2つのケースに陥ることが絶対にないとはいいきれない。

コーナー進入時に、何かがありそうな場合や先が読めない場合は、スピードを落とすことはもちろん、ブレーキレバーに人さし指1本をかけておき、いざブレーキングというときも、必要以上の力が入らないようにしておくとよい。これは、オンロードでもオフロードでも同様である。

コーナーリング中に落下物を発見した場合

コーナーリング中に落下物を発見した場合は、驚いてブレーキを反射的に効かせてしまいがちだが、最新のスーパースホーツは強力なブレーキ性能を有しているので、こんなことをすれば一発で転倒してしまう。

急激にハンドルが振られて転倒するケースは、オンロードでは少ないが、オフロードではテクニックが伴わないとよく起こる。連続したギャップでは、アクセルオンで通過するか、ハーフスロットルでリズミカルに通り抜けるのがベストだが、振られてしまったときは、アクセルを開け、前輪荷重を軽くしてやると、ほとんどの場合おさまるものである。

ダートの場合、コーナーリング中の進路変更は、アクセルワークで後輪を振ったり、逆に後輪ブレーキを強く効かせてタイヤをロックさせ、ブレーキターンを応用して行う。このテクニックは舗装路でも十分通用するが、練習するときは、オフロード車を使用し、平坦なダートで行うと上達が早い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加