バイク

バイクのコーナリングテクニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイクは車体を寝かせてコーナーを曲がる。これは当然のこと。さらにコーナーが大きければ、すなわち半径が大きければ、あまり寝かすことなく高いスピードで走る。これは当然。すると速いコーナリングとは、より大きな半径を描いて走ること、これにほかならない。したがってコーナー入口ではセンターラインいっばいにまで寄り、そこから可能なかぎり大きな円を描くようなコーナリングがベストということになる。

コーナー最深部を通って脱出に至るラインもそれまでの回転半径と同じか、あるいは大きな円を描くように取る。けっして途中からさらに寝かさなければならないようなラインは取らないことだ。途中まで楽らくとコーナリングして、いざ脱出になってあわてて寝かすことほど危険なことはない。それでなくともコーナリング中は微妙なバランスが要求される。その状態からさらに寝かすとなると、安全性が犠牲になるのはだれの目にも明らかだろう。

キープレフト無用論を持ち出すまでもなく

キープレフト無用論をいまさら持ち出すまでもなく、コーナリングにおいては右の標題どおりの走りをだれでも行なっているはず。つねに路肩近くを走っているのはファミリ「バイクくらいなものだろう。だが、車線の幅をどれだけ有効に使っているかとなると話はべつ。センターラィンぎりぎりまで使っている、と自分では思っても、はたから見ると車線の半分ょりやや右に寄っているなんてことはザラ。これでは楽なコーナリングはできない。

また、センターラインいっぱいまで寄って車体を傾け、コーナーのいちばん深いところまで進んだ。このときに注意するのはクリッピングポイントなど意識しないことだ。たしかにコーナーをクリアする場合にクリッピングポイントはある。しかし、それを意識しすぎると逆効果。そこへ近づけよう近づけようとして不自然な姿勢を取り、バランスも微妙にくずれてしまう。そんな考えは捨てて、素直なラインを描くように心がけること。そうすれば安全でしかも確実なコーナリングが可能となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加