スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのコーナリングテクニック

投稿日:

バイクは車体を寝かせてコーナーを曲がる。これは当然のこと。さらにコーナーが大きければ、すなわち半径が大きければ、あまり寝かすことなく高いスピードで走る。これは当然。すると速いコーナリングとは、より大きな半径を描いて走ること、これにほかならない。したがってコーナー入口ではセンターラインいっばいにまで寄り、そこから可能なかぎり大きな円を描くようなコーナリングがベストということになる。

コーナー最深部を通って脱出に至るラインもそれまでの回転半径と同じか、あるいは大きな円を描くように取る。けっして途中からさらに寝かさなければならないようなラインは取らないことだ。途中まで楽らくとコーナリングして、いざ脱出になってあわてて寝かすことほど危険なことはない。それでなくともコーナリング中は微妙なバランスが要求される。その状態からさらに寝かすとなると、安全性が犠牲になるのはだれの目にも明らかだろう。

キープレフト無用論を持ち出すまでもなく

キープレフト無用論をいまさら持ち出すまでもなく、コーナリングにおいては右の標題どおりの走りをだれでも行なっているはず。つねに路肩近くを走っているのはファミリ「バイクくらいなものだろう。だが、車線の幅をどれだけ有効に使っているかとなると話はべつ。センターラィンぎりぎりまで使っている、と自分では思っても、はたから見ると車線の半分ょりやや右に寄っているなんてことはザラ。これでは楽なコーナリングはできない。

また、センターラインいっぱいまで寄って車体を傾け、コーナーのいちばん深いところまで進んだ。このときに注意するのはクリッピングポイントなど意識しないことだ。たしかにコーナーをクリアする場合にクリッピングポイントはある。しかし、それを意識しすぎると逆効果。そこへ近づけよう近づけようとして不自然な姿勢を取り、バランスも微妙にくずれてしまう。そんな考えは捨てて、素直なラインを描くように心がけること。そうすれば安全でしかも確実なコーナリングが可能となる。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

路面の状況に応じた走りが必要

一般公道は生き物、とよくいわれる。例えば、行きに走った時は何にもなかった帰りに走ったら溝ができていたとか、砂が出ていたとか、工事中で鉄板が敷いてあったなどはよくあるケースである。従ってライダーは常に気 …

no image

バイクのエンジンシステムの種類やその違い

・エンジンシステムの違い 2ストロークエンジンは、クランクシャフト1回転で、吸入・圧縮・爆発・排気の一行程を行うシステムになっている。クランクシャフトが1回転するたびに(ピストンが上死点に行くたびに) …

no image

上手いブレーキングはジワッときかせること

2輪、4輪を問わず急激な制動をかけることは、マシンばかりでなくライダーにまで大きな負担をかけ、百害あって一利もない。これを裏返せば、上手なブレーキングが浮かび上がってくる。それはジワッときかすことだ。 …

no image

アクセルはキャブレターを開閉してエンジンへガスを送り込む

アクセルは、キャブレターを開閉してエンジンへガスを送り込む重要な働きを受け持つ。時には一気にガスを送り込み、時には微妙なコントロールが必要となり、エンジン性能を十分に引き出したスムーズな走りはここから …

no image

バイクでも昼間はヘッドライトを付けて走るようにしよう

オートバイというものは、他の交通機関から見ると、確認しにくく、また、スピードも遅く見られがちであるということを、絶対に忘れないことだ。具体的には、なんといっても、視認性のよいウエアでライデイングするこ …