スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのコーナリングの体の荷重の移動

投稿日:

どのコーナリングにもいえることだが、頭は必ず起して水平に近い状態にしていることが大切で、リーンと一緒に頭が傾くとバランスが崩れて非常に危険になる。手はハンドルグリップ以外は力を抜き、ブレーキやクラッチレバーは必要以外は握らない。ひざは無理にグリップする必要はまったくなく(オフロードではグリップが必要だが)、ここが教習所で学ぶことと異なる。

リーン・ウィズのポジションはストレートで走行しているポジションを崩さず、そのままの姿勢でコーナーに入り、抜ける感じになる。従って、内側の肩を若干コーナーの内側に入れる程度で、ひざは軽く開くぐらい。肩の力をぬいて肘を内側に軽くしばり込み、突っばらないよう注意、体重移動はほとんどなく最も姿勢変化の少ないコーナリングといえる。

実践では、むしろひざを開いたほうがバランスは取りやすい。しかし、たまに街中でストレートなのに両ひざをガバッと広げて走る恥知らずのライダーもみかけるが・フロントブレーキを作動させる時は教習所で4本指と学ぶが、3本指で握ったり、レースなどでは2本でも十分に作動させるライダーが多く、グリップを離さないためにもあえて3本がべストとしておこう。クラッチレバーも同様に考えてもらえばよい。

リーン・イン、リーン・ウィズ

リーン・イン、リーン・ウィズがマシンを傾ける方向にライダーも傾くフォームなのに対して、リーン・アウトはまったく逆にライダーとマシンが相反した方向へ傾くフォームなので、オンロードでは最近、あまり使われなくなってきた。

足の位置だが、ブレーキペタルはまだしも、チェンジペタルは遊びが少ないし、ステップの位置と同じ以上に高いと疲れるし危険性もあるので斜め横に足を出しておき、いつでもべタルに足が届くようにするのがべストだろう。

リーン・アウトの基本は、マシンを優先して傾け、ライダーはほとんど垂直のまま残しておくこと。外側のフットレストに体重をかけ両手でマシンをねかせてしまうので、ラクにマシンの切り返しができるのが魅力なのだ。これだと、ライダーが立ったままなので恐怖感も少なく前方に対する見通しも十分にきくので安全性も高い。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクでカーブに進入するスピード

突っ込みの最も多い原因はスピードオーバーだ。そのスピードオーバーの原因は、コーナーの大きさや形状判断の誤りや、あまりに先を急ぎ過ぎたり、自信過剰になっている場合が多く、心にゆとりのない時にやりがちだ。 …

no image

S字カーブ、クランクなどのコツ

上り坂の場合、ブレーキングが終了したら、パーシャルではなくアクセルオンで加速しつつ回っていくことがポイントになる。バンクがついていると、プラスαでパワーが食われるので、ギヤの選定は予想より1段低くして …

no image

コーナリングの限界に挑むハングオンというテクニック

ハングオンというコーナリングフォームで走るメリットとしては、より高いスピードでコーナ ーをクリアできることで、ラップタイムを短縮させるのには絶対に必要なテクニックともいえる。だからといって、だれでもが …

no image

オートバイはライダーの目線にそって進む

目線が遠方にあり、周囲の状況を判断しながら走ればどうだろう。自分のオートバイが通る場所、前後の交通状況、飛び出しがありそうな場所の確認などの情報がすべてそろっており、そこから判断できる。そうすれば自分 …

no image

急ブレーキでエンストしたらバイクを降りて道のわきに寄せる

急ブレーキでエンストすることはじつに多いが、まずオートバイから降りて道のわきに寄せる。そこでゆっくりキックする。さいわい現在のオートバイはほとんどが、ギアをニュートラルにしなくてもクラッチを握ればキッ …