バイク

バイクのコーナリングテクニック-ヘアピンなど

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

・へアピンコーナリング

低速コーナリングでは視線の方向がラインを決定するうえで大きな要素となるのだ。へアピンコーナリングは視線につきる、といっていい。アクセルはあくまでも一定で、ポジションはやや浮かせぎみにする。視線を少し遠方にすえ、人車一体を心がける。脱出時の姿勢も大切だ。へタに中腰でバランスを取っていると加速できなくなってしまう。

・スラローム走行

目は先々のパイロンへくばる。そして自分の走るライン、すなわちパイロンとパィロンの中間点をすばやく見つけ、確実にそこを走るように心がける。スラローム走行は、へアピンコーナリングとなる。そのためにも視線は遠方に置く必要がある。姿勢はリーンインがいい。ただし、右に左に体を移動しなければならないので、バランスをくずさないこと。

・超微速でバランスを保ちながら回る

大排気量車を引き回すのは大変だが、この手を使えば比較的簡単に方向転換が可能だろう。このテクニックは、狭い路地などでの方向転換に有効だ。テクニック的にはバランスをいかに取るか、これだけといっていい。またアクセルを一定に保つことも必要。アイドリングに近い状態で、きわめてゆっくり回らなければならない。

2輪免許年齢の引き上げなど

・2輪免許年齢の引き上げなど

骨が固まってから免許を取って、いくら安全に気をくばってみたところで、テクニック自体がギクシャクしていては、これはもう危険以外のなにものでもない。子どものときから2輪ライダーにふさわしい体力をつくる。そして2輪テクニックを体で覚え込む。こうしてはじめて人車一体、のカンが身につく。

やれ高校生のバイク禁止だとか2輪免許年齢の引き上げだとか、ちかごろ、いろいろとさわがしいが、反対だ。2輪というやつは体の骨や筋肉が柔軟なうちにーということは、できるだけ若いうちにーしっかりと体で覚え込んでおかないと、ほんとうの意味での人車一体、は体得できるものではないからだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加