スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクでのコーナリングのアクセルワークとブレーキング

投稿日:

3速50km/hで曲がる中速コーナー。4速からフルブレーキングを行いながら、3速にシフトダウンし、タイミングよくマシンを寝かし込む。フォームはややハングオン気味。上りと下りでは、ブレーキング時間やアクセル操作がかなり違ってくる。

コーナーリング中のアクセル操作は、上りの場合、ブレーキングポイントを早めにとり、かつ短時間で終了させ、アクセルを開けて(勾配がきついので、スピードを保持する程度)、加速気味に回っていき、クリッピングからは全開で立ち上がる。

バンク角は、必要以上に深くとって曲がるくせをつけてしまうと、上達への道が閉ざされてしまうので注意が必要だ。テクニックが向上し、速く走れるようになってはじめて、バンク角を深くする必要が生じるのである。視線は、コーナー出口とその10mぐらい先の路面を交互に見るようにするとよい。

コーナーリング中は、ハンドルには力を加えず、下半身で車体を保持し、上半身はつねにリラックスさせる。ハンドルに力を入れると、ステアリングの内向特性が妨げられ、旋回ラインが外側へふくらんでしまうからである。ラインの変更は、バンク角によって調整し、間違ってもハンドルで行ってはならない。

速くアクセルオンで立ち上がる乗り方

練習方法としては、ブレーキング、コーナーリング、立ち上がりと、めりはりをつけることがベストであり、速く曲がることより、速くアクセルオンで立ち上がる(加速に移る)乗り方をマスターすることが大切だ。

下りの場合は、やはりブレーキングポイントを早めにとり、まず確実に減速することを考える。マシンを寝かし込むときは、前後のブレーキを完全に解除せず、後輪20%、前輪10%ぐらいを効かせた状態で行うようにする。

バンク角が決まったら、後輪、次に前輪の順にブレーキを解除しながら回っていく。アクセルは開けて回るが、クリッピングまではエンジンブレーキを効かせるようにする。中高速コーナーは、タイトコーナーにくらべてバンクしている時間が長く、ビギナーや女性の中には、この状態を恐がる人もいる。しかし、恐がるとハンドルに力が入り、ますます曲がれなくなってしまう。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクで転倒した場合の体へのダメージを減らすテクニック

マシンとからみながらすべっていくとダメージも大きいので、転倒したらすぐにマシンから離れることだ。林道のコーナーで外側へ飛び出しそうになった場合、後輪から転倒する。テクニックが向上すれば、マシンをスピン …

no image

モトクロスで使う筋肉のトレーニング法

プロの鍛練は、握力機を使って行うという。これはオートバイのハンドルを台に固定し、ブレーキ、クラッチ、アクセルの各ワイヤーを強力なスプリングで引っ張る構造になっており、オートバイに乗る感覚で握力を強化し …

no image

逆ハン、カウンターを使ったコーナーリングはおすすめできない

逆ハンはプロに任せておけ。まず、正統派のハンドリングをマスターせよ。後輪は激しく回転していながらも、路面を確実にグリップしていない。このふたつの不自然さを考えれば、逆ハンがいかに無駄な乗り方であるかわ …

no image

バイクのライディングフォームはおかしくないですか?

マシンは、二輪で走っているために平衡感覚によるバランスが非常に大切だ。放っておけば転倒するし、止まっている時も足を着いたり、スタンドをかけなければ転んでしまう。従って、マシンに乗っている時は、ライダー …

no image

安全性を考慮したラインはアウト・イン・イン

アウト・イン・インは安全性をも考慮したラインだ。少しでも不安な要素を感じたらこの手を使いたい。アウト・イン・アウトは効果的だが、見通しのよい場所でだけ使うようにしたい。このふたつをうまく組み合わせれば …