バイク

バイクでコーナーを曲がる際の目線の移し方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目はあらゆる環境から情報を採り入れる大切な役割をする。直線では先へ先へと視線を移しながらバックミラー、両サイド、路面などを追いつづける。教習所で習うように例えば一本橋、走行ではあまり直前をみているとマシンが不安定になるから出口付近をみるようにいわれている。直線ではこの程度で足りるがコーナーではより一層の目くばりが要求される。

ライダーは、常に先を先をみて環境の変化を読みとり、安全性を確認しながら、自分の走行ラインやスピードをコントロールしていかなければならない。べテランになればなるほど、この一連の行動がスムーズに、そして要領よくできるようになり、合理的な走りができるので疲れも少なくてすむ。初心者ほど目を動かしすぎて注意不足になったり、一点を見つめすぎて他面に注意がまわらなかったりするものだ。

コーナーで大切なことは、いつまでも一点に集中していないで、前へ前へと視線を移していくこと。コーナー手前ではこのコーナーがどんな半径を持ち、何km/hのスピードでクリアできるかを読みとり、ブレーキングポイント、シフトポイントを決めて、目で確かめ、次の瞬間はマシンをリーンさせるポイントを、次は立ち上がり地点を、次はその先につづくコーナーを確認していなければならない。

コーナーでは視線が下向きにならないよう

コーナーでは視線が下向きにならないよう、どんどん先をみていくことが大切。万一、突っ込みすぎてもやばい、と思うより、新しいラインを早く見いだすこと。いつまでもマシンの行く手をみていると、そのまま突っ込んで痛い目にあう。

コーナーの中でも頭は必ず上げていること。つまり視線は常に路面と平行位置になければならない。また、コーナー入り口付近では頭を内側に向け、目だけで追わないようにすること。特に、初心者はどうしてもコーナーにくると外側付近やガードレールを見つめてしまいがちで、見つめれば見つめるほどマシンはその目標に向っていってしまうという悪循環をくり返すのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加