バイク

バイクに乗る際の基本フォームを知っておこう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国際A級ライダーでも、転倒が多くなったり、成績不振のときは、もう一度、走り込んで自分なりのフォームを再チェックしている。基本フォームからやり直すことは、けっして遠まわりにはならない。むしろ、よりハイテクニックをマスターする早道として、つねに基本姿勢、基本操作を見直し、それを完全にマスターしなければならない。たとえばプロ野球の選手などでも同じだ。一流の打者でさえ何試合もホームランが打てないで、スランプ状態になることもある。

こんなとき、解説者はフォームがややくずれていると指摘しているのは、あなたもテレビやスポーツ紙で知っているだろう。ここで基本のライディングフォームを列記して、チェック項目をあげてみよう。背すじを伸ばして、自然に伸ばした両腕でハンドルグリップを握る。腕は肘を軽く絞り込む感じで、肩の力を抜く。

顎を引いて、顔をまっすぐ前方に向けて目標物をとらえよう。グリップの内側を指1本分くらいあけて軽く握る。つま先は進行方向に向け、水平に近い角度を保つ。膝はタンクに軽くつける。これは走り出してからのニーグリップに大切なフォームだ。

オートバイのメインスタンドを立て

オートバイのメインスタンドを立てて、ステップの上にまっすぐ立つ。上体をそのままの状態で、自然に膝を曲げ、素直にシートに腰をおろす。通常はタンクと体の間に握りこぶしがひとつはいるはず。

以上が基本のライディングフォームだが、この姿勢がいつでも自然に取れるようになれば、もうあなたは一人前だ。ただし、基本フォームを取ったときに、なんとなくぎこちなかったり、足首が苦しいと感じた人は、すでに悪いフォームが身についているのだ。これではバイクに乗れるというだけにすぎない。

また、でっかいバイクに乗りたいんだが、足がとどかなくて心配ーなんて話を聞くことがある。そんな心配をする人は重量車に乗るのは難しいかもしれない。バイクは走っているときに足がステップにとどきさえすればいいのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加