スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクに乗る際の基本フォームを知っておこう

投稿日:

国際A級ライダーでも、転倒が多くなったり、成績不振のときは、もう一度、走り込んで自分なりのフォームを再チェックしている。基本フォームからやり直すことは、けっして遠まわりにはならない。むしろ、よりハイテクニックをマスターする早道として、つねに基本姿勢、基本操作を見直し、それを完全にマスターしなければならない。たとえばプロ野球の選手などでも同じだ。一流の打者でさえ何試合もホームランが打てないで、スランプ状態になることもある。

こんなとき、解説者はフォームがややくずれていると指摘しているのは、あなたもテレビやスポーツ紙で知っているだろう。ここで基本のライディングフォームを列記して、チェック項目をあげてみよう。背すじを伸ばして、自然に伸ばした両腕でハンドルグリップを握る。腕は肘を軽く絞り込む感じで、肩の力を抜く。

顎を引いて、顔をまっすぐ前方に向けて目標物をとらえよう。グリップの内側を指1本分くらいあけて軽く握る。つま先は進行方向に向け、水平に近い角度を保つ。膝はタンクに軽くつける。これは走り出してからのニーグリップに大切なフォームだ。

オートバイのメインスタンドを立て

オートバイのメインスタンドを立てて、ステップの上にまっすぐ立つ。上体をそのままの状態で、自然に膝を曲げ、素直にシートに腰をおろす。通常はタンクと体の間に握りこぶしがひとつはいるはず。

以上が基本のライディングフォームだが、この姿勢がいつでも自然に取れるようになれば、もうあなたは一人前だ。ただし、基本フォームを取ったときに、なんとなくぎこちなかったり、足首が苦しいと感じた人は、すでに悪いフォームが身についているのだ。これではバイクに乗れるというだけにすぎない。

また、でっかいバイクに乗りたいんだが、足がとどかなくて心配ーなんて話を聞くことがある。そんな心配をする人は重量車に乗るのは難しいかもしれない。バイクは走っているときに足がステップにとどきさえすればいいのだ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

路面の状況に応じた走りが必要

一般公道は生き物、とよくいわれる。例えば、行きに走った時は何にもなかった帰りに走ったら溝ができていたとか、砂が出ていたとか、工事中で鉄板が敷いてあったなどはよくあるケースである。従ってライダーは常に気 …

no image

バイクのディスクブレーキの制動力の向上

最近は水に弱い、といわれたディスクブレーキのなき所を解消させて、モトクロッサーやオフロード系マシンにも積極的にディスクブレーキが使用されるようになった。しかし、いくらブレーキ性能がアップしても、それを …

no image

バイクでもキャンピングは可能

いろいろなことを経験するといったことから、できる限りキャンピングでのツーリングをすすめたい。年をとってから何泊ものキャンプ生活はとても厳しく、できるものではないし、思い出をより深めるためにもキャンプは …

no image

ソロツーリングの楽しみ方

ソロツーリングは、文字通りひとりでツーリングすることであり、自由にコースやスケジュールを組んで、気分に合った走りを楽しむことができるのが最大のメリットといえる。だれにも遠慮はいらないし、規制されること …

no image

公道でウィリーをしたら検挙される

バイクが好きなバイク乗りのかたたちの中にはウィリーがしてみたいと思っておられる方は多いかもしれませんし、ウィリーを練習したことがある方もいるでしょう。しかし、一般公道でウィリーをすると安全運転義務違反 …