スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクではキープレフトを守るようにしよう

投稿日:

バイクで道路を走行する際、もし、左端を走ろうとしたら、ライダーは常に前方にある障害物に気をくばってこれをよけるために、そのたびに疲れてしまう。周囲の状況を十分に把握しながら走るこ必要となる。これらのことができないのなら、やはりキープレフトを守り、左端を走るしかない。

教習所では、バイクは道の左端を走らなくてはならないと習う。しかし、実際の公道を走る場合は必ずしもそうはいかない。バイクは幅がないため、線が細く、クルマにとっては確認しにくい存在であり、目立たない存在だ。そして、道路の左端というのは、今や駐車車両や荷物置き場のようになってしまっていることが多く、とても危険性の高いラインといえる。

いずれにしてもバイクは弱者、的存在から脱皮することはできそうもないので、自分の存在をアピールして、迷惑をかけなうに走るかにかかってくるようだ。それ対クルマとの混合交通の中でバイクが生き伸びることのできる大きな要因にもなってくる。

バイクをじゃま物扱いするクルマがいると

さらに、左端を走るバイクをじゃま物扱いするクルマがいると、抜かれるたびにバイクはヒヤヒヤしながらじっとがまんしなければならないだろう。それだったら、いっそのこと道路の中央を思い切って走ってしまった方が気持ちもラクだし、クルマもバイクの存在を認めてくれる。また、駐車車両に気を使うこともない。

ただ、中央を走っていて危ないのは例えば、転倒した際、道路上にライダーが出される可能性が高く、そのままだと後てくるクルマに引かれたり、はね飛ばさりすることだ。従って、あまり必要性がのに中央寄りを走ることは避けたい。

2車線や3車線の道路でとりたてて障害物もないのに、キープレフトをせずに中央車線を走っていると、これは明らかに法律違反となり、警察官やパトカーにみつかるとキップを切られることになる。だから、道路によって、うまく走行する場所を考えていかなければいけない。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

信号での右折、左折、直進などの走り方

信号のあるなしにかかわらず、右折には危険が伴うので、1にも2にも安全確認を行うことが大切だ。オートバイは加速がよいため、つい無理をして対向する直進車輌の直前や切れ目を狙って強引に右折しがちだが、直進車 …

no image

怪我による出血の手当の知識

マスツーリングやモータースポーツを楽しむにも、最低限の応急手当のしかたぐらいは覚えておく必要があり、専門書も多数市販されているので、ぜひ勉強し、自信を持って手当できるようになってほしい。実際の手当には …

no image

高出力・高回転型か

・高出力・高回転型か 乾燥重量は、ガソリン、オイル(Fフォーク内含む)、水を含まない車輌重量のことであり、単に車輌重量という場合には、ガソリン、オイル、水を含んだ整備重量をいう。車体の各寸法は、空車時 …

no image

エンジンのトルクや馬力について

トルクは、軸をねじる力のことで、エンジンの力をあらわす単位である。つまり、最大トルクが高いほど、エンジンの力(回転力)が強いことになる。ところで、諸元表の見方だが、大切なのは最大出力や最大トルクの数値 …

no image

周回コース・幹線コースの走り方など

周回コースとは、外周路のことであり、幹線コースとは、周回コースに通じる縦横のコースのことをいう。ここでの走行の際の注意点は、以下のとおりである。周回コースでは、トップギヤでのスムースな走行を心がけ、カ …