バイク

バイクではキープレフトを守るようにしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイクで道路を走行する際、もし、左端を走ろうとしたら、ライダーは常に前方にある障害物に気をくばってこれをよけるために、そのたびに疲れてしまう。周囲の状況を十分に把握しながら走るこ必要となる。これらのことができないのなら、やはりキープレフトを守り、左端を走るしかない。

教習所では、バイクは道の左端を走らなくてはならないと習う。しかし、実際の公道を走る場合は必ずしもそうはいかない。バイクは幅がないため、線が細く、クルマにとっては確認しにくい存在であり、目立たない存在だ。そして、道路の左端というのは、今や駐車車両や荷物置き場のようになってしまっていることが多く、とても危険性の高いラインといえる。

いずれにしてもバイクは弱者、的存在から脱皮することはできそうもないので、自分の存在をアピールして、迷惑をかけなうに走るかにかかってくるようだ。それ対クルマとの混合交通の中でバイクが生き伸びることのできる大きな要因にもなってくる。

バイクをじゃま物扱いするクルマがいると

さらに、左端を走るバイクをじゃま物扱いするクルマがいると、抜かれるたびにバイクはヒヤヒヤしながらじっとがまんしなければならないだろう。それだったら、いっそのこと道路の中央を思い切って走ってしまった方が気持ちもラクだし、クルマもバイクの存在を認めてくれる。また、駐車車両に気を使うこともない。

ただ、中央を走っていて危ないのは例えば、転倒した際、道路上にライダーが出される可能性が高く、そのままだと後てくるクルマに引かれたり、はね飛ばさりすることだ。従って、あまり必要性がのに中央寄りを走ることは避けたい。

2車線や3車線の道路でとりたてて障害物もないのに、キープレフトをせずに中央車線を走っていると、これは明らかに法律違反となり、警察官やパトカーにみつかるとキップを切られることになる。だから、道路によって、うまく走行する場所を考えていかなければいけない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加