スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクではキープレフトを守るようにしよう

投稿日:

バイクで道路を走行する際、もし、左端を走ろうとしたら、ライダーは常に前方にある障害物に気をくばってこれをよけるために、そのたびに疲れてしまう。周囲の状況を十分に把握しながら走るこ必要となる。これらのことができないのなら、やはりキープレフトを守り、左端を走るしかない。

教習所では、バイクは道の左端を走らなくてはならないと習う。しかし、実際の公道を走る場合は必ずしもそうはいかない。バイクは幅がないため、線が細く、クルマにとっては確認しにくい存在であり、目立たない存在だ。そして、道路の左端というのは、今や駐車車両や荷物置き場のようになってしまっていることが多く、とても危険性の高いラインといえる。

いずれにしてもバイクは弱者、的存在から脱皮することはできそうもないので、自分の存在をアピールして、迷惑をかけなうに走るかにかかってくるようだ。それ対クルマとの混合交通の中でバイクが生き伸びることのできる大きな要因にもなってくる。

バイクをじゃま物扱いするクルマがいると

さらに、左端を走るバイクをじゃま物扱いするクルマがいると、抜かれるたびにバイクはヒヤヒヤしながらじっとがまんしなければならないだろう。それだったら、いっそのこと道路の中央を思い切って走ってしまった方が気持ちもラクだし、クルマもバイクの存在を認めてくれる。また、駐車車両に気を使うこともない。

ただ、中央を走っていて危ないのは例えば、転倒した際、道路上にライダーが出される可能性が高く、そのままだと後てくるクルマに引かれたり、はね飛ばさりすることだ。従って、あまり必要性がのに中央寄りを走ることは避けたい。

2車線や3車線の道路でとりたてて障害物もないのに、キープレフトをせずに中央車線を走っていると、これは明らかに法律違反となり、警察官やパトカーにみつかるとキップを切られることになる。だから、道路によって、うまく走行する場所を考えていかなければいけない。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのクラッチ操作の練習

クラッチはエンジンのパワーを断続するのが役目。クラッチの使い方ひとつでテクニックの上手、下手がすぐにわかってしまう。クラッチのつなぎ方は、左手のクラッチレバーを離すと同時に右手のアクセルグリップを開い …

no image

レインウェアの選び方-バイク用

以前は、レインウェアとはいわずにカッパ、などといって、おソバ屋さんが使うような紺色のカッパしかなかった。価格は千円前後なので着る人も多かったが、1時間も走ると雨水が漏ってきてパンツまで濡れて困ったもの …

no image

ツーリング初心者は日帰り日程からはじめる

ツーリングの楽しみは実行するより、事前のプラン立ての方が楽しい、なんていう人がいるぐらい計画を立てるのは胸がワクワクする。何回もプランを立てて、それを実行していくうちに慣れるし反省を重ねるのでコツもわ …

no image

ストッピングパワーなどの用語

・ストッピングパワー ブレーキ能力の大小を表現する言葉。 ・0〜400m加速 通常、「0〜4加速」といい、停止状態から400mを走行するのに要した時間を計測する。この0〜4加速は、ライダーのテクニック …

no image

ニーグリップとは何か知っていますか?

ニーグリップは人間がオートバイと一体になって走るのに絶対に欠かせない要素だ。そもそも2輪は腰かけて乗るものではない。またがるものなのだ。ドッカと尻をシートに置いて乗るものではない。乗馬を思い出してもら …