スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイク走行時の怪我は擦り傷でも病院へ行く

投稿日:

キズがみえないで血だけをみるとどうしても不安になってしまうものだ。こんな時、血を拭いてあげて大丈夫、ちょっとすりむいただけだよ、と声をかけてあげよう。このひとことで負傷した人は非常にラクになる。これが応急手当の基本なのである。

最近は、セットになったものも市販されているので、持ち運びにも便利である。特に、ツーリングなどでは、山道や人里離れた所を走行中に転倒したりケガをすることもある。血を流している時、ひざのキズはその人自身が確認できるからまだよいが、顔のキズはみえないので流れる血だけをみて精神的な不安に陥ることがある。

応急手当をしたら一刻も早く病院に行くことが大切で、その場で手当をしたからもう大丈夫、などと軽くみると後で悪化してたいへんなことになってしまう可能性もある。休日だったりする時は、なかなか医者がみつからないので迷わず119番して、救急車で早目に医者まで運ばう。

エンジンブレーキをかけたい時

エンジンブレーキをかけたい時はミッションを5速、4速、3速とシフトダウンさせればエンジンブレーキがきいてくることになる。エンジン回転数は高く、ミッションは低いほうがより有効的なエンジンブレーキになっていく。走行時でスロットルを戻した際のほうがより強力なエンジンブレーキがかけられるし、逆に、トップで走行中にスロットルを戻してもエンジンブレーキはほとんどかからない。

フロントブレーキ、リヤブレーキに加えて、オートバイにはエンジンブレーキがあり、うまいライダーほど、このエンジンブレーキを有効に活用しているものだ。エンジンブレーキとは、例えばホンダVT250Fをトップギヤで走行中に、アクセルスロットルをいっばいに戻すと、エンジンの働きが著しく低下するのにリヤホイールは高回転しているため、リヤホイールがエンジンを回すことになる。このためエンジンのピストン運動が抵抗となってブレーキと同じような効果が生じることをいう。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

オフロード用ジャケットなどのバイク用品

ウェアは、通気性のよいトレーナーか、エンデューロジャケットと呼ばれるオフロード専用ジャケットが、動きやすく最満である。ゴーグルは、モトクロス用か、それにフェイスマスクを取りつけて使用するのがメジャーで …

no image

バイクのブレーキングとシフトダウン

停止するときは、ブレーキングとシフトダウンを継続し、2速で止まるのがふつうである。パニックブレーキには至らないまでも、急停止をする場合は、1速まで落とすが、この場合はそのマシンの変速比を考えることだ。 …

no image

バイクでの追い越しでは事故に気をつけよう

直線や登り坂、下り坂での追い越しをする条件としては、対向車がいないこと、追い越した後に自分の入れるスペースが十分にあること、路地からクルマや子供などが飛び出してこない確認が得られることなどが必要。 道 …

no image

バイクでカーブに進入するスピード

突っ込みの最も多い原因はスピードオーバーだ。そのスピードオーバーの原因は、コーナーの大きさや形状判断の誤りや、あまりに先を急ぎ過ぎたり、自信過剰になっている場合が多く、心にゆとりのない時にやりがちだ。 …

no image

サンデーライダーのブレーキの技術の低さによる危険

以前こんなことがあった。ツーリングで走行中、ネズミ捕りに合って計測されたが、人はまったく気付かずになお走行。しばらく行った所で警察官が道路に出てきて停止を命じた。ライダーは急に道路に飛び出してきた警察 …