スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクでカーブに進入するスピード

投稿日:

突っ込みの最も多い原因はスピードオーバーだ。そのスピードオーバーの原因は、コーナーの大きさや形状判断の誤りや、あまりに先を急ぎ過ぎたり、自信過剰になっている場合が多く、心にゆとりのない時にやりがちだ。

コーナリングで最も危ないのは、突っ込み過ぎた場合。ここでライダーがしまった、と思い、あせったらもう終り。後はガードレールに張りつくか、反対車線に飛び出すか、転倒かのいずれかになりかねない。これを回避するのは日常から冷静さを養い、突っ込み過ぎた時の修正ラインをしっかり頭に入れておくことだ。

問題なのは、あまりオーバースピードに気を使い過ぎて逆にスピードを下げすぎ、かえってマシンが不安定になったり、後続車にじゃま者扱いされてしまうことだ。むしろ、オーバースピードで入ってもクリアできるテクニックを身につけることも大切である。それと同時に、オーバースピードで突っ込まずにすむような、冷静な判断力を養ってもらいたいものだ。

スピードを落とすためにブレーキを作動させる時

スピードを落とすためにブレーキを作動させる時は、急ブレーキは禁物で徐々にゆるやかにかけていくこと。また、クラッチを切ったり、マシンを無理に起こそうとしないことなども原則。突っ込み過ぎてももうだめだ、とあきらめたら、本当にそれでおしまいになってしまうので、最後の最後までマシンをコントロールする気持ちを持ちつづけたい。

それでもオーバースピードでコーナーに入ってしまったら、スピードを落とす努力も必要だが、それよりもまず、当初描いていた走行ラインにこだわらずにラインを変えていくことが重要だ。クリッピングポイントを深く奥にずらし、視線も近くをみるより、より遠くを追っていくことでクリアしていくのだ。まちがってもブレーキだけに頼ったり、走行ラインを変えないでガンコに守っていると危険な状況をさらに加速させてしまうことにもなる。早く頭を切り換えて次の対応を考えた行動をとることだ

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

コーナーをアウトインアウトで曲がる

アウト側を走ることは、ライダーの視線も外側になるから常にガードレールとにらめっこしながら走ることにもなり、疲れも増すので危険だ。その点、アウト・イン・アウトでコーナーの内側を一時的に通過することにより …

no image

タイトコーナーで重要なのはブレーキングと失速しないこと

タイトコーナーで最も重要なのは、ブレーキングはもちろんだが失速しないことである。つまり、減速オーバーにならないということだ。コーナーの入口では、2速なり3速に減速されていることはもとより、パワーバンド …

no image

バイクのコーナー進入速度以外に注意すること

急ブレーキ。コーナーリング中に急停止するときは、寝ている車体を垂直に近い角度まで立て直してから行う。急ブレーキと進路変更を行う場合は、ブレーキを解除してから進路変更を行い、必要があれば、再びブレーキン …

no image

バイクで転倒した場合の体へのダメージを減らすテクニック

マシンとからみながらすべっていくとダメージも大きいので、転倒したらすぐにマシンから離れることだ。林道のコーナーで外側へ飛び出しそうになった場合、後輪から転倒する。テクニックが向上すれば、マシンをスピン …

no image

バイクのミッションのギアチェンジのコツなど

レースなどでは、たった1回のギヤシフトミスが勝負の別れ道につながることが多く、常に適切なミッションの選択と操作が要求されるほど。一般にも共通することは多く、例えばワインディングロードで速く走れるライダ …