スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクでカーブに進入するスピード

投稿日:

突っ込みの最も多い原因はスピードオーバーだ。そのスピードオーバーの原因は、コーナーの大きさや形状判断の誤りや、あまりに先を急ぎ過ぎたり、自信過剰になっている場合が多く、心にゆとりのない時にやりがちだ。

コーナリングで最も危ないのは、突っ込み過ぎた場合。ここでライダーがしまった、と思い、あせったらもう終り。後はガードレールに張りつくか、反対車線に飛び出すか、転倒かのいずれかになりかねない。これを回避するのは日常から冷静さを養い、突っ込み過ぎた時の修正ラインをしっかり頭に入れておくことだ。

問題なのは、あまりオーバースピードに気を使い過ぎて逆にスピードを下げすぎ、かえってマシンが不安定になったり、後続車にじゃま者扱いされてしまうことだ。むしろ、オーバースピードで入ってもクリアできるテクニックを身につけることも大切である。それと同時に、オーバースピードで突っ込まずにすむような、冷静な判断力を養ってもらいたいものだ。

スピードを落とすためにブレーキを作動させる時

スピードを落とすためにブレーキを作動させる時は、急ブレーキは禁物で徐々にゆるやかにかけていくこと。また、クラッチを切ったり、マシンを無理に起こそうとしないことなども原則。突っ込み過ぎてももうだめだ、とあきらめたら、本当にそれでおしまいになってしまうので、最後の最後までマシンをコントロールする気持ちを持ちつづけたい。

それでもオーバースピードでコーナーに入ってしまったら、スピードを落とす努力も必要だが、それよりもまず、当初描いていた走行ラインにこだわらずにラインを変えていくことが重要だ。クリッピングポイントを深く奥にずらし、視線も近くをみるより、より遠くを追っていくことでクリアしていくのだ。まちがってもブレーキだけに頼ったり、走行ラインを変えないでガンコに守っていると危険な状況をさらに加速させてしまうことにもなる。早く頭を切り換えて次の対応を考えた行動をとることだ

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクでも昼間はヘッドライトを付けて走るようにしよう

オートバイというものは、他の交通機関から見ると、確認しにくく、また、スピードも遅く見られがちであるということを、絶対に忘れないことだ。具体的には、なんといっても、視認性のよいウエアでライデイングするこ …

no image

バイクのツナギの手入れ

レーシングギヤの代表はなんといってもツナギだ。MFJ(日本モーターサイクル協会)の規定によると、ライダーのウェアは皮革、製でなければいけないとされている。何故レザー製品がよいのかは科学的に解明されてな …

no image

オートバイの種類には4つのタイプ

オートバイは、走行する場所、マシンの性格、ユーザーの使用目的、モータースポーツの種類などによって、次の4つのタイプに分けることができる。 コンペテーションタイプ(競技用モデル) オフロードタイプ(トレ …

no image

カーブの切り返しテクニック

ライダーは、お尻と上体が左側へ寄った状態で、そのまま必要とするバンク角まで車体を寝かし込む。バンク角が決まったら、今度は足に力を入れ、傾きを保持する。これでオーケーだ。切り返す場所を確認したら、左足( …

no image

バイクのコーナリングテクニック

バイクは車体を寝かせてコーナーを曲がる。これは当然のこと。さらにコーナーが大きければ、すなわち半径が大きければ、あまり寝かすことなく高いスピードで走る。これは当然。すると速いコーナリングとは、より大き …