スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクでカーブに進入するスピード

投稿日:

突っ込みの最も多い原因はスピードオーバーだ。そのスピードオーバーの原因は、コーナーの大きさや形状判断の誤りや、あまりに先を急ぎ過ぎたり、自信過剰になっている場合が多く、心にゆとりのない時にやりがちだ。

コーナリングで最も危ないのは、突っ込み過ぎた場合。ここでライダーがしまった、と思い、あせったらもう終り。後はガードレールに張りつくか、反対車線に飛び出すか、転倒かのいずれかになりかねない。これを回避するのは日常から冷静さを養い、突っ込み過ぎた時の修正ラインをしっかり頭に入れておくことだ。

問題なのは、あまりオーバースピードに気を使い過ぎて逆にスピードを下げすぎ、かえってマシンが不安定になったり、後続車にじゃま者扱いされてしまうことだ。むしろ、オーバースピードで入ってもクリアできるテクニックを身につけることも大切である。それと同時に、オーバースピードで突っ込まずにすむような、冷静な判断力を養ってもらいたいものだ。

スピードを落とすためにブレーキを作動させる時

スピードを落とすためにブレーキを作動させる時は、急ブレーキは禁物で徐々にゆるやかにかけていくこと。また、クラッチを切ったり、マシンを無理に起こそうとしないことなども原則。突っ込み過ぎてももうだめだ、とあきらめたら、本当にそれでおしまいになってしまうので、最後の最後までマシンをコントロールする気持ちを持ちつづけたい。

それでもオーバースピードでコーナーに入ってしまったら、スピードを落とす努力も必要だが、それよりもまず、当初描いていた走行ラインにこだわらずにラインを変えていくことが重要だ。クリッピングポイントを深く奥にずらし、視線も近くをみるより、より遠くを追っていくことでクリアしていくのだ。まちがってもブレーキだけに頼ったり、走行ラインを変えないでガンコに守っていると危険な状況をさらに加速させてしまうことにもなる。早く頭を切り換えて次の対応を考えた行動をとることだ

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

クラッチレバーの操作について

ブレーキやクラッチレバーを3本指で操作してみよう。この3本指操作が確実にかつ、すばやくできるようになれば、あなたのスポーツテクニックは、また、一段階ステップアップしたといえる。あなたがもし握力不足で3 …

no image

バイク用グローブやブーツについて

へルメット、グローブ、そしてブーツは、乗車する際、最低限身につけたいギアである。ブーツは価格幅が広いものだが、レインウエアと同様、高価なものほど品質が高く、耐久性もグーンと違ってくる。安価なものは、1 …

no image

バイクではできるだけクラッチを切らないようにすること

コーナーで出口近くにきて、あわててクラッチをミートさせるが、今度はミッションが低かったりすると急に後輪にブレーキがかかり、スリップしたり、リーンしているボディが突然として立ち上がる現象が起きて、フロン …

no image

バイクでの追い越しでは事故に気をつけよう

直線や登り坂、下り坂での追い越しをする条件としては、対向車がいないこと、追い越した後に自分の入れるスペースが十分にあること、路地からクルマや子供などが飛び出してこない確認が得られることなどが必要。 道 …

no image

バイクのタンクパッドでニーグリップ

昔は道路事情が今と違い、未舗装道路が多く、スポーツバイクとはいえ舗装道路だけを走ることはほとんどなかった。ちょっと裏道に入ればジャリ道が待ち構えているといった状態が多かった。従って、ラフロードを走るた …