バイク

バイクでも昼間はヘッドライトを付けて走るようにしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オートバイというものは、他の交通機関から見ると、確認しにくく、また、スピードも遅く見られがちであるということを、絶対に忘れないことだ。具体的には、なんといっても、視認性のよいウエアでライデイングすることが一番である。

街乗りにおいて、車間距離や走行する位置以上に重要なのが、オートバイに乗った自分の存在を他の車輌の運転者に知らしめることである。小さくなったり、ビクビクして消極的な態度で運転するのは、最も危険であり、「私はこうしてオートバイに乗っていますよ」と走りで表現することが、何よりも大切なのである。

また、昼間でもへッドランプを点灯して走るのも効果がある。交差点で停止するときは、法規に違反しない範囲で先頭に出て止まるようにする(はみ出し禁止の黄色いラインは越えないこと)。四輪車と並走する場合は、サイドミラーの外に角にヘらないようやや前方を走るか、あるいははっきり後方についてルームミラーの視界内で走行するといったことが、自分の存在を知らせるのに有効な方法といえる。

効外をツーリングする場合

効外をツーリングする場合は十分に車間距離をとって走るのがべターだが、街乗りの場合は、車間距離を長くとればよいとは、一概にいえない。重要なのは、前方を走行する車輌の2〜3台前まで見渡せ、しかも瞬時に停止できる体勢(前輪ブレーキのレバーに指をかけて走るとか、後輪ブレーキをすぐかけられるポジションで走ること)で追従することである。単に安全に停止できる車間距離のみにこだわっていると、意地悪な車やライダーに割り込まれてしまう。

四輪車のドライバーの心理としては、オートバイに並走されることが最も不安と危険を感じるのであり、逆に、積極的に四輪の流れをリードして走られれば、四輪ドライバーのほうも素直にそれに追従し、追い抜こうとは思わないものである。「オートバイは速く走る乗り物である」という考えに徹し、自信を持って先頭を走れるテクニックを習得することである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加