スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクの左右コーナー の走行テク

投稿日:

オートバイは、750ccや1000ccでもない限り、ちょっとした坂でもすぐにスピードが落ちてしまうので、坂道では、4速なり3速で走行するほうが望ましい。シフトダウンのタイミングは、スピードが落ちてからでは遅いので、エンジンが重くなってきたら、早めにシフトダウンを行うべきだ。

坂道(ここでは直線の上り坂に限定する)にかかったら、なぜシフトダウンするのかというと、トルクが不足し、エンジンに無理がかかるからだ。仮に、5速/4000rpmで走行している坂道にかかった場合は、4速/5000rpmにシフトダウンし、同スピードを維持すると、燃費やエンジンのためによく、しかも力強く走行できる。

また、上りがきついからといって、回転計のレッドゾーンまで回しっばなしというのもよくない。このような場合は、高低のギヤを交互に使い、エンジンをときどき休めることが必要だ。坂道発進のポイントは、半クラッチを長めに使用することと、回転を適度に高めてクラッチを継ぐことである。

バンクのついた左コーナーでは

上り坂でも、バンクのついた左コーナーでは、右足で後輪ブレーキを効かせて左足で車体を支えるのは、地形的に不可能なので、発進するときは右足をつき、前輪ブレーキとアクセル操作を同時に行う必要がある。この場合は、人さし指と中指の2本でブレーキレバーを握り、小指を主体にしてアクセル操作を行うとよい。

低中速トルクが強い4ストロークマシンの場合はそれほど難しくないが、ヒーキーな2ストロークマシンや、小排気量のマシンでは、発進時だけでなく、2速へシフトアップする場合も半クラッチを使用し、回転を落とさずにスピードアップすることが大切だ。

右コーナーの場合は、センターライン寄りでブレーキングを行わないことと、あまり早くイン側へ寄らないことが大切である。また、バンク角の浅いマシンでは、車体がバンクしている時間を最小限にとどめ、深く突っ込んで向きを変え、直線的に立ち上がるようにするとよい。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

カーブの切り返しテクニック

ライダーは、お尻と上体が左側へ寄った状態で、そのまま必要とするバンク角まで車体を寝かし込む。バンク角が決まったら、今度は足に力を入れ、傾きを保持する。これでオーケーだ。切り返す場所を確認したら、左足( …

no image

車の間をバイクですり抜けていく危険

クルマの間をヒラリヒラリとかわして、いかにもすばしっこそうに走っているのを見ることがある。しかし、これは危険。相手が木や石なら問題はない。だいいち、動かないのだから、ヒラリヒラリとかわして走ればいいが …

no image

ハンドルをこじるなどのバイク用語

・ハンドリング 主としてコーナーリング性を意味するものであるが、コーナーでの取り回し性、寝かし込みの軽重、コーナーリング中の安定性、トレース性を含んでいる。 ・ハンドルをこじる 「ハンドルをこじる」と …

no image

2輪は危ない!?

公道では2輪と4輪は混走している。そこで4輪にいわせれば「2輪は危ない」。2輪にいわせれば「4輪、なかでもタクシーは危ない」とこうなってくる。これも考えてみれば当たりまえの話で、性格、性能ともに異なる …

no image

バイクで転倒した場合の体へのダメージを減らすテクニック

マシンとからみながらすべっていくとダメージも大きいので、転倒したらすぐにマシンから離れることだ。林道のコーナーで外側へ飛び出しそうになった場合、後輪から転倒する。テクニックが向上すれば、マシンをスピン …