スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクの左右コーナー の走行テク

投稿日:

オートバイは、750ccや1000ccでもない限り、ちょっとした坂でもすぐにスピードが落ちてしまうので、坂道では、4速なり3速で走行するほうが望ましい。シフトダウンのタイミングは、スピードが落ちてからでは遅いので、エンジンが重くなってきたら、早めにシフトダウンを行うべきだ。

坂道(ここでは直線の上り坂に限定する)にかかったら、なぜシフトダウンするのかというと、トルクが不足し、エンジンに無理がかかるからだ。仮に、5速/4000rpmで走行している坂道にかかった場合は、4速/5000rpmにシフトダウンし、同スピードを維持すると、燃費やエンジンのためによく、しかも力強く走行できる。

また、上りがきついからといって、回転計のレッドゾーンまで回しっばなしというのもよくない。このような場合は、高低のギヤを交互に使い、エンジンをときどき休めることが必要だ。坂道発進のポイントは、半クラッチを長めに使用することと、回転を適度に高めてクラッチを継ぐことである。

バンクのついた左コーナーでは

上り坂でも、バンクのついた左コーナーでは、右足で後輪ブレーキを効かせて左足で車体を支えるのは、地形的に不可能なので、発進するときは右足をつき、前輪ブレーキとアクセル操作を同時に行う必要がある。この場合は、人さし指と中指の2本でブレーキレバーを握り、小指を主体にしてアクセル操作を行うとよい。

低中速トルクが強い4ストロークマシンの場合はそれほど難しくないが、ヒーキーな2ストロークマシンや、小排気量のマシンでは、発進時だけでなく、2速へシフトアップする場合も半クラッチを使用し、回転を落とさずにスピードアップすることが大切だ。

右コーナーの場合は、センターライン寄りでブレーキングを行わないことと、あまり早くイン側へ寄らないことが大切である。また、バンク角の浅いマシンでは、車体がバンクしている時間を最小限にとどめ、深く突っ込んで向きを変え、直線的に立ち上がるようにするとよい。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのブレーキングテクニックをマスターできるのか

ブレーキングのテクニックは無限の広がりを持つ。これほどむずかしいブレーキのかけ方を1カ月やそこらでマスターできるはずがない。しかし、走り出したからには止まらなければならない。ブレーキングに自信のない人 …

no image

エンジンブレーキの制動力で減速しよう

ワインディングロードでは、ブレーキをかけると回転数が下がり、立ち上がりでの加速が著しく低下してしまう場合があり、エンジンブレーキを使用することによって高回転数をキープして立ち上がりで即、加速体制に入れ …

no image

バイクでのコーナリングのアクセルワークとブレーキング

3速50km/hで曲がる中速コーナー。4速からフルブレーキングを行いながら、3速にシフトダウンし、タイミングよくマシンを寝かし込む。フォームはややハングオン気味。上りと下りでは、ブレーキング時間やアク …

no image

バイクで走る際に季節の変化に対応する

ツーリングに行く時はその季節に合ったウェアと装備を身に付けて行くことが大切で、寒い季節は寒いなりに、暑い季節には暑いなりのよさがあり、多少は厳しさがあったほうが、あとあとの思い出も強く残り、ツーリング …

no image

グリップ・トラクションなどの用語

・グリップ・トラクション 単に「グリップ」という場合は、タイヤが路面をとらえる表現として使用される。「トラクション」という場合は、そのマシンのサスペンション性能+タイヤのグリップを総合して判断した場合 …