スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのヘルメットのJIS規格などを知っているか

投稿日:

バイクには色々な用品がある。好きな人なら多くのバイク用品を持っていることだろう。しかし、数あるギアの中で、重要なのが、へルメットである。恐ろしい頭部損傷から身を守る大切なものであり、購入するときは、次の点に注意してほしい。

へルメットは、JIS規格によって、A・B・Cの3種に分けられており、A・Bは一般ユース用、C種はレースに出場可能な高品質なものである。そのほか、スネル規格(アメリカのスネル財団が独自に行う品質検査。非常にシビアで、権威も高い)というものもあり、これに合格したものであれば、品質はまず間違いない。

大切なのは、型と大きさだ。型はフルフェイス型とジェット型があるが、ロードレースに出場する場合以外は、どちらでもさしつかえないと思う。フルフェイスは視界が悪く、うっとうしいと思うなら、ジェット型にすればよい。ただし、高速走行やサーキット走行をする場合は、フルフェイス型のほうが安全であり、疲れも少ない。

ひとくちにへルメットと言っても

用途に合ったものを選ぶこと。ひとくちにへルメットと言っても、モトクロス用、トライアル用、ツーリング用、そしてロードレースに使用する高品質なものと、いろいろな種類があるので、自分の使用目的をはっきりさせることが大切である。

ロードレースや、サーキットでのスポーツ走行には、このスネル規格のへルメットを使用することをおすすめする。また、ツーリングや街乗りの場合でも、最低C種のものであることが望ましい。

大きさは、レースに出場する場合はややきつめのもの、ツーリング専用ならやや大きめか、ピッタリしたものを選ぶようにする。その場合、必ず着用して選ぶことが大切である。最後に、へルメットは1度大きな衝撃を受けると、性能が半減するので、必ず新品と買い替えること。衝撃を受けなくても、耐用年数(約2年)がきたら、忘れずに交換することが必要である。ご自身のヘルメットの耐用年数をチェックしておきましょう。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

ワンダリングなどのバイク用語など

・ワンダリング 大型トラックが多く走行する街道では、タイヤがよく通る個所だけ「軌」ができており、そこを斜めに横切るような場合に、時として、後輪側からヨロヨロと揺れがくることがある。これがワンダリングで …

no image

バイクのギアを常にトップに入れたい人

走っているとき、何速にはいっているのだろうと気になって仕方がない、という場合がしばしばある。これは走り出すとすぐにシフトアップしたがり、つねにトップで走っていないといけないと思い込んでいるような初心者 …

no image

グリップ・トラクションなどの用語

・グリップ・トラクション 単に「グリップ」という場合は、タイヤが路面をとらえる表現として使用される。「トラクション」という場合は、そのマシンのサスペンション性能+タイヤのグリップを総合して判断した場合 …

no image

安全性を考慮したラインはアウト・イン・イン

アウト・イン・インは安全性をも考慮したラインだ。少しでも不安な要素を感じたらこの手を使いたい。アウト・イン・アウトは効果的だが、見通しのよい場所でだけ使うようにしたい。このふたつをうまく組み合わせれば …

no image

バイクのブレーキングとシフトダウン

停止するときは、ブレーキングとシフトダウンを継続し、2速で止まるのがふつうである。パニックブレーキには至らないまでも、急停止をする場合は、1速まで落とすが、この場合はそのマシンの変速比を考えることだ。 …