スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのヘルメットのJIS規格などを知っているか

投稿日:

バイクには色々な用品がある。好きな人なら多くのバイク用品を持っていることだろう。しかし、数あるギアの中で、重要なのが、へルメットである。恐ろしい頭部損傷から身を守る大切なものであり、購入するときは、次の点に注意してほしい。

へルメットは、JIS規格によって、A・B・Cの3種に分けられており、A・Bは一般ユース用、C種はレースに出場可能な高品質なものである。そのほか、スネル規格(アメリカのスネル財団が独自に行う品質検査。非常にシビアで、権威も高い)というものもあり、これに合格したものであれば、品質はまず間違いない。

大切なのは、型と大きさだ。型はフルフェイス型とジェット型があるが、ロードレースに出場する場合以外は、どちらでもさしつかえないと思う。フルフェイスは視界が悪く、うっとうしいと思うなら、ジェット型にすればよい。ただし、高速走行やサーキット走行をする場合は、フルフェイス型のほうが安全であり、疲れも少ない。

ひとくちにへルメットと言っても

用途に合ったものを選ぶこと。ひとくちにへルメットと言っても、モトクロス用、トライアル用、ツーリング用、そしてロードレースに使用する高品質なものと、いろいろな種類があるので、自分の使用目的をはっきりさせることが大切である。

ロードレースや、サーキットでのスポーツ走行には、このスネル規格のへルメットを使用することをおすすめする。また、ツーリングや街乗りの場合でも、最低C種のものであることが望ましい。

大きさは、レースに出場する場合はややきつめのもの、ツーリング専用ならやや大きめか、ピッタリしたものを選ぶようにする。その場合、必ず着用して選ぶことが大切である。最後に、へルメットは1度大きな衝撃を受けると、性能が半減するので、必ず新品と買い替えること。衝撃を受けなくても、耐用年数(約2年)がきたら、忘れずに交換することが必要である。ご自身のヘルメットの耐用年数をチェックしておきましょう。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのコーナリングテクニック-ヘアピンなど

・へアピンコーナリング 低速コーナリングでは視線の方向がラインを決定するうえで大きな要素となるのだ。へアピンコーナリングは視線につきる、といっていい。アクセルはあくまでも一定で、ポジションはやや浮かせ …

no image

ライダーが姿勢を変化させることでバンクさせる

人事一体となっての自然なバンクがむずかしいので、ライダーが姿勢を変化させることでバンクさせる。その方法とは、バンクさせようとする側の肩を前に出す。右コーナーなら右肩を、左コーナーなら左肩を押し出すよう …

no image

バイクの左右コーナー の走行テク

オートバイは、750ccや1000ccでもない限り、ちょっとした坂でもすぐにスピードが落ちてしまうので、坂道では、4速なり3速で走行するほうが望ましい。シフトダウンのタイミングは、スピードが落ちてから …

no image

ハンドルグリップが遠すぎて腕が伸びきってしまうとき

ハンドルグリップが遠すぎて、腕が伸びきってしまうとき=ハンドルの取り付け角度を変えてみる。車種によってはストレートハンドルのほかにアップハンドルのオプションパーツを揃えているものもある。角度を変えても …

no image

バイクの乗り降りのコツなど

オートバイは、腕力を含めた体の筋力で乗るものではなく、バランス感覚とテクニックで乗るものである。どの部分に、どの程度力を入れて走るかということは、非常に高度な問題であり、マシンの性能アップと同時に変化 …