スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのハンドルの形状

投稿日:

一般に使用するバイクはどんなハンドル形状が理想的だろうか?最もオーソドックスなロードスポーツ、よりスポーツ性の高いスーパースポーツ、それにカスタムとかスペシャルとか呼ばれるセミチョッパータイプ。この3種はいずれもハンドル形状が異なっている。

バイクの部品・用品専門店にはいろんなタイプのハンドルバーが並べられている。しかし、日本の法律では、車両改造についてはとくに厳しく、メーカーが認可を受けたオプションパーツ以外は取り付けられない。厳密にいえばハンドルバー一本でもやたらに交換できないわけだ。

厳しくなった背景には、ひとむかし前にはやったフロントフォークに直接取り付けるセパレートハンドル車の事故多発が大きな要素となっているのだが。つまり、たかがハンドル一本といっても、その形状によってはオートバイの操縦特性に多大な影響を与えることになるわけだからバカにできない。

ロードスポーツはセミアップ型が多い

ロードスポーツはセミアップ型が多い。スーパースポーツはコンチネンタル型。セミチョッパー型はいわゆるチョッパー型と呼ばれる幅の広い、手前に大きくわん曲しているやつだ。以上のようにハンドル形状の違いは、そのままライディングフォームの違いとなってあらわれる。最も特異なライディングフォームがしいられるのは、いうまでもなくチョッパー型で、背すじは垂直(むしろそり返る場合もある)にならざるを得ない。

ロードスポーツは、セミアップ型を使っているため、自然な前傾姿勢が取れるから、低速走行から高速走行まで幅広く順応できるドライビングフォームが得られる。また長距離ツーリングでも、自然に取れる程度の前傾姿勢だから、3タイプのなかで一番疲れが少ない。市販されているオートバイのハンドルは、セミアップ型が多いという事実からも、それは裏づけられている。

低速で街中走行の場合は案外楽な姿勢だが、ハイスピードコーナリングや高速走行では逆に不利なライディングフォームだ。つぎにスーパースポーツはコンチネンタルハンドルのため、どうしても前傾角度が大きくなってしまう。高速走行やハードコーナリングはこなしやすくなるが、長時間ツーリングをするとなったら、肩や背すじ、腰椎付近が苦痛で、とても疲れやすい姿勢だ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイク走行時の怪我は擦り傷でも病院へ行く

キズがみえないで血だけをみるとどうしても不安になってしまうものだ。こんな時、血を拭いてあげて大丈夫、ちょっとすりむいただけだよ、と声をかけてあげよう。このひとことで負傷した人は非常にラクになる。これが …

no image

バイクでエアブレーキを使うテクニック

エアブレーキは、前後のシステムブレーキ、エンジンブレーキに次ぐ第3のブレーキとして認識されている。つまり、空気抵抗によるブレーキだ。トラックなどの大型車のブレーキに「エアブレーキ」というブレーキがある …

no image

バイクのミッションのギアチェンジのコツなど

レースなどでは、たった1回のギヤシフトミスが勝負の別れ道につながることが多く、常に適切なミッションの選択と操作が要求されるほど。一般にも共通することは多く、例えばワインディングロードで速く走れるライダ …

no image

事故が最も多いのは交差点

事故が最も多く発生するのは交差点。出合いがしらの接触や衝突はあとを絶たないようだ。スピードがさほど出ていないのでクルマならボディをへこませる程度ですむ場合が多く、オートバイでは転倒ということも考えられ …

no image

モトクロスで使う筋肉のトレーニング法

プロの鍛練は、握力機を使って行うという。これはオートバイのハンドルを台に固定し、ブレーキ、クラッチ、アクセルの各ワイヤーを強力なスプリングで引っ張る構造になっており、オートバイに乗る感覚で握力を強化し …