スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのハンドルの形状

投稿日:

一般に使用するバイクはどんなハンドル形状が理想的だろうか?最もオーソドックスなロードスポーツ、よりスポーツ性の高いスーパースポーツ、それにカスタムとかスペシャルとか呼ばれるセミチョッパータイプ。この3種はいずれもハンドル形状が異なっている。

バイクの部品・用品専門店にはいろんなタイプのハンドルバーが並べられている。しかし、日本の法律では、車両改造についてはとくに厳しく、メーカーが認可を受けたオプションパーツ以外は取り付けられない。厳密にいえばハンドルバー一本でもやたらに交換できないわけだ。

厳しくなった背景には、ひとむかし前にはやったフロントフォークに直接取り付けるセパレートハンドル車の事故多発が大きな要素となっているのだが。つまり、たかがハンドル一本といっても、その形状によってはオートバイの操縦特性に多大な影響を与えることになるわけだからバカにできない。

ロードスポーツはセミアップ型が多い

ロードスポーツはセミアップ型が多い。スーパースポーツはコンチネンタル型。セミチョッパー型はいわゆるチョッパー型と呼ばれる幅の広い、手前に大きくわん曲しているやつだ。以上のようにハンドル形状の違いは、そのままライディングフォームの違いとなってあらわれる。最も特異なライディングフォームがしいられるのは、いうまでもなくチョッパー型で、背すじは垂直(むしろそり返る場合もある)にならざるを得ない。

ロードスポーツは、セミアップ型を使っているため、自然な前傾姿勢が取れるから、低速走行から高速走行まで幅広く順応できるドライビングフォームが得られる。また長距離ツーリングでも、自然に取れる程度の前傾姿勢だから、3タイプのなかで一番疲れが少ない。市販されているオートバイのハンドルは、セミアップ型が多いという事実からも、それは裏づけられている。

低速で街中走行の場合は案外楽な姿勢だが、ハイスピードコーナリングや高速走行では逆に不利なライディングフォームだ。つぎにスーパースポーツはコンチネンタルハンドルのため、どうしても前傾角度が大きくなってしまう。高速走行やハードコーナリングはこなしやすくなるが、長時間ツーリングをするとなったら、肩や背すじ、腰椎付近が苦痛で、とても疲れやすい姿勢だ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

ライダースキルを上げて上級になるには?

ロードレースやモトクロスという限られた条件の中では、2〜3年のキャリアで上級ライダーになれる人もいるが、一般公道を走る場合は、はっきり言ってレース以上にキャリアとテクニック、そして精神力を必要とする。 …

no image

カーブの切り返しテクニック

ライダーは、お尻と上体が左側へ寄った状態で、そのまま必要とするバンク角まで車体を寝かし込む。バンク角が決まったら、今度は足に力を入れ、傾きを保持する。これでオーケーだ。切り返す場所を確認したら、左足( …

no image

エンジンのトルクや馬力について

トルクは、軸をねじる力のことで、エンジンの力をあらわす単位である。つまり、最大トルクが高いほど、エンジンの力(回転力)が強いことになる。ところで、諸元表の見方だが、大切なのは最大出力や最大トルクの数値 …

no image

バイクに乗る際の基本フォームを知っておこう

国際A級ライダーでも、転倒が多くなったり、成績不振のときは、もう一度、走り込んで自分なりのフォームを再チェックしている。基本フォームからやり直すことは、けっして遠まわりにはならない。むしろ、よりハイテ …

no image

空ぶかしはエンジンに悪いしやめておこう

空ぶかし(レーシング)はなんの得にもならない。反対にデメリットは数え切れないほどだ。ブォーン、プォーンとゃるウォーミングアップもそうだ。多少、暖機運転の時間は短くなるが、エンジンの異常摩耗の早さはそれ …