スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイク用グローブやブーツについて

投稿日:

へルメット、グローブ、そしてブーツは、乗車する際、最低限身につけたいギアである。ブーツは価格幅が広いものだが、レインウエアと同様、高価なものほど品質が高く、耐久性もグーンと違ってくる。安価なものは、1度雨天走行しただけで、型くずれを起こすこともある。

ブーツは、安全性と操作性が両立していることはもちろん、へルメットやグローブにくらべて長く使用するものなので、型くずれのしない、高品質で耐久性の高いものを選ぶことが大切である。

ファスナーの位置は、後ろ、内側、外側とあるが、好みで選べばよい。すねの長さと太さは、個人差があるので、必ずはいてから購入すること。なお、女性の場合は足が小さいので、かかとの型によっては、シフトペタルに足が届きにくくなることもあり、注意が必要である。

グローブを選ぶ基準

オートバイを運転する場合は、指先のちょっとした感覚も非常に大切であり、グローブの指先が長すぎてレバー操作がやりにくいなどというのは、論外である。べテランライダーはど、グローブ選びがシビアなのも、そのためである。

グローブを選ぶ基準は、1に操作性、2に安全性、3にカラーリングとなる。人間の手は、足以上に個人差があるので、必ず着用して確かめるべきだが、そのほかにも、縫い目に注意する必要がある。外縫いと内縫いがあり、耐久性では外縫いがよいとされている。

ただし、操作性を優先しすぎて、あまり薄手の皮革を選ぶと、耐久性や転倒したときの安全性に問題があるので、1日くらい慣らしてちょうどよくなるものを選ぶようにする。

ジャケット選びで大切なのは

ジャケット選びで大切なのは、マシンのライディングポジションにマッチし、しかも上半身の運動性を妨げないことである。

前傾度のきついスーパースポーツは、なんといってもレザースーツでキメだい。皮ジャンやブルゾンをひっくるめて「ジャケット」と呼んでいるが、スリーシーズン用やウインター用など、種類も豊富で、誰でも2〜3着は持っていると思う。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

ハイウェイには危険がいっぱい

ハイウェイには危険がいっぱい。一歩間違えば、直接、死につながる。そこのところをよく考えて、服装を完全にととのえ、マシンをじゅうぶん点検し、気がまえもシャンとしたうえで、ハイウェイに乗り込もう。国内の高 …

no image

コーナリングは登りと下りとどっちがむずかしい?

コーナリングは登りと下りとどっちがむずかしい、と聞かれて、登りと答えるようではダメ。そう思ったあなたはまだまだ修業が足りない。登りより下りのほうがはるかにむずかしい。下りをマスターできたら一流というこ …

no image

バイクではキープレフトを守るようにしよう

バイクで道路を走行する際、もし、左端を走ろうとしたら、ライダーは常に前方にある障害物に気をくばってこれをよけるために、そのたびに疲れてしまう。周囲の状況を十分に把握しながら走るこ必要となる。これらのこ …

no image

ソロツーリングの楽しみ方

ソロツーリングは、文字通りひとりでツーリングすることであり、自由にコースやスケジュールを組んで、気分に合った走りを楽しむことができるのが最大のメリットといえる。だれにも遠慮はいらないし、規制されること …

no image

レインウェアの選び方-バイク用

以前は、レインウェアとはいわずにカッパ、などといって、おソバ屋さんが使うような紺色のカッパしかなかった。価格は千円前後なので着る人も多かったが、1時間も走ると雨水が漏ってきてパンツまで濡れて困ったもの …