スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイク用グローブやブーツについて

投稿日:

へルメット、グローブ、そしてブーツは、乗車する際、最低限身につけたいギアである。ブーツは価格幅が広いものだが、レインウエアと同様、高価なものほど品質が高く、耐久性もグーンと違ってくる。安価なものは、1度雨天走行しただけで、型くずれを起こすこともある。

ブーツは、安全性と操作性が両立していることはもちろん、へルメットやグローブにくらべて長く使用するものなので、型くずれのしない、高品質で耐久性の高いものを選ぶことが大切である。

ファスナーの位置は、後ろ、内側、外側とあるが、好みで選べばよい。すねの長さと太さは、個人差があるので、必ずはいてから購入すること。なお、女性の場合は足が小さいので、かかとの型によっては、シフトペタルに足が届きにくくなることもあり、注意が必要である。

グローブを選ぶ基準

オートバイを運転する場合は、指先のちょっとした感覚も非常に大切であり、グローブの指先が長すぎてレバー操作がやりにくいなどというのは、論外である。べテランライダーはど、グローブ選びがシビアなのも、そのためである。

グローブを選ぶ基準は、1に操作性、2に安全性、3にカラーリングとなる。人間の手は、足以上に個人差があるので、必ず着用して確かめるべきだが、そのほかにも、縫い目に注意する必要がある。外縫いと内縫いがあり、耐久性では外縫いがよいとされている。

ただし、操作性を優先しすぎて、あまり薄手の皮革を選ぶと、耐久性や転倒したときの安全性に問題があるので、1日くらい慣らしてちょうどよくなるものを選ぶようにする。

ジャケット選びで大切なのは

ジャケット選びで大切なのは、マシンのライディングポジションにマッチし、しかも上半身の運動性を妨げないことである。

前傾度のきついスーパースポーツは、なんといってもレザースーツでキメだい。皮ジャンやブルゾンをひっくるめて「ジャケット」と呼んでいるが、スリーシーズン用やウインター用など、種類も豊富で、誰でも2〜3着は持っていると思う。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

腹筋トレーニングメニュー

体力より精神力が問われるのがトレーニング。あせらずにコツコツと積み重ねてはじめて筋力が備わってくる。あせりは大敵だ。前側つまり腹筋を強化。腹筋の大切さはここであらためて説明するまでもないだろう。どんな …

no image

バイクウェアなどの革製品の手入れ

レザーウェア、グローブ、ブーツなどは手入れの仕方しだいでは一生もつほどになる。小まめに手入れをすれば、革というものはそれにこたえて、いつまででもライダーのために働いてくれるものなのだ。最近は、グリップ …

no image

バイクを自己流で運転する怖さ

追い越し時には、前方の安全を確認したらセンターラインをできるだけ短時間で、すなわちできるだけペイントを踏む距離を短くして対向車線へ出て一気に追い抜き、ふたたびセンターラインに対してできるだけ角度をつけ …

no image

レースで見られるリーンイン時のひざの擦れ

大陸の広大な背景のもとに、ゆったりとしたライディングポジションを持ち、スピードにとらわれない走りが特徴で、アメリカンチョッパーに代表されるような大きなアップハンドルと前寄りのステップバー、小径のリヤホ …

no image

バイクでの追い越しでは事故に気をつけよう

直線や登り坂、下り坂での追い越しをする条件としては、対向車がいないこと、追い越した後に自分の入れるスペースが十分にあること、路地からクルマや子供などが飛び出してこない確認が得られることなどが必要。 道 …