スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのギアチェンジによる加速について

投稿日:

ツーリングなどに行って、1日中走行すれば、何十回・何百回もくり返すことになり、たいへんな労働を強いられるので、疲労度もかなりのものだ。そのため、できる限りスムーズに、そして疲れないようなライディングがべストとなる。

走る、ということにあたって、スムーズなスタートを切り、ギヤチェンジによる素早い加速を行い、安定した速度に到達するまでのタイムは、短ければ短いほど早い。特に最近は、高速道路以外だと信号機が多く、停止→スタート→加速→安定速度→減速→停止のくり返しになってしまうので、いかに疲れないくり返しの操作をするかが要求される。

バイクの性能は、とても向上しているので、その気になれば、スタートダッシュでローから全開で飛ばしていけば、なんなく安定速度まで到達していくが、これでは疲れてしまう。逆に、ゆっくりとした加速ではクルマにあおられて危ないし、これもまたたいへん疲れる作業だ。

750ccロードスポーツモデルなら

例えば、750ccロードスポーツモデルなら、3千回転をキープしてローからダッシュしていけば、非常にスムーズな加速ができる。そしてトップに入った時は、スピードは確保できるはずだ。従って、750cc車に乗っている時は、常に3千回転前後をキープしていれば、通常の走行においては最も適したスピードを得ることになる。

750ccともなれば、3千回転キープでも十分な加速が得られるから、クルマにあおられることもほとんどなく快適なものだ。逆に、2千回転前後でシフトアップしていくと、ちょっと厳しい。この加速ではクルマに巻き込まれるから、自分の走行ラインもとれなくなってしまう。

ロー、セカンドを5千回転でもっていってしまうと、サードに入った時点で、早く出したいスピードに達してしまうので、フォース、トップ、オーバートップはいらないことになり、とても無駄な操作となる。750cc位のバイクに乗るなら、公道で回転数をむやみに上げすぎないほうがいいだろう。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

ニーグリップとは何か知っていますか?

ニーグリップは人間がオートバイと一体になって走るのに絶対に欠かせない要素だ。そもそも2輪は腰かけて乗るものではない。またがるものなのだ。ドッカと尻をシートに置いて乗るものではない。乗馬を思い出してもら …

no image

急ブレーキで追突しないようなバイク運転をしよう

急ブレーキは危険きわまりないもの。予防策としては、車間距離をじゅうぶんすぎるほど取ること。それも自分の腕前に合わせた距離を保つことが必要だ。それと同時に大切なのが早め早めのブレーキング。急ブレーキをか …

no image

ロースタートでそのまま引っ張れるだけ引っ張っぱるのはよくない

よく街中で見かける光景だが、ローでスタートし、そのまま引っ張れるだけ引っ張っている人がいる。白煙を残して去っていく姿は絵になるが、あまりにも回転を上げて走ると馬脚をあらわす。ピークを超えたあとは出力は …

no image

オートバイの種類には4つのタイプ

オートバイは、走行する場所、マシンの性格、ユーザーの使用目的、モータースポーツの種類などによって、次の4つのタイプに分けることができる。 コンペテーションタイプ(競技用モデル) オフロードタイプ(トレ …

no image

急ブレーキでエンストしたらバイクを降りて道のわきに寄せる

急ブレーキでエンストすることはじつに多いが、まずオートバイから降りて道のわきに寄せる。そこでゆっくりキックする。さいわい現在のオートバイはほとんどが、ギアをニュートラルにしなくてもクラッチを握ればキッ …