スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのギアチェンジによる加速について

投稿日:

ツーリングなどに行って、1日中走行すれば、何十回・何百回もくり返すことになり、たいへんな労働を強いられるので、疲労度もかなりのものだ。そのため、できる限りスムーズに、そして疲れないようなライディングがべストとなる。

走る、ということにあたって、スムーズなスタートを切り、ギヤチェンジによる素早い加速を行い、安定した速度に到達するまでのタイムは、短ければ短いほど早い。特に最近は、高速道路以外だと信号機が多く、停止→スタート→加速→安定速度→減速→停止のくり返しになってしまうので、いかに疲れないくり返しの操作をするかが要求される。

バイクの性能は、とても向上しているので、その気になれば、スタートダッシュでローから全開で飛ばしていけば、なんなく安定速度まで到達していくが、これでは疲れてしまう。逆に、ゆっくりとした加速ではクルマにあおられて危ないし、これもまたたいへん疲れる作業だ。

750ccロードスポーツモデルなら

例えば、750ccロードスポーツモデルなら、3千回転をキープしてローからダッシュしていけば、非常にスムーズな加速ができる。そしてトップに入った時は、スピードは確保できるはずだ。従って、750cc車に乗っている時は、常に3千回転前後をキープしていれば、通常の走行においては最も適したスピードを得ることになる。

750ccともなれば、3千回転キープでも十分な加速が得られるから、クルマにあおられることもほとんどなく快適なものだ。逆に、2千回転前後でシフトアップしていくと、ちょっと厳しい。この加速ではクルマに巻き込まれるから、自分の走行ラインもとれなくなってしまう。

ロー、セカンドを5千回転でもっていってしまうと、サードに入った時点で、早く出したいスピードに達してしまうので、フォース、トップ、オーバートップはいらないことになり、とても無駄な操作となる。750cc位のバイクに乗るなら、公道で回転数をむやみに上げすぎないほうがいいだろう。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

急ブレーキでエンストしたらバイクを降りて道のわきに寄せる

急ブレーキでエンストすることはじつに多いが、まずオートバイから降りて道のわきに寄せる。そこでゆっくりキックする。さいわい現在のオートバイはほとんどが、ギアをニュートラルにしなくてもクラッチを握ればキッ …

no image

バイクレースの世界最高峰

ロードレースは、日本をはじめ欧州、東南アジアなど、世界中で開催され、どこででも人気を集めている。世界最高峰のレースは、国際モーターサイクル協会が行う世界ロードレース選手権シリーズで、選手権では全12戦 …

no image

コーナリングは登りと下りとどっちがむずかしい?

コーナリングは登りと下りとどっちがむずかしい、と聞かれて、登りと答えるようではダメ。そう思ったあなたはまだまだ修業が足りない。登りより下りのほうがはるかにむずかしい。下りをマスターできたら一流というこ …

no image

レースで見られるリーンイン時のひざの擦れ

大陸の広大な背景のもとに、ゆったりとしたライディングポジションを持ち、スピードにとらわれない走りが特徴で、アメリカンチョッパーに代表されるような大きなアップハンドルと前寄りのステップバー、小径のリヤホ …

no image

バイクで急ブレーキをかけてロックを経験しておく

誰でもバイクで道路を走行していれば、急ブレーキをかけることはよくあるだろう。そして、だいたいの人が急ブレーキをかけるとリヤを強くかけすぎて、リヤホイールをロックさせてしまうことが多く、そうすると左右に …