スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのギアを常にトップに入れたい人

投稿日:

走っているとき、何速にはいっているのだろうと気になって仕方がない、という場合がしばしばある。これは走り出すとすぐにシフトアップしたがり、つねにトップで走っていないといけないと思い込んでいるような初心者に多い。しかもオートバイのメカにはまったく興味を持たない連中に多い。オートバイのスピードは、ギアがトップだからといってつねに速く走れるとはかぎらないのだ。

半クラッチにならないクラッチミートのコツ。発進時のアクセルとクラッチワークに秘談がある。まずクラッチレバーはゆっくり離していくのだが、エンジン回転はエンストしないぎりぎり最低限の回転を保つ。そしてそろそろ走り始めたとみたら、クラッチを一気に離して完全につなげてから、思い切ってアククセルを開くという方法だ。これはクラッチの弱いマシンの発進加速テストなどを行なうときに使うアイドルスタート、というテクニック。いずれにしてエンジンの音だけはプォープォーと威勢がよくても、モタモタ、走り出すんではサマにならない。即刻、へンなくせを直そう。

パワーバンドとかトルクバンドと呼んでいる

ある一定のパワーやトルクを持続している回転範囲を、一般的にパワーバンドとか、トルクバンドと呼んでいる。それはスピードと各ギアの守備範囲だ。オートバイのライディングテクニックを上達させる早道として、パワーバンドなり、トルクバンドをしっかり覚えておくこと。そして、覚え込んだ愛車のトルクバンド内のエンジン回転数を維持しながら走るように心がける。もちろん一般公道で走る場合は、回転数にだけこだわっていたらスピード違反で反則金をくらうのがオチだ。

オートバイやクルマのエンジンは内燃機関である。蒸気機関や電気モーターとは出力特性がまったく正反対なのだ。後者は回転数が、つまり回り始めようとするときに最大トルクを発揮するが、前者はある回転数の範囲でないと最大トルクを発揮することはできない。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

レースで見られるリーンイン時のひざの擦れ

大陸の広大な背景のもとに、ゆったりとしたライディングポジションを持ち、スピードにとらわれない走りが特徴で、アメリカンチョッパーに代表されるような大きなアップハンドルと前寄りのステップバー、小径のリヤホ …

no image

バイクで急坂を登るテクニックなど

・急坂登り リアに体重をかけて駆動力をいかに有効に伝えるかが成否のカギになる。急坂登りは体重移動が最大のポイント。緩い傾斜では腰を引いたポジションのほうがいい。左のステップに重心をおいた姿勢はもっと急 …

no image

S字カーブ、クランクなどのコツ

上り坂の場合、ブレーキングが終了したら、パーシャルではなくアクセルオンで加速しつつ回っていくことがポイントになる。バンクがついていると、プラスαでパワーが食われるので、ギヤの選定は予想より1段低くして …

no image

ツーリング初心者は日帰り日程からはじめる

ツーリングの楽しみは実行するより、事前のプラン立ての方が楽しい、なんていう人がいるぐらい計画を立てるのは胸がワクワクする。何回もプランを立てて、それを実行していくうちに慣れるし反省を重ねるのでコツもわ …

no image

クランクや8の字カーブのポイント

モトクロスにしろ、トライアルにしろ、形は異なっても、8の字をできるだけ速く走ったり、小さく走ったりするのは、体をウォーミングアップするのに最適な方法であり、取り回しの基本ライディングともいわれているほ …