スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのギアを常にトップに入れたい人

投稿日:

走っているとき、何速にはいっているのだろうと気になって仕方がない、という場合がしばしばある。これは走り出すとすぐにシフトアップしたがり、つねにトップで走っていないといけないと思い込んでいるような初心者に多い。しかもオートバイのメカにはまったく興味を持たない連中に多い。オートバイのスピードは、ギアがトップだからといってつねに速く走れるとはかぎらないのだ。

半クラッチにならないクラッチミートのコツ。発進時のアクセルとクラッチワークに秘談がある。まずクラッチレバーはゆっくり離していくのだが、エンジン回転はエンストしないぎりぎり最低限の回転を保つ。そしてそろそろ走り始めたとみたら、クラッチを一気に離して完全につなげてから、思い切ってアククセルを開くという方法だ。これはクラッチの弱いマシンの発進加速テストなどを行なうときに使うアイドルスタート、というテクニック。いずれにしてエンジンの音だけはプォープォーと威勢がよくても、モタモタ、走り出すんではサマにならない。即刻、へンなくせを直そう。

パワーバンドとかトルクバンドと呼んでいる

ある一定のパワーやトルクを持続している回転範囲を、一般的にパワーバンドとか、トルクバンドと呼んでいる。それはスピードと各ギアの守備範囲だ。オートバイのライディングテクニックを上達させる早道として、パワーバンドなり、トルクバンドをしっかり覚えておくこと。そして、覚え込んだ愛車のトルクバンド内のエンジン回転数を維持しながら走るように心がける。もちろん一般公道で走る場合は、回転数にだけこだわっていたらスピード違反で反則金をくらうのがオチだ。

オートバイやクルマのエンジンは内燃機関である。蒸気機関や電気モーターとは出力特性がまったく正反対なのだ。後者は回転数が、つまり回り始めようとするときに最大トルクを発揮するが、前者はある回転数の範囲でないと最大トルクを発揮することはできない。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのセットアップはソロ用にマッチングされている

日本で発売されている多くのバイクはそのほとんどが、2人乗りができるように設計されていて、ダブルシート、タンデムステップ、シートなど必要な装備がされている。しかし、ソロライディングが多いことはいうまでも …

no image

エンジンブレーキの制動力で減速しよう

ワインディングロードでは、ブレーキをかけると回転数が下がり、立ち上がりでの加速が著しく低下してしまう場合があり、エンジンブレーキを使用することによって高回転数をキープして立ち上がりで即、加速体制に入れ …

no image

バイクの乗り降りのコツなど

オートバイは、腕力を含めた体の筋力で乗るものではなく、バランス感覚とテクニックで乗るものである。どの部分に、どの程度力を入れて走るかということは、非常に高度な問題であり、マシンの性能アップと同時に変化 …

no image

バイクのマフラーの改造の意味

「暴走ライダーは、あっちへ行ってくれ」、というほかはない。迷惑するのは当の本人ではなく、2輪を正しく乗っている正統派ライダーたちだ。彼らは乗る場所を間違えているのだ。大きな音を出したいなら、またムチャ …

no image

ソロツーリングの楽しみ方

ソロツーリングは、文字通りひとりでツーリングすることであり、自由にコースやスケジュールを組んで、気分に合った走りを楽しむことができるのが最大のメリットといえる。だれにも遠慮はいらないし、規制されること …