バイク

バイクの減速にエンジンブレーキを使う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トップで走っていて停止する場合、1段ずつエンジンブレーキをきかせながら減速していく。こうすれば前後のブレーキにかかる負担が少なくてすむし、停止したときにはすでに2速あるいは1速までシフトダウンしているのでニュートラルをさがすのも楽になる。停止したとたんに発進しなくてはならない場合でも、いちいちシフト操作をする必要がなくなるのでスタートはスムーズにできる。

いくらエンジンブレーキを多用しても、タコメーターの針をひんばんにレッドゾーンに飛び込ませないかぎり、エンジンがこわれることはない。停止するときもエンジンブレーキはおおいに活用したい。長い坂道を下る場合と違い、前後のブレーキだけでも止まれないことはないが、エンジンブレーキを併用すれば効果的だ。

またエンジンブレーキとは違うが、ライダーの体をブレーキに使う方法もある。これは高速走行時にしか威力を発揮しないが、こういった方法でブレーキをかけることもできるということを知っておいてもいい。それは走行中に上体を起こす、ただこれだけだ。するとライダーの体が空気の抵抗を受け、スピードダウンできるのだ。この方法は低速でやってもほとんど効果はないが、高速走行中なら効果はある。ただし風圧を急激に受けることになるので、ハンドルを握る手が離れないように気をつけることが大切だ。

エンジンには2サイクルと4サイクル

エンジンには2サイクルと4サイクルがある。機構的に異なるだけにエンジンブレーキのききにも差があり、4サイクルのほうがはるかによくきく。2サイクルでも現在のオートバイはかなりきくが、それでも4サイクルほどではない。2サイクルでエンジンブレーキをかける場合には、4サイクルより早い時点でシフトダウンすることが大切だ。

また、カウンターステア、俗にいう逆ハンというテクニックがある。進行方向とは逆に大きくハンドルを切り、リアタイヤをなかば空転させながらコーナリングするハイテクニック。たしかにカッコイイ。これぞライディングテクニックの極致なんて思いたくもなる。だが、逆ハンなんて使う必要はない。理由は、ナマ兵法はケガのモト、というあれだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加