スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクの減速にエンジンブレーキを使う

投稿日:

トップで走っていて停止する場合、1段ずつエンジンブレーキをきかせながら減速していく。こうすれば前後のブレーキにかかる負担が少なくてすむし、停止したときにはすでに2速あるいは1速までシフトダウンしているのでニュートラルをさがすのも楽になる。停止したとたんに発進しなくてはならない場合でも、いちいちシフト操作をする必要がなくなるのでスタートはスムーズにできる。

いくらエンジンブレーキを多用しても、タコメーターの針をひんばんにレッドゾーンに飛び込ませないかぎり、エンジンがこわれることはない。停止するときもエンジンブレーキはおおいに活用したい。長い坂道を下る場合と違い、前後のブレーキだけでも止まれないことはないが、エンジンブレーキを併用すれば効果的だ。

またエンジンブレーキとは違うが、ライダーの体をブレーキに使う方法もある。これは高速走行時にしか威力を発揮しないが、こういった方法でブレーキをかけることもできるということを知っておいてもいい。それは走行中に上体を起こす、ただこれだけだ。するとライダーの体が空気の抵抗を受け、スピードダウンできるのだ。この方法は低速でやってもほとんど効果はないが、高速走行中なら効果はある。ただし風圧を急激に受けることになるので、ハンドルを握る手が離れないように気をつけることが大切だ。

エンジンには2サイクルと4サイクル

エンジンには2サイクルと4サイクルがある。機構的に異なるだけにエンジンブレーキのききにも差があり、4サイクルのほうがはるかによくきく。2サイクルでも現在のオートバイはかなりきくが、それでも4サイクルほどではない。2サイクルでエンジンブレーキをかける場合には、4サイクルより早い時点でシフトダウンすることが大切だ。

また、カウンターステア、俗にいう逆ハンというテクニックがある。進行方向とは逆に大きくハンドルを切り、リアタイヤをなかば空転させながらコーナリングするハイテクニック。たしかにカッコイイ。これぞライディングテクニックの極致なんて思いたくもなる。だが、逆ハンなんて使う必要はない。理由は、ナマ兵法はケガのモト、というあれだ。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのシフトダウンのコツ

加速や制動はなにもアクセルやブレーキだけで行うものではない。例えば、トップギヤで走行中、行く手の信号機が赤の時、バイクを停止させるのにクラッチを切りブレーキだけでゆっくりと停止するライダーがいるが、こ …

no image

タンデムライダー-危険な走りになってしまったりすることも

バイクは、スポーツバイクのほとんどはタンデムシートが装備されているから、なんら不便はない。しかし、タンデム走行の場合は、いくらライダーがうまくてもタンデムライダーがずぶのシロウトだと、まったくの無意味 …

no image

バイクのミッションの重要性

ミッションは多ければ、それだけ有利な走りが可能だが多くすればするほど操作が忙しくなり実用性から遠ざかっていくため、現在では6段が限界と考えられているのだろう。エンジンは何回転、スピードは何km/hでど …

no image

コーナリングの限界に挑むハングオンというテクニック

ハングオンというコーナリングフォームで走るメリットとしては、より高いスピードでコーナ ーをクリアできることで、ラップタイムを短縮させるのには絶対に必要なテクニックともいえる。だからといって、だれでもが …

no image

クランクやS字ではギアの選定ばかり気にしない

クランクやS字では、バンクさせることやギヤの選定、ラインどりなど、上手に走ることばかりを考えていると、下を向くことが多くなり、どうしても安全確認やウインカースイッチの操作がおろそかになってしまう。切り …