スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのフロントとリアのブレーキの制動力

投稿日:

一般的にはフロントブレーキのほうが強力かつ有効的であり、最近のスポーツパイクはフロントはダブルディスクブレーキ、リヤにはシングルディスクブレーキを採用している例が多い。例えば、ロードレースではフロントブレーキで7~8割のブレーキングをするほど強力に作動する。内容的にみても、フロントブレーキだけで停止する場合と、リヤブレーキだけで停止する場合を制動距離で比較すると、約倍の差がある。

ライダーがいかに速く走るかは、ブレーキングが大きく左右する。ブレーキングの基本は強く短く、であり、でれでれと長くゆるくかけていたのではまったく意味がなく、快適なライディングからはほど遠いものとなってしまう。

フロントブレーキをどこまで強くかけられるかが、ライダーにとって重要な課題となってくる。ブレーキングで最も恐いのはホイールロックだ。ブレーキをかけすぎるとホイールは簡単にロックし、ロックするとリヤの場合はマシンが左右に振られたり、自分の意とは別の方向にマシンが向いたりして、マシンのコントロールができなくなる。

リヤロックのほうが

リヤロックのほうがまだマシンコントロールが可能で、冷静な判断によっては十分に対応することができる。ところが、フロントホイールがロックすると、ハンドルを正常にキープさせることは不可能に等しく、また一瞬のうちにフロントから崩れるように転倒する。

リヤブレーキがロックしやすいのは、ブレーキをかけた時にフロントが沈みぎみになる反動としてリヤホイールの接地力が著しく低下するためだ。しかし、リヤホイールがロックした時とフロントホイールがロックした時では少し異なる。

リヤホイールがロックしたら、ライダーはすぐにブレーキを離さないように逆ハン、ぎみに対応すれば意外と対応できる。しかし、あせってブレーキを離すと、リヤホイールはグリップが正常に戻るため、マシンが一瞬のうちに反対方向に立ち上がるので、今度はライダーがマシンについていけず転倒する。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

S字カーブ、クランクなどのコツ

上り坂の場合、ブレーキングが終了したら、パーシャルではなくアクセルオンで加速しつつ回っていくことがポイントになる。バンクがついていると、プラスαでパワーが食われるので、ギヤの選定は予想より1段低くして …

no image

コーナーでのブレーキコントロール

進行方向にコーナーがせまってきたとしよう。教習所では十分に手前からブレーキをかけて車速を落としてゆっくりコーナーを回ること、なんて習う。しかし、実際はコーナーでマシンはリーン(車体を傾ける)するのだか …

no image

オートバイの種類には4つのタイプ

オートバイは、走行する場所、マシンの性格、ユーザーの使用目的、モータースポーツの種類などによって、次の4つのタイプに分けることができる。 コンペテーションタイプ(競技用モデル) オフロードタイプ(トレ …

no image

バイクの左右コーナー の走行テク

オートバイは、750ccや1000ccでもない限り、ちょっとした坂でもすぐにスピードが落ちてしまうので、坂道では、4速なり3速で走行するほうが望ましい。シフトダウンのタイミングは、スピードが落ちてから …

no image

クランクやS字ではギアの選定ばかり気にしない

クランクやS字では、バンクさせることやギヤの選定、ラインどりなど、上手に走ることばかりを考えていると、下を向くことが多くなり、どうしても安全確認やウインカースイッチの操作がおろそかになってしまう。切り …