スポーツブログ

色々な情報を提供しています。

バイク

バイクのフレームの剛性などについて

投稿日:

マシンそのものの剛性はフレームに頼るところが大きく、最近ではコンピューター分析によってフレーム設計を行うことも盛んになってきている。フレームは強ければ強いほどよいというわけではなく、ある程度のよじれ、を残しながら性能と乗り心地とのバランスをとっている。

オートバイは、シビアな剛性によって車体のバランスを保ちそれによって優れた走行性能を発揮する。この剛性が崩れたり、ライダーのテクニックが劣ると、とたんにオートバイはバランスをなくして転倒することがある。

えっ、乗り心地はサスペンションによってきまるんじゃないの、と思っていたらそれはまちがい。マシンのショックを吸収しているのは、フレームやサスペンション、スイングアーム、そしてホイール、タイヤ、ハンドルバー、グリップラバー、シートなど、あらゆるパーツがショックアブソーバーの役割りを果しているのだ。

オートバイを走行していれば

オートバイを走行していれば常にヨーイング、ローリング、ピッチングのバランスの崩れ運動が発生し、ライダーは無意識に修正をくり返していることになる。ローリングは、車体が左右に揺られ、ちょうど船が波に揺られるような現象をいう。両手を離して走行していって、スピードが落ちてくるとローリングの現象をみることができる。ヨーイングは、高速走行や急ブレーキをかけた時に発生することがあるので経験したライダーも多いはず。ハンドルバーが前後に連続してとられる現象だ。

ピッチングは車体を前後に振られる現象で、この3つの運動はオートバイには必要ない現象であるにもかかわらず常につきまとわれている。ライダーは無意識にこれらのバランスをとりながらライディングをしていることになる。

また、最近のスポーツバイクは、6段ミッションが常識になり、シフトダウン、シフトアップの操作が非常に重要視されるようになってきた。2サイクルモデルや高回転型エンジンを搭載したスポーツバイクは、なおさらシフトテクニックが走りに大きな影響を与えるようになっているので、こまめなシフト操作をめんどくさがらずに行うことが走りを鋭くさせてくれる。

-バイク

執筆者:

関連記事

no image

バイクのアクセルの構造など

ほとんどのスポーツバイクのアクセルは、キャブレターとの間をワイヤーケーブルで結んで、アクセルを開くとキャブレターの吸入ロも開いて燃料(ガソリン、エアー)をエンジンに送り込むシステムになっている。そして …

no image

クラッチ握らないギアチェンジテクニック

へアピンカープなどで観戦していると、ライダーは長い時間にわたってひざをこすりながら、マシンをバンクさせていくシーンをみることができる。しかし、最近はマシンの開発が早急に進んでいるため、バンクさせてもス …

no image

空ぶかしはエンジンに悪いしやめておこう

空ぶかし(レーシング)はなんの得にもならない。反対にデメリットは数え切れないほどだ。ブォーン、プォーンとゃるウォーミングアップもそうだ。多少、暖機運転の時間は短くなるが、エンジンの異常摩耗の早さはそれ …

no image

エンジンのトルクや馬力について

トルクは、軸をねじる力のことで、エンジンの力をあらわす単位である。つまり、最大トルクが高いほど、エンジンの力(回転力)が強いことになる。ところで、諸元表の見方だが、大切なのは最大出力や最大トルクの数値 …

no image

道路標識などに気をつけよう

路肩に立ててある道路標識に気をつけよう。道路標識は最高速度ばかりでなく、コーナーあり、警笛鳴らせ、崖くずれや落石に注意などさまざまな状況を教えてくれる。遠方の路面を見ることも大切だが、これらの標識を見 …